高視聴率の裏で『イッテQ』にもヤラセ疑惑浮上…「そもそも最近つまらない」

高視聴率の裏で『イッテQ』にもヤラセ疑惑浮上…「そもそも最近つまらない」

 

スポンサーリンク


 
視聴者も、ある程度は容認している…
 

『イッテQ』企画をでっち上げる?

 
日本テレビの人気番組『世界の果てまでイッテQ!』に、暗雲がたちこめている…
 


出典:@bunshunho2386

7日(水)に週刊文春が投稿したこの記事によると、同番組が今年5月20日に放送した企画が、どうやら「やらせ」である可能性が高いという。
 
企画の内容は、ラオスの首都ビエンチャンで開催された「橋祭り」に番組レギュラーの宮川大輔が参加し、障害物をよけながら自転車で橋を渡るというもの。
 
だが…
 
実際、この「自転車アクティビティ」は現地で企画されたものではなく、日本の会社が提案したもので、ラオス情報文化観光省も「こうした自転車競技はラオスには存在しない」とコメントしているそうだ。
 
これに対し、朝日新聞の取材に応えた担当者は「自転車で水上にかけた橋を渡る祭りは、ラオスでは以前から、村単位などで行われている。全くないものをでっちあげたわけではない」と説明していて、障害物などの過剰な演出も「テレビの撮影」をうけてラオスの美術会社と共同で作り、日本テレビ側にも報告済みとしている。
 

全部やれ。 日本テレビ えげつない勝ち方
 
日テレといえば…
 

『24時間テレビ』にもやらせ疑惑浮上

 
したばかり。
 


今年8月に放送された『24時間テレビ 愛は地球を救う』では、トライアスロンに挑戦したみやぞんが、歌のタイミングとゴールが合わず、スタッフの指示によりもう1周走らされた…というまことしやかな噂が浮上。
 
その他にも、「やらせっぽい企画が多すぎる」などのクレームが多数投稿され、「出演者のギャラ」についても問題視されていた。
 
今年の放送は、“悪い意味で”かなり反響が大きかったといえる…
 


また、ようやく“クビ”が決定したものの、同局の『ぐるナイ』でおよそ20年間ゴチ・メンバーとして出演した国分太一にも、“やらせ疑惑”が絶えなかった。新メンバーが同ジャニーズの中島健人(Sexy Zone)というのも、なんだかキナ臭い…(?)
 
視聴者は、今回の「やらせ疑惑」についてどう感じているのか。
ネットの声をまとめてみたところ…
 

TVだから多少の演出は当然

 

スポンサーリンク


 
意外にも、批判的なコメントは少なく
 

「この程度のものは許容範囲かな」
「現地の人達が一緒に楽しんでるなら良いかな」
「ほこたてやあるある大辞典と一緒でしょ」
「まあTVだから演出は当然あるだろうけど」
出典:ツイッターより

 
ある程度の「やらせ」は容認(?)している模様。まあ、テレビなんて所詮はすべて作りものなんだし、演出しなければ成り立たないワケで。コメントにもあるように「この程度」なら、ねぇ…
 


出典:ツイッターより

ただ、「こういうことテレビの信頼を失うきっかけになる」という厳しい意見も当然あり、「一度こういうことがあると、次回から“これは本当なのかな?”と思ってしまう」というシビアな投稿もされている。
 
また、子供にも人気の番組ということで、小さい子に「悪い大人のイメージ」がついてしまうのがコワイ、という心配もされていた。
 
でもねぇ…
 

他局にはもっと酷い番組がある

 


「それをいうならコッチなんてもっとヒドイ」という番組は、他局にもたくさんあるワケで。イベントの企画を多少“盛る”くらいはかわいいもの…
 
と、いいたくなるような気も、しないでもない。
 


また、その「ひどいヤラセ感」と叩かれている番組が、意外にも高視聴率をマークし、放送は継続しているというんだから、結局「演出ナシ」ではつまらないってことでしょ?という結論に至る。
 
「やらせはダメだけど番組は面白くなくちゃ」なんて、無理な相談だ(?)。それを言ったら、高視聴率続きだった80~90年代の番組なんて、ほぼほぼが“ヤラセ”って噂も…
 

出典:ヤバ人TV動画 おもしろ爆笑ハプニング

 
また、YouTubeや今人気のティックトックなど、一般人が投稿するネット動画なんて、ハッキリ言って「ヤラセ満載」。これだって、ヤラセってわかっていても“面白い”から人気なワケで。演出ナシでエンターテイメントは成り立たないってことだ。
 
視聴者も、こっち(動画)を見慣れているから「これくらいのヤラセなら…」と、ある程度容認できるようになっているのかもしれない。
 
そもそも
 

『イッテQ』自体のネタ切れ感が…

 
という意見もちらほら。
 

「そろそろネタ切れなんだろう」
「そもそも最近つまんないしね」
「同じような企画ばっかりでマンネリ」
「視聴率獲得のための苦肉の策では︎」
出典:Yahooニュースより

 
5月の放送については「おもしろかったけどなぁ」というコメントもあがっていたが、同じような企画が続き、若干“マンネリ化”していることがうかがえる。
 


出典:@YahooNewsTopics

2007年に放送が始まった同番組。放送から11年が経った今でも「20%を超える」人気番組で、日本テレビの“冠バラエティ”的役割を果たしていることは間違いないが、どの番組も絶頂期がいつまでも続くはずはなく、いつかは終わりを迎える時が来る。
 
週刊文春が報じたこのネタが、その終焉へのキッカケとならなければ良いが…
その可能性も否めず。
 

週刊文春 2018年 11/8 号 [雑誌]
 
この「やらせ疑惑」については、日本テレビが明日8日(木)に日テレは8日に見解を示すとのこと。番組終了は(おそらく)ないと思われるが、今後、番組の企画や放送内容に影響を及ぼすかもしれない。
 
それはそれで、“マンネリ化”を解消できるという意味ではいいのか(?)
 

スポンサーリンク


 
荒んだニュースの後は、癒し動画をどうぞ!
 

 

TV番組カテゴリの最新記事