ビヨンセ(Beyonce)のニューアルバムは『レモネード(Lemonade)』ゲストも内容も超充実!

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 

ビヨンセがまたアルバムを突然リリースするぞ…

 
h
www.flickr.com
 
2013年末リリースの5thアルバム『Beyoncé』に続き
本作もサプライズリリースでの発売になることが確実視されている。
 
すでにその予兆をみせていて
 
ビヨンセのiTunesページがダウンし
Vevoサイト(YouTube)には表示されていない13個の不明ビデオが存在していると
 
Shady Music Factsがツイートしたばかり。
 

4月27日にスタートする『フォーメーション・ツアー』アルバムタイトルも?

 

 
スーパーボウルでお披露目した新曲「Formation」が
 
アルバムの発売は確定していないが
ツアーは4月27日にスタートすると発表したビヨンセ
 
その名も『フォーメーション・ツアー』
そうなると、アルバムタイトルも『フォーメーション』である可能性が高い。
 
m
read.tidal.com
 
1月28日に8thアルバム『ANTI』を緊急リリースした
リアーナとまったく同じ手法で挑む。
 
ということは、シングル「WORK」(1月27日)を前日にツイッターで発表し
翌日にアルバム『ANTI』(1月28日)が発売されたように
 
ビヨンセも、間もなくシングルを緊急リリースし
翌日にアルバムをドロップする方向でプロモーションするかもしれない。
 

タイダルで先行リリースか?

 
すでにリリースしたリアーナや、間もなく発売予定のカニエ・ウェストも
タイダルのみでの配信を予定していた。
 
t
www.tweaktown.com
 
タイダルといえば、トップにいるのは夫のジェイZ
当然売れることが予想される妻の新作は、独占したいところだ。
 
ただ、リリース元であるコロムビア・レコードとの兼ね合いもあるので
そのあたりでもしかしたらゴタゴタがあるのかもしれない。
 
ちなみに、出し惜しみをし続けているカニエ・ウェストの新作は
iTunesなどではリリースせず、タイダルのみの独占配信になるそう。
 
売上やチャートでのヒットを考えると
かなり無謀な戦略といえる。
 

スタイリストは言う「素晴らしいなんてもんじゃない」

 
2月上旬に、ビヨンセのスタイリストであるハンター氏(写真右)が
ニューアルバムの存在と、その内容を聴いたと発表
 
s
observer.com
 
音楽はそれぞれの好みがあるため、何をもってかは定かでないが
彼の耳には100点満点の作品だったそう。
 
先行シングル「Formation」を聴くかぎり、ポップではない
社会的な内容と、黒っぽさを増したクールなアルバムになるのでは
 
と、予想している。
 
r
dontskip.com
 
ブレーズに編み込んだスタイルも、新作使用?
アルバム・アートも気になるところだ。
 

ビヨンセが『プロジェクト・レモネード』を発表する

 

 
イベントを予告する20秒のビデオ映像を公開したビヨンセ
 
危機タイムズでは、新作タイトルが『フォーメーション』ではないかと予想したが
『レモネード(Lemonade)』という可能性も浮上
 

 
初夏のリリースということもあり、時期的にはピッタリだが
また、どうしてレモネード?
 
というのも、実は…
 

インスタグラムでレモンにまつわる投稿をしていた!?

 

Beyoncéさん(@beyonce)が投稿した写真


 
本作へのプロモーションかどうかは定かではないが
この他にもレモンジュースの画像や、レモン色のドレスをアップしている。
 

Beyoncéさん(@beyonce)が投稿した写真


 
かなりこじつけだが、もし本作のタイトルが『レモネード』であれば
1年前から、その宣伝はスターとしていたということになる。
 
そして、おそらくビヨンセは「レモンイエロー」が大好き…
 

2016年の流行色は「レモンイエロー」

 
ビヨンセもタイトルに、お衣裳に愛用する「レモンイエロー」
 
今年、初夏から夏にかけてもっとも流行する色が
この「レモンイエロー」だと一部のファッション関係者の間で囁かれている。
 
y
wallpapersxl.com
 
t
justjared.com
 
r
styleblazer.com
 
e
popsugar.com
 
Beyonce Knowles during 2001 MTV Movie Awards - Arrivals at Shrine Auditorium in Los Angeles, California, United States. (Photo by SGranitz/WireImage)
stylecaster.com
 
