おぎゆか脅迫の堂本一輝容疑者を擁護「引退しろ」「顔キモすぎ」「山口真帆と対応違いすぎ」

おぎゆか脅迫の堂本一輝容疑者を擁護「引退しろ」「顔キモすぎ」「山口真帆と対応違いすぎ」

 

スポンサーリンク


 
事件がグループの炎上を加熱させる…
 

NGT48荻野由佳脅迫の男が逮捕された

 


出典:@nikkan_entame

メンバーへの暴行事件で波紋を広げたNGT48のメンバー=おぎゆかこと荻野由佳に、「殺す」などと書いた紙を報道機関に送った24歳の男が逮捕された。
 
脅迫の疑いで逮捕されたのは、京都府城陽市の無職・堂本一輝(どうもとかずき)容疑者。報道によると、容疑は今月9日(木)のことで、報道機関のみならず、新潟市の行政機関にまで送っていたという。調べについては「間違いない」と認めているそう。
 
これまでの傾向からみると、「出たよ無職w」など、容疑者が散々に叩かれるハズだが…
むしろ
 

おぎゆかには「同情できない」

 


出典:@news_line_me

堂本容疑者を「擁護」するのとは少しニュアンスが違うが、「逮捕は当然」として、被害者である荻野へのバッシングが殺到している…
 

「ギリギリの精神なら一生休養しなよ」
「それを誰が信じるのかと」
「今更被害者アピールはないでしょ」
「脅迫される理由に心当たりあるよね?」
出典:Yahooニュースより

 
見事なほどの、誹謗中傷の嵐。むしろ、堂本容疑者についてコメントしている視聴者は、ほぼ皆無だ…
 
中には、「どうでもいいけどブサイクな写真だな~」、「顔キモすぎるだろう」、「どの写真選んでもブスだけどね」といったビジュアルに関するバッシングもあったりして。アイドルなのに商売あがったりだ…
 

出典:BlackPeach

 
ここまで散々に叩かれているのは、先日卒業した元メンバー=山口真帆の暴行事件を巡り、彼女も「黒幕の一人」ではないかと囁かれ続けているから。
という説明も、もはや不要か…
 
その理由は、ツイッターやモバメの投稿枕疑惑など様々で、それら真っ黒なウワサ話が後を引き、「因果応報」、「同情できない」など、容疑者そっちのけで叩かれまくっているというワケだ。
 
気の毒ではあるが、火のないところに煙は立たず…か?
また、炎上にはこういった理由も含まれていたりする。
 

山口真帆の一件と対応が違いません?

 

スポンサーリンク


 
むしろ、主な理由はそこにあるようだ…
 

「荻野への脅迫犯はやけに早く逮捕されたな」
「山口真帆の時とは大違いなんですけど?」
「脅迫で犯人逮捕、暴行で不起訴。おかしい」
「大手事務所に所属してれば守られるのか?」
出典:ツイッターより

 
山口真帆の暴行事件については、黒幕も真相も曖昧にされたうえ、襲ったとされる男は不起訴。一方、ファックス1枚の脅迫で逮捕とは何事だ。この対応の差はなんだ?…と、多くの視聴者は疑問を抱いている。
 


出典:@AKB48SKE48HKT48

週刊誌、弁護士、コメンテーター、ネット民と、各々の見解は様々で、確たる理由を述べて「こういう理由をもって対応が違う」と提示しているものはない。今回の一件については、「あくまでホリプロが自社のタレントを守っただけでしょ?」と、擁護ともとれなくない意見も浮上していたりする。
 
しかし、多くのファン…なのか、ただのやじうまなのかは分からないが、寄せられたコメントのほとんどは「運営側の理不尽な対応」とされていて、NGT48のみならず、AKBグループのイメージダウンは悪化を辿るばかり…
 

AKB商法とは何だったのか
 
もう
 

引退でもしない限り収まりませんね

 
そんな意見も、ちらほらと出始めた…
 


出典:@yuka_ippaiwarae

荻野が4月7日に投稿した最後のツイートには、既に3千以上のコメントが寄せられているが、そのほとんどがキワどい誹謗中傷で、こうして何らかの報道がされるたび、炎上を重ねてゆく…
 

「永遠に声出なくなれば良かったのに」
「気分悪くなる人がいるから辞めてくれる?」
「いい子のフリした悪魔」
「画像も偽りありすぎ。全てが偽り」
出典:@yuka_ippaiwarae

