和田直人容疑者の“女子高生誘拐”や廣瀬晃一容疑者の事件でみるSNSや掲示板で知り合う危険性

和田直人容疑者の“女子高生誘拐”や廣瀬晃一容疑者の事件でみるSNSや掲示板で知り合う危険性

 

スポンサーリンク


 
我々も、他人事ではない。
 

女子高生連れ込みで27歳の男を逮捕

 


出典:@news24ntv

東京都に住む16歳の女子高校生を、自宅に連れ込んだ男が逮捕された事件。
 
「未成年者誘拐」の疑いで逮捕されたのは、群馬県安中市の和田直人(わだなおと)容疑者・27歳。報道によると、2人が会った1月31日(木)に女子高生の父親が「娘が家に帰ってこない」と深川署(江東区)に相談し、防犯カメラの映像から容疑発覚・逮捕に至った模様。
 
和田容疑者は、「一緒にいたいと思ったので連れて帰った」と容疑を認めているようだが…
 

女子高生は家出願望があった

 
ということで、本人も「同意の上」でついていったということ。
 
「これって誘拐なのか?」という意見もあがっているが、法律的にいえば「誘拐」ということになる。しかし、この手の事件が発覚する度、連れ去った男だけでなく…
 

「自分から行ってるなら同情出来ない」
「高校生なら分別があると思うけど」
「自ら飛び込むのは、自己責任」
「ニュースみなよ。相当馬鹿だと思う」
出典:Yahooニュースより

 
「ついていった側」にも厳しい声が寄せられてしまう。
 
また、今回の事件については「家出」をしたいと思わせた両親に対しても「虐待か?」、「よほど辛い環境なんだな」、「その家族にも問題ありでしょ」などの予想がたてられていたが、真相は不明。
 

 
この年頃なら、ちょっとしたイザコザで「家出願望」をもつのも不思議ではないが、もっと深刻な問題だという可能性も否定はできない。が、仮にそうだとしても「みずしらずの男」について行くのは、コメントにもあるように危険行為極まりない。
 

SNSや掲示板関連の事件絶えず

 

スポンサーリンク


 
2人が知り合ったのはメッセージアプリ「LINE」とのことで、昨年10月頃からやり取りをし、およそ3か月後の1月末にはじめて会ったのだという。おそらく、「この人なら大丈夫そうかな?」と思わせる何かがあったのだろう。
 


しかし、ネットでのやり取りなんていくらでも自分を偽れるわけで、相手に対し「良くみせる」ようにするのは当然。キャラのみならず、容姿まで偽って堂々と会いにくる男もいるというから驚きだ…
 
そもそも、未成年者と知りながら「会おう」と誘ってくる男を、簡単に信用してはいけない。
 
今回の事件では、女子高生に身体的被害が及ばなかったのが不幸中の幸いだが、SNSや掲示板で「知らない誰か」と会うことが主流になった昨今では、笑いごとでは済まない事件に至ったケースも少なくはない。
 

女子大学生死体遺棄事件の教訓

 
直近では、何といってもこの事件だろう。
 


出典:@YahooNewsTopics

昨年11月から行方不明になっていた女子大生(18)の遺体が、茨城県の畑から発見された事件。この女子大生と、死体遺棄の疑いで逮捕された廣瀬晃一(ひろせこういち)容疑者・35歳も、知り合った経緯は海外サーバーのインターネット掲示板だったという。
 
この事件についても、「別人の写メを使っておびき寄せたのでは」という予想が立てられていたが、会うまでのやり取りについてなど、詳しい経緯・詳細は明らかになっていない。
 
ただ、亡くなった女性が窒息死した可能性があることや、警察の調べに対し殺害を認める供述をしていることから、殺人事件である可能性は極めて高い。
 
和田容疑者の事件については、「大きく報道するようなことじゃない」という意見も一部みられたが、こういった悲惨な事件が繰り返されないよう、SNSや掲示板で知り合うリスクを促すという意味では、必要なこと。
 

他人事ではない事件

 
ひと昔前は「出会い系サイト」で知り合うこと自体「ヤバい」とされていたが、今やSNSやアプリで見知らぬ誰かと繋がることがあたりまえのようになっている。
 


もちろん、悪いことばかりではないし、ネットを使わない出会いなら安心というわけではないが、リスクは高い。そして、何かしらの被害に遭ったとしても、「自業自得」だと同情すらされないのだ…
 
また、女性のみならず、男性も騙されたりする可能性は十分にある。
 
「俺は私は、絶対にやらないから大丈夫」といっているあなたも、いつか、何かのタイミングで、見知らぬ誰かと知り合うことになるかもしれない。その時は、安易に相手を信用せず、ある程度の距離感と時間を設けて、関係性を深めていってほしい。
 

スポンサーリンク


 
荒んだニュースの後は、癒し動画をどうぞ!
 

 

危機ニュースカテゴリの最新記事