s
imagozone.com
 
c
cocoafab.com
 
たしかに、鮮やかで美しい!爽やかな初夏にはピッタリのコーディネートだが…それって流行云々ではなく、「ビヨンセだから映える」というハナシだったりして…
 
また、レモンイエローは「膨張色」なので、自分の体形と相談して、着て「ランクアップ」するのかどうか判断しよう…
 
そんな、脂肪が気になる女子諸君に朗報
 

1ヶ月で30㎏落とす!『レモネード・デトックス・ダイエット』

 
ビヨンセの「レモネード好き」は、ここからスタートした…
 
a
raspberryweightloss.ga
 
10年も前のことになるが、渡辺直美が真似て流行した、映画『ドリームガールズ』の役作りの際に起用した『レモネード・デトックス』で、ビヨンセは1ヶ月/27㎏も体重を落としたそう!
 
これは、身体から毒素を出す「デトックス」によるダイエット法で、体重を落とすのみならず、美肌効果も期待できるらしい!
 
レモネードによる【マスタークレンズダイエット法】はこちら
 
しかし、毎年夏が来るたびに目にするこの見出し
「セレブご用達!女子が絶賛のダイエット法」
 
■セレブご用達
■女子が絶賛
■楽に痩せる
■飲む「だけ」
 
世界人口のどれだけ、この安売り文句に騙されてきたのだろう…
結局痩せなかったり、成果を出してもすぐにリバウンドして、また別のダイエットに食いついてみたり…
 
同じことを繰り返していることに、そろそろ気づいてくれたまえ!
 

ビヨンセの新作は4月22日にリリースか?

 
b
mashable.com
 
昨年から、アメリカの発売日が金曜に統一されたことを受け
アルバムのサプライズ・リリースは今週金曜ではないかと予想する!
 
と、いうのも
 
翌日、4月23日に『プロジェクト・レモネード』のワールド・プレミア・イベント
4月27日からはマイアミで【フォーメーション・ワールド・ツアー】がスタートする。
 
まず、ツアーが始まる前にはアルバムを発売しなければいけない。
つまりは27日よりも前にリリースすることが確約される。
 
4月27日にもっとも近い金曜日が、今週の22日
さらに翌日には、そのイベントも開催されるというのだから
 
4月22日にリリースが濃厚ではないだろうか!
 
リアーナカニエ・ウェストに習って
夫、ジェイ・ZのTIDALから先行配信となるのか
 
はたまた、前作『BEYONCE』(2013年)の時のように
iTunesでのサプライズ・リリースなのか
 
今週末、どんな動きがあるのか注目してみることにしよう。
 

 

ビヨンセの6thアルバムが4月23日にリリースされた!

 
r
 
タイトルは、やはり『レモネード(LEMONADE)』
『プロジェクト・レモネード』の告知ビデオが、そのままジャケットに。
 

 
夫ジェイ・Zによる音楽配信サービスTIDALから先行配信
こちらから全曲視聴することができる。
 

新旧の奇才アーティストたちが参加!

 
楽曲は、ビヨンセを中心に
ケビン・ギャレットや、ジャスティン・ビーバーとコラボしたディプロなど
 

 
今をトキメくアーティストたちが、制作に参加している。
 
ゲストには、ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトや
グラミー賞最多11部門ノミネートの、ケンドリック・ラマー
 
そして
 

 
リアーナのツアーで、オープニングアクトを務める予定だった
ザ・ウィークエンド等がクレジットされている!
 
これでまた、女王同士のバトルが勃発しなければいいが…
 
その他にも、チャーリー・プースやJ・ティルマン
ヴァンパイア・ウィークエンドのエズラ・クーニグも参加
 
新旧の奇才アーティストだちが、揃いに揃っている!
リリース前に「すばらしすぎる」とスタッフが言い放ったのも納得だ。
 

ジャンルをまたいでビヨンセ節が炸裂!

 
 
■1.「Pray You Catch Me」
クリスチャンとR&Bを融合させたような、宗教的なニオイを醸す1曲
オープニングナンバーとしての役割をしっかり果たしている。
 
■2.「Hold Up」
南部の風吹く、ビヨンセ史上もっともレゲエ色が強いナンバー
「レモネード」らしさが詰まっているという意味では、この曲に軍配が上がる。
 
■3.「Don’t Hurt Yourself (featuring Jack White)」
ジャック・ホワイトのコーラスが映える、ハードロック・チューン
もはやR&Bの領域を超えて、すべてのジャンルを支配するビヨンセ!
 
