ドラマ『東京独身男子』でみる「AK男子」と「女は本質をアイコンに隠している」の実態

ドラマ『東京独身男子』でみる「AK男子」と「女は本質をアイコンに隠している」の実態

 

スポンサーリンク


 
ある意味、現代社会の「闇」…
 

ドラマ『東京独身男子』がおもしろい

 


出典:@eiga_natalie

昨13日(土)からスタートした新ドラマ『東京独身男子』(テレビ朝日)を、ご覧になっただろうか。
 
これがなかなか面白い…というか、同世代の男性諸君にとっては色々と考えさせられるドラマで、深夜枠にもかかわらず、ツイッターでもトレンド入りしていた。
 
「同世代の男性」のみならず、「婚活中の女性諸君」にとっても、身に覚えのあるシーンが満載。「こういう男、いるいる」、そして「こういう女、いるいる」が溢れた、リアリティのあるドラマだといえよう。
 
第一話のアジェンダ、すなわち「議題」がコレだ…
 

女は本質をアイコンに隠している

 
誰もが全員とはいわないが、高スペック男子との結婚を狙っているような、あざとい女にはおおよそ該当する。
 


出典:@AKDanshi

「SNOW」などのアプリで大盛りする女なんて、まだまだ序の口。当ドラマに登場した「影で彼氏いますアピール」する女や、見る人にしかわからない「ブランドアピール」女こそ、本物のあざとい、そしてヤバイ、厄介な女。
 
こういう画像をアイコンにする女の「ヤバイ特徴」も、しっかりとらえている。それが、終盤に登場した「別れました」アピールをSNSでしちゃう…というもの。
 

小休止
今日彼と色々話し合って
いったん落ち着こう、将来のことそれぞれ考えよう
そう決めました
出典:東京独身男子

 
あれほど騒がれていたにもかかわらず、未だSNSの世界にこういう女が「リアルに存在」するから恐ろしい。アイコンも、彼氏アピールから「大人しめモード」に変えちゃったりして、超気色悪い。
 
「女は本質をアイコンに隠している」の実態は、ほぼ「その通り」といえよう。中盤に登場した、合コンやパーティーで男を「全身査定」する、あざとい服とネイル・巻き髪で装った女にも、要注意だ…
 

AK男子の実態もリアル

 

スポンサーリンク


 
当ドラマの主題である、「あえて・結婚しない・男子」こと“AK男子”が、現代の日本にどれだけ溢れているのかというと…
 


出典:@Yomiuri_Online

こんな記事が天下の「読売新聞」かかれてしまうくらい、深刻なのだ…
 
30代後半、いわゆるアラフォー以降の「売れ残っている男」たちには、どんな特徴があるのか。『東京独身男子』を参考に、箇条書きでいくつか挙げてみよう。
 

■超神経質・超潔癖
■完全なナルシスト男
■何かしらの癖がある(食・性・趣味など)
■ゲイ(同性愛者)
■いつまでも現役で遊びたい
■相手に完璧さを求めすぎ(理想高)
■とことん不細工

 
「同性愛者」と「とことん不細工」を除けば、ひとまとめにして「変人」ということになる。はじめは「変わった人」、「面白い」でも、先何十年も住まいをともにすると思ったら地獄。…という理由から、除外されるのも無理はない。
 
後者の「とことん不細工」は二分されていて、聞き上手で思いやりのある、「金のある不細工」はそこそこモテる。一方、不細工をフォローする要素がない「ただの不細工」が売れ残るのは当然…
 


出典:@thetvjp

「こじらせている」とはいえ、現実にもこんなイケメンたちが売れ残っているワケだから、彼らに勝つには「財力」や「やさしさ・思いやり」、「居心地の良さ」など、何かしらのポイントをおさえなければ、一生負け組だ。
 
売れ残る。そう…
 

男だって「賞味期限」はある

 
これも、あらためて思い知らされた現実…
 


出典:@dogatch

太郎(高橋一生)が放った「いいのか?これで。このまま歳だけ食って、って…」という一言に、同調したアラフォー男子も多いはず。そして「男子って歳か?」というボヤきも耳が痛い…
 
女性ばかり年齢で切り捨てられがちだが、結局のところ「出産適齢期」を除けば、男性だって同じなのだ。劣化すれば女性も寄って来難くなるし、歳老いれば若い時のように、がむしゃらに稼ぐこともできなくなる=財力がなくなる。歳をとってから子供をつくれば、自分だって(体力的に)大変だろう。
 
若い方がいいのは女性も同じ
なんだよね…
 

はじめての男の婚活マニュアル
 
そんなこともつゆ知らず、岩倉(滝藤賢一)にように「男にリミットはない」と勘違いしたまま、親の介護問題に直面し、気づいた時にはただの孤独な老いぼれ…なんてことにならないよう、結婚願望がある男性は、早いところパートナーをおさえて、そして大事に関係を築いていったほうが無難、かもしれない。
 
ひとりの覚悟
一緒になる責任
 
これも、第一話で放たれた名言のひとつ…
 

現代の中年男を見事に描いたドラマ」

 
「AK男子」、「こじらせ男子」の彼らが繰り広げる、現代の独身中年男たちをリアルに描いたドラマ『東京独身男子』。
 
「超級のイケメン」って感じではない高橋一生、チャラいけどセックスが下手(そうな)な斎藤工、いかにも売れ残ってそうな顔の弁護士・滝藤賢一という配役も絶妙だ。
 
非常におもしろいドラマ
の、結論として…
 


出典:@AKDanshi

「こじらせられる男」なんて、金と生活に余裕があって、且つ顔もいいっていう「余裕」を持ち合わせた一部の「勝ち組」ではないかと察するのは、筆者だけだろうか…
 
ハイブランドで身をかためて、毎晩シャンパン片手にインスタ用の写真を撮って、十数人の女の子をとっかえひっかえ…なんて、当然できなくなっちゃうもんね。ドリームアイランドの住人たちは、ただの「贅沢男」ということなのではなかろうか。そんな男たちが、日本には溢れている。平和な証拠、か…?
 
さて、次回の『東京独身男子』だが…
 


出典:@AKDanshi

第二話は「湯けむり元カノ略奪作戦」ということで、イケメン3人のお色気作戦で視聴率を稼ごうとする、ドラマ制作者のあざとさにも感服する。
 
次週4月20日(土)夜11時15分より放送。第一話を見逃した方は、GYAOやテレ朝動画で視聴できる「見逃し配信」よりチェックしていただきたい!
 

スポンサーリンク


 
荒んだニュースの後は、癒し動画をどうぞ!
 

 

ドラマカテゴリの最新記事