「地震大丈夫~?」で自撮り画像を投稿するバカ女たちがツイッターで叩かれまくる

「地震大丈夫~?」で自撮り画像を投稿するバカ女たちがツイッターで叩かれまくる

 

スポンサーリンク


 
その「目的」は何なのか、是非お伺いしたい…
 

北海道で震度6弱の大地震が発生

 


出典:@nhk_news

昨日21日(木)午後9時22分頃、北海道で震度6の大きな地震が発生。
 
遠く離れた地域でも、スマホに「地震速報」が届く時代。北海道にお住いの方はもちろん、日本全国民が「震度6」という数字に衝撃を受けたことだろう。
 
先ほど開かれた気象庁の記者会見によると、この地震は「去年9月の北海道胆振東部地震の一連の地震活動」とのこと。震源地は胆振地方中東部、マグニチュードは3.4。津波の心配はなく、今のところ大きな被害も報告されていないが、「今後の地震活動や、雨や雪の降り方に十分注意してほしい」と中期喚起が促されている。
 
現地の方が不安な思いで夜を過ごしているにもかかわらず、空気の読めないバカ者が、こんな投稿をしているらしい…
 

自撮り写真を添えて「地震大丈夫~?」

 
本人に悪気がない可能性も否めないので、ここで誰彼を特定するようなことは控えておくが、ツイッターで「地震 自撮り」などのキーワードを入力すると、それらの投稿が浮上するので、ご自身で確認していただきたい。
 

 
実際、あるのだ。上目づかいのパッチリお目めにピースサインで「地震怖かったぁ~」などと、地震の怖さを微塵も感じさせない、恐ろしい投稿が…
 

「地震大丈夫?と自撮りはもうその流れやな」
「自撮りまで載っけるか普通?」
「地震の心配ツイに自撮り載せる奴、殴りたい」
「こういう時自撮り添付する女が1番嫌い」
出典:ツイッターより

 
「本当イライラする」というお怒りの声や、「もう定番になりつつある」との呆れ声も…
 
これらの投稿が、本人によるものなのか、どこからか写真を引用して、どこぞのバカ者が投稿しているのかは定かではないが、どちらにしても不謹慎すぎる。
 
後者だとすれば、プライバシーの侵害と肖像権による「犯罪」にあたる可能性も…
 

人の画像、勝手に使ってませんか?

 

スポンサーリンク


 
これら「自撮り画像」のみならず、災害時の不謹慎な投稿は数知れず。
 


出典:@BFJNews

有名どころでは、熊本地震の「ライオン放たれた」(2016年)や、大阪北部地震の「シマウマ脱走」(2018年)などがあり、中には逮捕者もいたりする。
 
「ちょっと目立ちたかった」がために逮捕とか、むしろそっちが武勇伝だっていう…
 
これら、あきらかに「不謹慎」、「デマ」とされる投稿ならわかりやすいのだが、道路が陥没している写真や、コンビニに陳列された商品がバラバラになった様子など、一見「大変そうだな」と信じてしまったものが、実は他人の画像や動画の引用だったというケースも少なくない。
 
あたかも自分がその場にいるかのように「地震ヤバいんだけど…」と、投稿。これはいったい、何のためなのか?明確な理由があるならお伺いしたものだが、やはり今流行りの「承認欲求」というやつなのだろうか…
 

災害時でも「承認」されたい気持ちとは?

 

人間は他者を認識する能力を身につけ、社会生活を営んでいくうちに、「誰かから認められたい」という感情を抱くようになる場合が多い。この感情の総称を承認欲求という。承認欲求は努力へのモチベーションになるが、強すぎるとお金・地位ばかりを追いかけて幸せになれない。また詐欺師・ヒモ男などは、相手の承認欲求を悪用しているとも言える。とくに愛情不足で育つと、承認欲求が強くなる傾向がある。※逆に諦めて、全く承認を求めないサイコパスになることもある。
出典:Wikipedia

 
この概要からすると、おそらく彼らは「愛情不足」で、「満たされる」何かに出会えていないのだろう。何せ、人の命や生活がかかっている事態でも、自分の欲求が満たされれば「何でもアリ」とするわけだから。
 
不謹慎とか以前の話で、もはや病気に近いのかもしれない。「愛情不足」で病む人間が、それだけ溢れているということか…
 
中には、「営利目的」で投稿するバカ者もいたり、自分の飼っているペットや、好きなアニメキャラの画像載せて「地震、大丈夫ですか~?」と投稿するユーザーもいて、ただでさえ錯綜している情報を、ひっちゃかめっちゃかにしている。
 

出典:Norman Boles

 
後者は、「少しでも癒されれば」というやさしさからの投稿…なのかもしれないが、多くの国民には想い届かず。「空気読めよバカ」と一喝されていた…
 

安易な投稿は控えましょう

 
これは災害時はもちろん、すべての状況において言えること。
 


出典:@Toyokeizai

承認欲求からのおふざけで、何千万の賠償金とか、逮捕とか、自分の住所や顔写真がバラ撒かれるとか…
 
リスク高すぎだろう。
それでも「注目されたい」というなら、どうか自己責任だけで済むようにしていただきたい。
 
とはいえ、誰か氏らは被害を被るわけで、「自己責任だけで済むように」なんて、おそらくできないのだが…
 
本当に被災者が心配なだけなら、「地震、大丈夫ですか?」だけでいいじゃないか。むしろ、それも投稿する必要があるのか、という話で、中には「本当に必要な情報などが紛れてしまうから、そういった投稿は控えた方が良い」との意見もあったりする。
 

「承認欲求」の呪縛 (新潮新書)
 
何でも、どこでも、いつでも、自分の好きな言葉で世界に発信できる時代。だからこそ、危険が潜んでいる。あなたも私も、いつその「当事者」になるかは分からない。
 
災害時は、とくに「誰かを巻き込んで」しまう可能性が高い。自分に直接的な被害がなくとも、その時くらいはどうか「承認欲求」を抑えられる大人になろうじゃないか…
 

スポンサーリンク


 
荒んだニュースの後は、癒し動画をどうぞ!
 

 

危機ニュースカテゴリの最新記事