■4.「Sorry」
「アイムソーリー…」がリフレインされる、中毒性の高いシングル候補曲
ダンスホールっぽさも含めて、リアーナの「ワーク」とやや重なる。
 
■5.「6 Inch (featuring The Weeknd)」
ずっしり重たいビートが印象的な、ザ・ウィークエンドとのコラボ曲
昨年のNo,1ヒット「ザ・ヒルズ」のような、オルタナティブ系R&Bソング。
 
■6.「Daddy Lessons」
生音っぽさを活かした、UKソウル風味のアコースティック・チューン
ビヨンセが実際にステージで弾き語りしたら盛り上がりそうだ。
 
■7.「Love Drought」
デジタル音とビヨンセのファルセットが響く、エレクトロR&Bトラック
「攻め」の姿勢をみせない、ライトなビヨンセが堪能できる。
 
■8.「Sandcastles」
ピアノ1本で仕上げた、美メロのバラード曲
母になったことで表現できる、母性や優しさが歌声にも表れている。
 
■9.「Forward (featuring James Blake)」
1分弱とイントロ扱いながらも、インパクト絶大
後半の意味深なフェイドアウトに、魂が吸い込まれていきそうになる…
 
■10.「Freedom (featuring Kendrick Lamar)」
アルバム中、最も情熱的に激しく歌うロッキンな1曲
ケンドリック・ラマーのラップも上手い具合に絡み合って◎
 
■11.「All Night」
ラヴァーズ・ロックのような、リラックスムード漂うナンバー
「Hold Up」に続いて、夏っぽさを感じる「レモネード」らしい1曲。
 
■12.「Formation」

 
2月に開催された「スーパーボウル」で披露した先行シングル
ラップを絡めて踊る様に、黒人としてのプライドが伺える。
 
 

サンプリングネタには60年代のナンバーが目白押し

 
※以下、サンプリングしたタイトルと原曲
 
2曲目の「Hold Up」には
アンディ・ウィリアムスの「Can’t Get Used to Losing You」(1963年)
 

 
3曲目の「Don’t Hurt Yourself」には
レッド・ツェッペリンの「When the Levee Breaks」(1971年)
 

 
5曲目の「6 Inch」には
ディオンヌ・ワーウィックの「Walk On By」(1963年)
 

 
10曲目の「Freedom」には
カレイドスコープの「Let Me Try」(1960年)
 

 
レッド・ツェッペリンやディオンヌ・ワーウィックを起用するも
メジャーなタイトルで安売りせず、アーティストに敬意を表した姿勢が見える。
 

ちょっとタイミングが悪かった…

 
おそらく、4月22日(金)に緊急リリース予定だった本作『LEMONADE』
 
t
usatoday.com
 
しかし、21日にプリンスが死去したことで話題を完全にさらわれてしまい
1日遅れてのリリースになったのではないかと思われる。
 
未だ冷めやらぬプリンスの追悼メッセージ
来週のビルボード・アルバムチャートでは、ベスト盤が首位に輝くそうだ。
 

The Very Best of Prince
 
ビヨンセのチャートインは、その翌週
おそらく首位獲得は確実かと思われるが
 
プリンスの追悼のみならず、TIDALの先行配信ということもあり
やや不安要素は残したまま、その結果を待つのみ…
 

4月27日からスタートする『The Formation World Tour』

 
そして、本作をひっさげていよいよビヨンセのツアーがスタートする!
 
t
wink104.com
 
スタートはマイアミから、アメリカ本土を周り
カナダ、そしてUKはじめヨーロッパ方面へ移動するが
 
残念ながら「JAPAN」のクレジットはない…
追加公演、もしくはアルバムのプロモーションで来日してくれればいいが
 
その可能性は極めて低いといえるだろう…
 
また、アルバム『LEMONADE』のパッケージ(CD)の発売
日本盤のリリース情報も、現段階では発表されていない。
 
リリース情報も含め
また動きがあったら危機タイムズでもご報告したいと思う!
 

あわせて読みたい