松本人志も遂に落ち目?『ワイドナショー』で再び炎上「つまんなくなったな~」

松本人志も遂に落ち目?『ワイドナショー』で再び炎上「つまんなくなったな~」

 

スポンサーリンク


 
何かにつけて、ネットで批判する人が増え過ぎたが故…
 

松本人志がピエール瀧の逮捕に持論

 


出典:@sirabee_news

本日17日(日)放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)で、松本人志が放ったコメントに賛否が巻き起こっている。
 
5日前に逮捕されたピエール瀧について、各局・各番組で様々な意見が交わされているが、同番組では松本人志がこんな独自の持論を展開した。
 

僕は映画監督をしたことがあるので、公開前に主演級の役者が薬物で捕まったら、薬物の作用を使ってあの素晴らしい演技をやっていたのかもとしたら、それはある種ドーピングなんですよ。ドーピング作品になってしまうので、監督としては公開してほしくない

 
これには、「なるほど、一理ある」、「松っちゃんならでは」、「ドーピングの例えは納得できる」など、肯定的な意見も寄せられたが…
 

松本、相変わらずズレてる

 
など、否定的な意見も多数、見受けられた…
 

「じゃ罪のない創造のラインはどこ?」
「己に酔ってるドーピングオトコ」
「この人は余計な事ばかり言う」
「もう松本にシリアスなこと聞くの止めよう」
出典:ツイッターより

 
その他、「誰でも薬物を使用して良い作品が作れるなら分かるが、そうでもない以上その批判はおかしい」、「それは消費者が決めればいい事。その選択肢を勝手に消さないでほしい」など、きちんと理由を示して反論する人も多い。
 


出典:@skmt09

この「逮捕者の作品の行方」については、新井浩文の事件後から問題視されていて、ピエール瀧の逮捕に至っては、坂本龍一がミュージシャン目線での見解を示している。
 
そもそも、プチ炎上したのは、この「ドーピング」発言だけではなく…
 

性犯罪を軽視するな!

 
というニュアンスも含まれている。
 

スポンサーリンク


 
これは、前述のコメントに続き、こういった発言があったため。
 

ただ、役者さんの女性問題の暴行(新井浩文)は、ドーピングではないんで。被害者との問題になってくるんで、全然別問題ですけど

 
捉え方次第、だとは思うが…
 

「相変わらず、性犯罪を軽く見ているね」
「性犯罪にニュートラルって害でしかない」
「被害者がいる事件の方が重いはずだ」
「この発言が性犯罪だ。meToo案件だ」
出典:ツイッターより

 
一部の視聴者はご立腹の模様…
 


「相変わらず」というのは、2月末の放送で元自民党・田畑毅の準強制性交容疑について取り上げた際、女性軽視するような発言をし、炎上を起こしたばかりだからだ。
 
「叩かれるべきはレイプなり性犯罪を犯した人間であって、松本では無い」という、まさにニュートラルな意見や、「批判してる女全員ブス説」など、こちらも独自の視点で擁護する視聴者もいたりするが、批判的なものが大多数を占める。
 
“あの”松本人志にこれだけアンチがいたとは、驚かされる。いや、今までそうでなかった人も、変わりつつある…ということか?
 

最近、つまんなくなったよな~

 
そう。ここ最近の松本人志には、こういった意見が結構寄せられていたりするのだ。
 

出典:Construction Life

 
ワイドナショーで「コメンテーター」としての役割を果たしているせいか、すぐに炎上するネット社会のせいなのか、はたまたシンプルに「人気の低迷」ということか…
 

出典:seesaw

 
たしかに、全盛期のトガりまくっていた頃に比べれば、面白みや斬新さは当然欠ける。ただ、その原因は「テレビにおける」ルールの改正・規制などもあるだろう。このコントを2019年に放送したらば、上記の炎上どころの騒ぎではない…
 
この頃の松ちゃんは神がかってたかもしれないが、ネットの炎上などを気にしない時代が続いていたとしたら、これと同レベルの笑いを今でも取れていた…可能性も、ないとはいえない。
 

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(祝)放送30年目突入記念 DVD 初回限定永久保存版(24)(罰)絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時
 
また、クレームを投稿しているのはごく一部の視聴者であって、そのほとんどが怒りに震えていた…というと、それは違うかもしれない。わざわざ投稿するまでもないが、「松っちゃん、いいこと言うな~」と思って見ていた視聴者もたくさんいるだろう。
 
そもそも…
 

松っちゃんもいい年だしね…

 
「落ち着いてくるのも当然」という意見も、ちらほら。
 


出典:@matsu_bouzu

御年55歳。優秀な後輩もいるわけで、いつまでも第一線で暴走する必要もない。
 
明石家さんまですら、ここ最近はバラエティ番組で「ダダすべりしている」と言われがち。年をとれば、若い世代との意見の食い違いや、笑いのツボが微妙にズレるのは仕方のないこと。落ち目というか、致し方ない「時代の移り変わり」というべきか…
 
「ネットの投稿なんて無視しておけばいい」という意見もあるが、その一部を切り取ってはメディアが「炎上ネタ」で煽ってしまえばそれまで。それを避けるには、「ネット受け」するコメントで安全パイに徹するしかないのだが…
 
あの松本人志が、ネット民の需要に合わせて「守り」に入るようなことはしてほしくない。と、思うのは筆者だけだろうか??
 

スポンサーリンク


 
荒んだニュースの後は、癒し動画をどうぞ!
 

 

芸能カテゴリの最新記事