【悲報】43歳・無職=矢沢春彦容疑者、紗倉まなのツイッターに半殺し予告で逮捕

【悲報】43歳・無職=矢沢春彦容疑者、紗倉まなのツイッターに半殺し予告で逮捕

 

スポンサーリンク


 
捕まるってわかっているのにねぇ…
 

殺害予告で無職の男を逮捕

 
正確には「半殺し」予告だが…
 


出典:@FNN_News

女性タレントのツイッターに脅迫めいた投稿をし、43歳の男が逮捕された事件。
 
脅迫の疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職の矢沢春彦(やざわ はるひこ)容疑者、43歳。報道によると、矢沢容疑者は「女だろうが容赦しねーぞ」、「半殺しにしてやるよ」などと投稿した疑いが持たれている。…が、現在のところ警視庁が認否を明らかにしていないため、真相は不明。
 
矢沢容疑者に脅迫されたとされる人物が明らかになると…
 

紗倉まなって誰ですか?

 
という投稿が、ちらほら…
 
紗倉(さくら)まなさんについては、「女性タレント」と報じている局もあれば、「セクシー女優」にカテゴライズしているニュースもある。
 


出典:@sakuramanaTeee

名前で検索をかけてみると、トップには「アダルト動画」や「厳選エロ画像」などが浮上。どうやら後者のニュアンスに近いようで、ご本人のツイッターにもソレらしい投稿が多々みられる。
 
報道以前より彼女を知っている方は「日頃からお世話になっております」とあり、知らない視聴者は「こんなかわいい娘がAVとか!」と、驚きと興奮を隠せない模様。矢沢容疑者も、その虜になった一人…なのかもしれない。
 
好き過ぎるが故の攻撃」は、アイドルファンなどにも多く、決して珍しいパターンではないから。
 
ちなみに、AbemaTVの『NewsBAR橋下』に(橋下徹の)アシスタントとして出演していたり、書き物などの活動もしているようで、「タレント」的なポジションであることも、あながち間違いではないようだ。
 

働くおっぱい
 

ダメ人間を地で行く感じだな

 

スポンサーリンク


 
そう。だって、43歳・無職にして、あげくの果てがこれだもの…
 

「子供部屋おじさんの末路」
「老け顔なのにやってることは子供」
「見た目、還暦前後かと思った」
「こういう事件起こすのって決まって無職」
出典:Yahooニュースより

 
矢沢容疑者に、このテの野次が飛ぶのも無理はない…
 


出典:@tv_asahi_news

しかし、住所不定無職でもツイッターはしっかりやれる環境というのが、気がかりではあるところ。親にすがっているにしても、生活保護を受けているにしても、「住所不定」っていったい…なんだろう。
 
そして、この男と紗倉さんとの接点も気になるところではある。「熱狂的ファン」なのか、「SNSの発信で気にくわないことがあった」のか、「実は何かしらの接点がある」のか、はたまた「ただのうっ憤晴らし」なのか
 
いずれにしても、もっと違うアプローチの仕方があったろうに…
 

SNSを通じてのトラブル絶えず

 
今回の事件含め、一方的に執着したファン、またはアンチがSNSで攻撃する事件が、昨今急増している。
 

 
対一般人に対しても(同士でも)、ストーカー行為やこういった殺害予告・嫌がらせをするケースが結構あるようで、同じように殺害予告をされたり、コメントで誹謗中傷されたり、ダイレクトメッセージでとんでもない画像を送ってきたり、送れと要求されたり…その被害も、様々。
 
フォロワーがガチで好きになっちゃうことも、あったり・なかったり…
 


出典:@yuka_ippaiwarae

事件の真相が明らかになっていない、にもかかわらず。「黒幕」とされているメンバーのツイッターに、結構キワどい中傷が投稿されていたり。その中傷しているのが、「誰」なのか分からなかったり…
 
随分と「病んだ」世の中になったものだ。
ものだが…
 

ツイッターで殺害予告はダメ!

 
もちろん、インスタグラムでも、ブログのコメント欄でも…
 


だって、「犯罪」だからね。こういう人たちって、「逮捕されるだろう」と覚悟の上でやっているのだろうか?はたまた、「俺だけは見つからない」絶対的自信でもあるのだろうか…
 
それとも、「犯罪」であることすら未だに認識していない、とか…?
 


殺害予告、爆破予告、誤報による過度な誹謗中傷、ねつ造、無断使用・転用、隠し撮り、バカッターの暴走。SNSでのトラブル、事件が毎日「何かしら」報じられるが、それって、他人事ではなく
 
いつかは、「自分の番」かもしれないということを、お忘れなく…
 

学校では教えてくれない大切なこと 12 ネットのルール
 
「相手を諭すつもりだった」という意図があっても、相手が違う受け取り方をして、通報されてしまったらアウト。いじめもそうだが、「そんなつもりじゃななかった」、「ちょっと驚かそうと思っただけ」では済まされないこともある。
 
あなたが今日、ツイッターやニュース記事に投稿したコメント、本当に大丈夫ですか?
 

スポンサーリンク


 
荒んだニュースの後は、癒し動画をどうぞ!
 

 

危機ニュースカテゴリの最新記事