この顔でイギリス人?ウオン・ケリー・ポウ・キム容疑者に「ごはんですよの実写化」<JR小岩駅>

この顔でイギリス人?ウオン・ケリー・ポウ・キム容疑者に「ごはんですよの実写化」<JR小岩駅>

 

スポンサーリンク


 
容疑よりもビジュアルが強烈過ぎて…
 

JR小岩駅トイレで乱暴容疑の男を逮捕

 


出典:@news24ntv

今年8月、JR総武線小岩駅のトイレで、20代の女性に性的暴行を加えようとした男が逮捕された事件。
 
報道によると、男は電車内で寝ていた女性にわいせつな行為をしようとし、女性が逃げたところ、追いかけてまで容疑に及んだ疑いがもたれている。しかも、女性を抱きかかえるようにして駅のトイレに連れ込んだというから、ヤバい男であることは間違いなさそう。
 
容疑については「暴行しようとしていません。小岩駅は知りません」と否認。東京に居るにもかかわらず「小岩駅を知らない」って通用するのか?と、突っ込みたいところだが…
 

逮捕されたのは55歳のイギリス人

 
そうか。
外国人による犯行だったか…
 

出典:ANNnewsCH

 
もちろん、「そういうことなら仕方ない」とはならないワケで、何人であろうと、来日したばかりであろうと、観光客が浮かれてヤったのであろうと、許されない行為ということは、言うまでもない。
 
被害に遭った女性は、相当コワイ思いをしただろう。電車の中では服の上から胸などを触られ、逃げようと思ったら追いかけ回され、抱きかかえてトイレに連れられたというのだから…
 

心を殺された私―レイプ・トラウマを克服して
 
なお、女性がトイレ内に設置してある「緊急ボタン」を押したことで、男を追い払うことができたという。こういう時のためにも、防犯カメラや緊急ボタンの設置は必須だ。
 
この卑劣な犯行により逮捕されたのは、イギリス国籍のウオン・ケリー・ポウ・キム容疑者。
 
ん?
 

「キム」って韓国人じゃないか?

 

スポンサーリンク


 
「ウオン容疑者=イギリス人」という時点で「?」っとなった方も多いようだが、映し出されたウオン容疑者の容姿から察するに、アジア系の人物であることがわかる。
 


出典:@tbs_news

 

「完全アジア人やん!」
「こいつイギリス国籍じゃねぇーだろッ!」
「キムってことは韓国籍じゃないのか?」
「イギリス人って顔してないけどw」
出典:ツイッターより

 
これには、犯行内容よりも容疑者の「容姿」に突っ込みが殺到…
 
キム容疑者についての詳しい詳細は明らかになっていないが、おそらく「イギリス国籍のアジア人」ってことなのだと思われる。まあ、アメリカのフィギュア選手がほとんど「アジア人」だったりと、このケースはさほど珍しいことではないのだが…
 


出典:@YahooNewsTopics

現在、様々な問題で日韓関係が荒れ模様ということもあり、「キム」容疑者に対する批判の声は絶えず。その理由も「暴行容疑」ではなく、「人種」について向けられている…
 
一方
 

「ごはんですよ」の実写化

 
このニュースを茶化すネット民も少なくない…
 

出典:maidigitv

 
しかも、それが悲しいことに(?)似ているのだ…
 

「鼻でかい系のあの独特のタッチw」
「三木のり平さんと桃屋に失礼やろ!」
「ち→か↑ん↓ですよ!」
「もうすぐ新小岩駅に佃煮もツボです」
出典:Yahooニュースより

 
桃屋の「のり平」は、俳優の故・三木のり平がキャラクターのモデルと吹き替えを務めていた、「ごはんですよ」の名物キャラクター。たしかにキム容疑者にソックリで、言おうとしていることは分からないでもないが…
 

桃屋 ごはんですよ! お徳用 390g
 
被害に遭った女性と桃屋、そして三木のり平氏に失礼である。また、ごはんですよが不味くなるのでヤメテいただきたい…
 
しまいには、「抱きかかえてトイレに連れ込みとかワロタ」なんてコメントまで浮上する始末だが、笑いごとで済む事件ではない。もしこの男がナイフでも持っていたとしれば、最悪の結果を招いていたかもしれないワケだ。
 

痴漢は「日本人男性」のみならず

 
外国人=痴漢というイメージをもっている方は少ないようで、今回の事件については「そうか、外人も痴漢とかするんだよね…」などの書き込みもみられたが…
 
当然、痴漢行為や性的暴行はどの国にもあるワケで、どこであろうと、誰であろうと油断してはいけない。
 


出典:@tsuisoku

日本が誇る天下の名門大学でも、こんな事件を起こすバカ野郎がいるくらいだしね…
 
こういう犯罪により、外国人労働者はどうのとか、移民がどうのとか言われるようになる。真面目に日本で頑張ろうとしている外国人に対しても許されない行為だ。
 


出典:@news_postseven

国に却って民事裁判を行っても、日本語がわからないフリをされたり、取り調べに通訳もいたりと、それはそれで問題だらけ。まったくもって困ったものだが、今回の事件で唯一救われたのが、彼女が無事であったこと。
 
しかし、今後こういった事件は増えると思われる。さて、この問題はどう解決していくのか。オリンピックに向けて、そしてその後の日本には課題がたくさん残されている。
 

スポンサーリンク


 
荒んだニュースの後は、癒し動画をどうぞ!
 

 

危機ニュースカテゴリの最新記事