【残念】ゴクミの娘=エレナ・アレジ・後藤に「顔でかい・ブス・脚短っ」バッシングの嵐…

【残念】ゴクミの娘=エレナ・アレジ・後藤に「顔でかい・ブス・脚短っ」バッシングの嵐…

 

スポンサーリンク


 
二世の運命(さだめ)、か…
 

ゴクミの娘が女優業に意欲

 


出典:@mantanweb

後藤久美子の娘・エレナ・アレジ・後藤が、女優への意欲をみせているという。
 
毎日キレイ」によると、小さい時はモデルの仕事をしたかったそうだが、今は「お芝居がやりたい」とのことで、アクションや演技のレッスンをしているという。
 
エレナさんは、イギリスのの映画制作専門学校に通っていたそうで、映画監督にも興味があるとのこと。目標はもちろん母・後藤久美子。「彼女のようになりたい。ずっとずっと憧れです」と話していたそうだ、が…
 
彼女のこの純粋無垢な夢に、疑義を唱える声が殺到…
 

芸能界はやめた方が良い

 
え…
いきなりですか?
 

「お父さんの手伝いでもしたらどうかな」
「自分的にはこの子は無理と思う」
「日本でやる必要があるのかな~」
「脇役かエキストラのセリフ付きレベル」
出典:ツイッターより

 
なかなか、手厳しい意見ばかりで…
なんで!?って逆に聞きたいところだが。
 

View this post on Instagram

エレナ アレジ 後藤さん(@alesihelena)がシェアした投稿


出典:@alesihelena

 
その「理由」については各々それぞれの見解があり、「オーラがない」とか、「外人感が強すぎる」とか、「日本人ウケしない」とか、「使いどころが難しい」とか…様々。
 
それはまあ、受け取り方次第で、何が間違っているとか、その通りとか、一概には言えないんだけどね。言えないんだけど…
 
これはナイんじゃない?
 

ブスだし顔でかいし、脚が短いから

 

スポンサーリンク


 
ダイレクト過ぎるでしょ…
 

「老け顔だな、痴呆の老婆役でもするのか」
「顔はでかいしスタイルも日本人体型だし」
「ママの美貌には到底勝てない」
「背も156でモデルとか、あの顔で女優とか」
出典:Yahooニュースより

 
ストレス発散するかのように、言いたい放題のネット民たち。ただ、こういった意見がネットに溢れていることは事実で、彼女のビジュアルについてはお世辞にも「評価が高い」とは言えない…
 

View this post on Instagram

One more 🖤

エレナ アレジ 後藤さん(@alesihelena)がシェアした投稿 –


出典:@alesihelena

ねぇ。
決してブスではないし、むしろ「美人」の部類だと思うんだけど…
 
やはり、隣に並んだ「母」の存在が大きすぎるというか、あまりにも美し過ぎて、比較対象になってしまったという感じか?
 

親の存在が大きすぎると大成しない

 
二世タレントが続出する中で見えた、傾向。
 

出典:taishomovie

 
秀でた才能があれば話は別だが、何となくタレントやモデルをやっている二世で、高く評価されているケースはほとんどなく、記事になるたび、テレビに出演するたび、「親の七光り」と叩かれ続ける。
 
世間はとにかく「コネ」にキビシイ。使えるものは使って、うまく成功すればいいじゃんって思うんだけど…
 

View this post on Instagram

皆様、今日は本当にありがとう御座いました。 BODY MAINTÉ を飲んで身体をバリアしましょう! https://www.otsuka.co.jp/bdm/

Kōki,さん(@kokiofficial_0205)がシェアした投稿 –


出典:@kokiofficial_0205

親が大物すぎると、特に。忌み嫌われてブレイクしない。歌が超ヘタなのに、とか。演技が超ショボい、とか。決定打があるなら話は別だけど、まだ何もしてないのにねぇ…
 

Richesse no.21 (FG MOOK)
 
「こっちがお母さんみたいだ」とか…
やめてあげてよ。
 
ちなみに、その母・後藤久美子にも、こんなウワサが浮上している。
 

ジャン・アレジと離婚間近か?

 


出典:@shujoprime

母・ゴクミも女優業を再開したらしく、来年12月公開予定の映画『男はつらいよ50 おかえり、寅さん』で、23年振りに映画出演するのだが
 
これまで、CMやモデル(雑誌)の仕事しなかったのに、「何でこのタイミング?」と疑問を呈する声があがっているという…
 
おそらく、娘・エレナのバックアップのためではないかとされているが、海外ではなく、わざわざ日本での活動を拠点とするのは(母・娘ともに)、「離婚」を視野に入れているからでは?というのが、週刊女性プライムの報道。
 

出典:Sony Music (Japan)

 
引き合いに、宇多田ヒカルや中山美穂を出しているが、たしかに彼女たちも、芸能活動を控え、海外に在住していたが、日本で活動を再開したのには「離婚」がセットになっていた。ゴクミについても、可能性がないとはいえないカモ…
 
まあ、離婚して彼女(たち)が幸せになれるなら結構なこと。そして、プライドの高い(らしい)ゴクミがここまで猛プッシュしてまで、娘を成功させたいって頑張っているんだから…
 

出典:25ansonline

 
ブサイクだの足が短いだの、売れないだの…バッシングばかりではなく(そんなこともないし)。彼女の“良いところ”をみつけて評価していこうじゃないか…
 

スポンサーリンク


 
荒んだニュースの後は、癒し動画をどうぞ!
 

 

芸能カテゴリの最新記事