遂に『ママ活』で補導…援助交際募集した福岡県の男子高校生 ツイッターには顔写真も

遂に『ママ活』で補導…援助交際募集した福岡県の男子高校生 ツイッターには顔写真も

 

スポンサーリンク


 
時代はパパから「ママ」へ…
 

男子高校生が「ママ活」で補導

 
いったいどういうことなのか。
 

出典:TNC みんなのニュース福岡

 
今年の9月、ツイッターに援助交際をほのめかす投稿をした福岡県内の男子高校生が補導された事件。投稿した内容はコチラ
 

「福岡 17さい ままかつしたい#ママ活募集」

 
ネットパトロールをしていた警察が書き込みを発見し、なりすましてメッセージを送ったところ、「2時間カフェでまったり会うので7000円」という返信がされたという。
 
待ち合わせまでこぎつけ、約束の10月上旬、JR博多駅前の路上で同高校生を補導。警察の調べに対し、こんなことを話しているという…
 

ツイッターで「ママ活」を知った

 
つまり、ツイッター上でこのママ活なる「援助交際」が流行っている、ということらしい。さっそく「#ママ活募集」で検索してみたところ…
 

「ご支援頂けるママさんを募集しております」
「年上の女性と話して仲良くなりたいんです」
「ご負担はご飯代などのみで+αは大丈夫です」
「体の関係など幅広く大丈夫です」
出典:ツイッターより

 
などなど、ヤバい書き込みが驚くほど出てくるじゃないか…
 


出典:@shunkannews

ハッシュタグは「#ママ活」以外にも、「#ママ活募集」や「#出張ホスト」、「#裏垢男子」など、“ソレ”を連想させるようなものが多数使われている。中には、顔写真を載せたり、「ちょこちょこEXILEのTAKAHIROに似てると言われます」と(おいおいw)、ビジュアル・アピールをする男子も…
 
なんだかヤバそうな男子がネット上に溢れているようだが。
しかし、需要があるってことは…
 

「ママ活」に乗る女たちが急増?

 

スポンサーリンク


 
しているってワケで。こちらも調査してみたところ、こんな書き込みを発見…
 

27歳以下の顔のきれいな男の子の支援をしたいです。という体裁で癒やしを求めてます(笑)お財布ピンチで暇なイケメンはDMしてください

 
もしかすると、警察のおとり投稿かもしれないが、ガチの可能性も(の方が)極めて高い。
 


出典:@cinema_cafe

テレビやネット記事、雑誌などのメディアでは、「かわいい女の子」より、「イケメンの露出」の方が数字を取れるようになった時代。いわゆる「肉食女子」が増えたとはいえ、まさかここまで進化(というべきか)していたとは…
 
女性の社会進出⇒経済力のある女性の増加⇒オジサン化
 
的な…(?)
 

別HO(HO5月号増刊)肉食女子甘党男子
 
イケメンを飼いならすのは結構なことだが、「未成年者と金銭のやり取りによる性行為」はいうまでもなく犯罪。募集する方もするほうだが、買う方も買うほうだ。というか、ソッチの方が(大人の倫理として)問題。
 
もちろん、「ママ活」のみならず、「パパ活」の方も利用者は増加の傾向にあるという。そんな時代に便乗して…
 

「パパ活」のアプリも登場

 
しているっていうんだもの…
 

出典:adtruck48

 
「パパ活するならペイターズ」って、大々的に謳っちゃってるし…
 
大丈夫なんですか?コレ。都心部のど真ん中を、こんな大きいトラックで、且つ大音量で走行しているんだから、それなりに覚悟があって…というか、ルールに則ってやっているのかもしれないけど。
 
ツイッターには、「ペイターズで知り合った新規のpと会ったらお食事5くれたし手土産までくださって次アポも約束してきた」、「ペイターズのプロフ知り合いに見つかり連絡がきてあんなアプリやめろつってお手当20で会ってくれることになった」など、若干サクラをニオわせるような書き込みもあるが…
 

出典:いちちゃんねる【1channel】

 
まあ、色んな手法の色んな「出会い」が、スマホ(SNSやアプリ)の普及により増えていることはたしか。
だが…
 

パパ・ママ活共に危険もいっぱい

 


主には女子だが、SNSからの援助交際で事件に発展しているケースは絶えず。
 
オイシイ思いをしているユーザーがいる一方で、イタイ思いをしている人たちもいる。それは、募集する側(売る)も、それに乗っかる側(買う)も…
 
ちょっと小銭を稼ぎたいがために、または、ちょっとかわいい女の子or男の子といかがわしいことをしたいがために、後の人生を台無しにするなんてリスク高すぎだろう。
 
だいたい、「2時間カフェでまったり会うので7000円」ってなんだよw
 

 
若さを利用してラクしすぎじゃないか?
金稼ぎたければ汗水流せ~
 
って、時代じゃないのか…
 

スポンサーリンク


 
荒んだニュースの後は、癒し動画をどうぞ!
 

 

危機ニュースカテゴリの最新記事