猫虐待で書類送検の“石ころ”こと山下、実名も顔出し動画も拡散で完全終了<岐阜>

猫虐待で書類送検の“石ころ”こと山下、実名も顔出し動画も拡散で完全終了<岐阜>

 

スポンサーリンク


 
「誰もお前の動画を楽しみにしていない」…
 

猫虐待のユーチューバーが書類送検

 


出典:@FNN_News

飼い猫に対し、虐待のような行為を繰り返した男が近く、書類送検されるらしい。
 
猫の首をつかんで後方へ投げつけるこの男。その回数はゆうに10回を超え、手で掴むだけでなく、歯で噛みちぎるような素振りをみせたり、「溶鉱炉に突っ込むよ」、「風前の灯火」などの暴言、「これから僕はこの主人に殺されま~す、イエーイ」と猫をつかって遊んだりするなど、その内容は酷いものだ。
 
その動画に衝撃を受けた視聴者たちがネットに拡散させると、警察には50件以上の通報があったという。よって現在、動物愛護法違反の疑いで事情を聞くというところまで、追い詰めたワケだ。
 
容疑についてはおおよそ認めているようで、この動画を投稿した理由については「視聴者を楽しませるため」としている。これが、冒頭の「誰もお前の動画を楽しみにしていない」という批判に繋がった…
 

猫が幸せならばそれでいい: 猫好き獣医さんが猫目線で考えた「愛猫バイブル」
 

問題の動画がネットで拡散中

 

出典:FNN.jpプライムオンライン

 
報道では、当然こうしてモザイク処理がされているわけだが…
 


出典:@tomo1217rr

ツイッターやYouTubeには、元動画が拡散中。本人が削除をしたところで、一度アップしてしまった動画を食い止めることは不可能だ。
 
「エグい」とまではいかないが、猫をはじめとした動物愛好家の方、猫を飼っている方などからは、「精神的ダメージがきつかった…」、「その後の猫ちゃんたちが心配です」など、悲痛な叫びが投稿されている。たしかにこれは、結構キツい…
 

出典:つっこみチャンネル

 
書類送検になったという報道を受け、猫を心配する人たちからは「拡散、通報のご協力ありがとうございました」、「皆さんの通報により無事書類送検」、「SNSの拡散力は凄いね!」など、安堵の声が広がっているが…
 

「クマ牧場の群れの中に放り込んでやれ」
「書類送検?逮捕か罰金刑にして!」
「こんなヤツこの世から消えてくれ」
「こいつほんまきもい。殺意芽生えたわ」
出典:ツイッターより

 
ネット民は、待ってましたとばかりにフルボッコ。自身が猫にした虐待…とまではいかないが、精神的には大きなダメージとなりそうな投稿が相次いでいる。
 

眼鏡・キモデブ・無職とかww

 

スポンサーリンク


 
動画の投稿者は、岐阜県岐阜市に住む41歳の無職の男
 


出典:@ZW9HFZRksZ4m8zB

ツイッターには、本人の実名も明記したうえで「拡散希望」と投稿されている。これが、ネット(SNS)の恐ろしさだ…と、いいたいところではあるが。今回の一件については、本人が動画なのか、ツイッターかで公表しているようなので、自業自得とえいばそれまで…
 
報道では「無職」とされていて、「眼鏡・キモデブ・無職とかw」、「41歳でこのステータスはやばい」、「頭悪い動画をあげる典型」、「生活保護なんて受けてるんじゃないよね?」など失笑も飛び交っているが、どうやらニコ生動画にも配信しているようで、無職といえど、広告収入などである程度賄っているのかもしれない。
 
YouTube裏技 俺が68億PV手に入れたある方法
 
興味本位に視聴すればするほど、彼の生活は潤っていく…
と思うと、複雑な心境ではる。
 
さて、この騒動において最も重要な問題といえば、「猫のその後について」だが…
 

猫の無事をツイッターで報告

 
本人、謝罪もしてはいるようで…
 


出典:@stone3776

「おふざけ」的な感じではなく、深く反省した様子も見方によってはできなくもない。猫もひとまず無事のようだし、とりあえずは…という展開を望んでいたのかもしれないが。
 
世間の反応は思ったよりも厳しく、一度そそうをしてしまっては、謝ったところであとの祭り…
 

「何歳だよ。善悪の区別もつかないアホ」
「テメーも同じように殴られろ」
「気持ち悪いデブ男に天罰を!」
「謝って終わりとでも思ってんの?許さんぞ」
出典:ツイッターより

 
上記のようなコメントは増加の一方をたどる…
 


出典:@stone3776

予想を上回る大炎上に、ツイッターで必死に釈明してはいるが、すればするほどコメント欄は荒れるばかり。むしろ、それを楽しんでいるのだろうか?もしくは、「マジでやばいことになった」と青ざめているのか。
 
後者だとすれば、言えることはただひとつ…
 

なんで動画に投稿しちゃうかな~

 
日常的に猫への虐待がないのであれば、最大の疑問はそこにある…
 
この動画をアップした真意に、視聴回数を稼ぐ=広告収入を得る、という理由もあるとは思われるが、本人が「視聴者をたのしませるため」と供述しているように、主な目的は「注目度を高める」ことだろう。
 

出典:FBB 2015

 
昨今では、収入のためというより「より大勢の注目を集めたい」という理由で、到底理解できない動画を投稿する、いわゆる「バカッター」が増殖している。そして、「逮捕」や「書類送検」などのネットニュースで有名人になる、というオチがまっている…
 
結果、悪評とバッシングが飛び交い、個人情報も事細かく暴露されてしまう。中には「高額な損害賠償」を請求されたケースもみられた。そういった末路を、これまで他のユーチューバーが示してきたというのに…
 


出典:@bengo4topics

学習能力がないというか、愚かというか。ネット時代の自己顕示欲とはおそろしいものだと、実感させられる。
 
気の毒なのは、まじめにコツコツ、常識の範囲内で面白い動画を試行錯誤アップしている方たちだ。こんな注目度の高い動画をあげられては商売あがったりだろうし、「YouTuber=アホ」という自身等のイメージ悪化にも繋がってしまう。
 
乱立するネットビジネスの末路やいかに…
 

スポンサーリンク


 
荒んだニュースの後は、癒し動画をどうぞ!
 

 

危機ニュースカテゴリの最新記事