山田基裕容疑者の闇と裏の顔 母をバラバラにした動機とは<九十九里浜切断遺体事件>

山田基裕容疑者の闇と裏の顔 母をバラバラにした動機とは<九十九里浜切断遺体事件>

 

スポンサーリンク


 
恐ろしく、切ない事件。
 

母の遺体を切断し遺棄した息子を逮捕

 
身の毛のよだつニュースが報じられた。
 


出典:@chiba3ch_news

千葉・九十九里の海岸で、女性の切断された遺体が見つかった事件。
 
発見されたのは、今年の9~10月のこと。亡くなったのは、千葉県八街市の山田容子さん・75歳。そして、死体を遺棄したとして遺体損壊・遺棄の疑いで23日(金)に逮捕されたのは、容子さんの息子で長男の山田基裕(やまだ もとひろ)容疑者・37歳。
 
まさか、実の息子がバラバラにしたなんて…
 
信じがたいが、容疑についてはおおよそ認めているとのことで、母・容子さんを切断し、海岸に遺棄したことは間違いなさそう。
 
山田容疑者は、犯行後に証拠を隠滅しようとしていたらしい。
 

風呂をリフォームし車も売却予定だった

 


出典:@asahi

報道によると、現場となった自宅に血液反応は検出されなかったものの、血液反応を弱める洗剤の空き容器が発見されたという。
 
また、死体を切断したとされる浴室を、事件後リフォームしていたようで、このことからも証拠隠滅を図った可能性が高いとされている。
 
さらに、遺体を海岸まで運んだとされる車も、車内のシートとカーナビを交換していたようで、その交換したばかりの車を、11月中に売却する予定だったという。
 

パナソニック カーナビ ストラーダ Eシリーズ 7型 CN-E300D CN-E300D
 
母の遺体を切断し、捨てて、さらに証拠を隠滅した後、普通の日常に戻れるものなのだろうか?我々の感覚では到底理解できないが、そう“しよう”としていたのだから、常識を逸脱したのだろう…
 
さて、この事件
ここまでの概要で「気になる点」がある方も多いだろう。
 

誰が容子さんを殺害したのか?

 

スポンサーリンク


 
「母を殺害し、切断して…」とは報じられていない。ということは、そもそも「殺されたのか?」という疑問にたどり着く。
 


出典:@news24ntv

山田容疑者が容子さんを切断したとされるのは、9月26日の深夜から、27日未明にかけて。付近の防犯カメラには、売却予定だった車で海岸と八街市内を往復する様子が映っていたという。
 
この日、もしくはこの前後に何かあったのか。山田容疑者が「殺害」も含めて犯行を起こしたのか。それとも、単独ではなく、複数人による犯行なのか。多くの疑問が浮上するが…
 

警察は山田容疑者が容子さんが死亡した経緯を知っているとみて捜査するとともに動機についても調べを進めています
出典:チバテレより

 
現時点では「経緯を知っている」という曖昧なかたちでしか報じられていないため、詳細は不明。だが、事件に至った重要な証言が、付近の住民から確認されている。
 

親子関係がうまくいってなかった

 


出典:@Sankei_news

容子さんの夫、そして山田容疑者の父親は、10年ほどまえに亡くなったそうで、それから息子である山田容疑者との同居生活がはじまったそうだが、容子さんは近隣住民に「息子と喧嘩ばかりだ」と漏らしていたという。
 
一方、2人で出かける様子を見かけたという人や、「仲は良いと思っていた」と話す人もいるとか。まあ、他人の家の中のことなんて、本人たちにしか“真実”は知り得ないワケで、「仲がよさそう」、「うまくいっている」という“憶測”なんて(言い方は悪いが)アテにはならない。
 
気になるのは、報道にあった70代男性の証言。
 

性格が短気になったように感じた。家から大きな声も聞こえるようになっていた

 
こういった証言から、日々喧嘩が絶えず、溜まりにたまった息子が母を…と考えられなくもないが、「そうでないこと」を祈りたい。かといって、共謀した“誰か”がいるとも考えにくく、病気で亡くなったとも、報道をみる限りではあり得ないような気もするが…
 

優しい子だった「もとくん」

 


出典:@Sankei_news

近所では「もとくん」と呼ばれ、「優しい子だった」と話す人もいる。悪い噂ばかりではないようで、近隣住民も衝撃をうけている模様。
 
親子の間でいったい何があったのか。そして、山田容疑者が抱えていた“闇”は何だったのか。
 
24日に送検された際には、フードをかぶったまま表情はみせず車両に乗り込んだ、山田容疑者。その「顔」はどんなことを物語っていたのだろう。笑っていたのか、泣いていたのか、無に徹したか…
 

出典:FNN.jpプライムオンライン

 
「まさかこの街で」
 
どの事件でも近隣の住民は声を揃えてそう言うが、どの地域であってもあり得ないことではない。ちなみに、筆者も何度か大網白里を訪れたことがあるが、海が近くてのどかで静かないいところ。通勤などがなければ、こういうところで余生を過ごすのもいいかなと思える、住みやすい街だ。
 

 
そんな平和な街で起きた悲劇。
 
「親をバラバラにできるなんて人間じゃない」なんて投稿も多くみられたが、でもそれって、(投稿者が)健全な親子関係が築けているからであって、どの親子もそうだとは限らないんだよね。あたりまえでなく、そう思えることが幸せなのだと感じなければいけないのかもしれない。
 
追記:11月27日
 


出典:@tv_asahi_news

その後の報道で、容子さんの口座からおよそ3,000万円が山田容疑者の口座に移るされていたことが判明。つまり、金銭トラブルによる犯行とみて間違いなさそう。
 
山田容疑者は、容子さん名義の土地や建物も相続していたそうで、事件の前日である25日の夜に「財産を巡って母と口論になった。肩を揺さぶったら翌朝に死んでいた」と話している。
 
口論の末、殺害したということだろうか…
 
しかし、この事件。日産のカルロス・ゴーンによる騒動より、よほど重大な事件かと思われるが、ニュースで大々的に取り扱われていないのはナゼだろう。
 

スポンサーリンク


 

 

危機ニュースカテゴリの最新記事