 
「爬虫類顔、鷄ガラスタイル」、「田舎のヤンキーか性悪女」、「私の街には二度と来ないでください」と、その他にも凄まじいバッシングが数千件。仮に本人が全て目を通しているとすれば、精神状態もままならないだろう…
 
「本人のため」にも、引退した方が無難…
という意見もわからないではない。
 
なお、今回の事件を受けて、当のホリプロは以下のコメントを発表している。
 

この件についてホリプロは荻野の状況に関して「荻野に対しては全く事実に反する誹謗中傷、いわれのない風評、また本件のような脅迫行為により警備も厳重にせざるを得ず、荻野も恐怖を感じておりましたが、ここまでぎりぎりの精神でずっと耐え忍んでいた次第です」とつづった。今後に関しては「法的な手続きも含めまして厳粛な対応をしていく所存です」とした。
出典:朝日新聞

 
事実に反する誹謗中傷、いわれのない風評
だそうだが、そんな訴えもむなしく…
 

この投稿をInstagramで見る

. NGT48 team NIII 今日まで本当にありがとうございました! そして、誇りの丘公演 約2年間、 愛して下さった皆様 本当にありがとうございました! . "今日までやり切った熱い情熱こそ誇りだと言える" 副キャプテンとして 至らないところばかりでしたが キャプテンのみなみ メンバー皆に支えられ助け合いながら そして応援して下さる皆さんと共に作り上げた誇りの丘公演 大好きな公演です! サポートで出演してくれた研究生メンバーにも 本当に感謝いっぱいです!ありがとう!!! そしてゆきりんさんが 今日の千秋楽をもってNGT48との兼任が解除となりました。 約4年間 お忙しい中だったのにも関わらず本当にありがとうございました!!!! ゆきりんさんがNGT48にいてくれて、本当によかった。心からそう思います。! 本当に本当に、偉大な大先輩であり お母さんのようなお姉ちゃんのような存在です。。!!! これからはNIIIで培ったものを忘れず NGT48、ひとつになって頑張ります! 皆さん本当に、ありがとうございました!

荻野由佳さん(@ogiyuka_ippaiwarae216)がシェアした投稿 –


出典:@ogiyuka_ippaiwarae216

「絶対ギリギリの精神状態なわけないよね」、「あなたが実際に酷い目に遭っても同情する人が殆どいない」、「素直に認めて謝罪したら少しは収まるのに何故そうしないのか不思議」、「ヤリマンバカ女」、「浦田直也の方が謝っただけまだマシ」と、“荻野叩き”は続く…
 
さらに、追い打ちをかけるかの如く
こんな騒動まで勃発してしまった…
 

加藤美南が研究生降格

 
この騒動の最中に、なぜこんな投稿をしてしまったのか
 


出典:@livedoornew

性格が悪いを通り越して、「頭悪にもほどがある」との指摘も…
 
なにをヤらかしてしまったかというと、ネイルケアしている際、近くにあったテレビから山口真帆の卒業公演を伝えるニュースが流れ、それに対し「せっかくネイルしてるのにチャンネル変えて欲しい」とのコメントを書き込んだ
 
…挙句
それインスタのストーリーに投稿してしまったのだ。
 

出典:ボッチ系配信者

 
本人曰く、「友達だけに公開しようと自分の心境を投稿した」とのことだが、ウッカりミス以前に、これが当時の心境ということ自体、大問題だろうとネットはまた、炎上。NGTの「闇」がさらに明るみになってしまったワケだ…
 
荻野の「ガリガリ君」騒動しかり、裏垢だろうと〇〇限定だろうと、観られたらマズイもの投稿しなければこんな騒動には発展しなかったはず。現代の若者は、何でも「SNSに投稿」しなければ(気持ち的に)おさまりきらない、ということか…
 

出典:FNN.jpプライムオンライン

 
今回の事件、何はともあれ本人に実害がなかったのが不幸中の幸いだが、本人にとってはある意味「実害」も同然か。そんな雑音にも惑わされず、今後も芸能界で生き抜いていくのだとすれば、たいした根性だが…
 
果たして、どんな結論を出すのだろう。
 

スポンサーリンク


 
荒んだニュースの後は、癒し動画をどうぞ
 

 

危機ニュースカテゴリの最新記事