【車上荒らし】ボンネット逃走男は寝屋川市立第五中学校講師・近野鎮憲だった…<大阪府高槻市>

【車上荒らし】ボンネット逃走男は寝屋川市立第五中学校講師・近野鎮憲だった…<大阪府高槻市>

 

スポンサーリンク


 
職業の問題ではないのだけれど…
 

中学校講師が強盗殺人未遂で逮捕

 


出典:@iza_edit

 
本日2日(金)、強盗殺人未遂容疑で29歳の男が逮捕された。
 
報道によると、男は先月10月29日の未明頃、大坂・高槻市日向町の路上に停めてあった軽ワゴン車から現金3万円入りの財布を盗んで自分の車で逃走
 
しようとしたところ…
 
それに気づき、追いかけてきた20代の男性(財布の持ち主)が、走りだそうとする車のボンネットを抑えるように引き留めたが、それを振り切るようボンネットに乗せたままおよそ370メートル走行したという。超アブないんですけど…
 
その後、付近の防犯カメラ映像などから、近野容疑者の関与が浮上。しかし、容疑については「盗んでもないし殺そうともしていない」と否認しているそうで、なんとも往生際が悪い。
 
「頭悪いな~」と突っ込みたいところだが…
 

寝屋川市立中学校講師・近野鎮憲容疑者

 
っていうから、頭は悪くないんだよね。いや、正確にいうと学業は優れている(た)が、地頭は悪いってやつか?
 


出典:@kantele_news

逮捕されたのは、同府寝屋川市立第五中学校講師・近野鎮憲(ちかの やすかず)容疑者、29歳。
 
現役の中学講師が、「強盗殺人未遂容疑」で逮捕とか…
学校関係者、保護者、そしてなにより生徒たちに、大きな衝撃が走ったことはいうまでもない。
 
学校のホームページを見る限り、近野容疑者についての詳細(プロフィールなど)は掲載されておらず、顔写真なども現時点では報じられていない。
 
近野容疑者は2017年4月から同中学校で「技術科を担当」していたそうだが、どんな人物像だったかは不明。
 
そこで、ツイッターで「近野先生」で検索をかけてみたところ…
 

生徒からの評判は上々

 

スポンサーリンク


 
書き込んでいるのが、同校の生徒なのかどうかは定かでないものの…
 

「あの先生大好きやったのに捕まったん?」
「近野先生わりと皆好きやったくない?」
「優しく技術教えてくれたやん!!」
「ごめんマジでわけわからんって、なんで」
出典:ツイッターより

 
タイムリーな投稿を見るかぎり、どうやら生徒からは慕われていたいい先生であったことがわかる。普段から感じ悪ければ、「いかにもやりそうだよな~」とか、つぶやかれていると思うし…
 

出典:サスペンス/ミステリー劇場【最新作・刑事/探偵 2時間ドラマ】

 
悪いことした犯罪者が、みんな素性も「とんでもない奴だった」ってワケじゃないんだよね。2時間ドラマとかでも、殺した犯人より殺された被害者が超悪いヤツだった、ってパターンも多いし(なんの話?)
 
そう、きっと。
近野容疑者は「根は」悪いヤツじゃないはず。
 
ってことは…
 

お金に相当困っていたのかな?

 
と、いう疑問が浮上する。
 

近野容疑者は10月29日未明、高槻市日向町の路上で、駐車中の軽ワゴン車から約3万円入りの財布を盗んだ
出典:産経新聞より

 
たしかに、教師の給料なんて(言い方悪いが)たかが知れているワケで…
 

 
海外旅行や高級品、イイ車などを購入するには、「金が足んねぇよ」ってハナシ。一部では「実は結構もらっている」ってウワサもあるが、筆者の知人で教師の話によると「安い」のひとこと。
 
ギャンブルにハマっていた、借金がある、誰かに貢いでいた…など、何かしらの理由があったのかもしれないが
 

彼女たちはなぜ万引きがやめられないのか?
 
盗み=ストレス発散という可能性も否めない。
 
とはいえ、彼を擁護してばかりもいられない。何せ、人がひとり死にそうになった事件だ。現役講師としてあるまじき行為であり、これでまた…
 


「だから公務員は!」なんて、叩かれてしまう原因をつくってしまったのだから。
 
そういえば…
 

教育委員会の職員が痴漢容疑で逮捕

 
なんてニュースが、本日報じられたばかり。
 


出典:@tvknews930

県迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、横須賀市教育委員会の職員・佐野史彦(さの ふみひこ)容疑者、35歳。
 
報道によると、2日の朝8時頃、通勤電車である京急線の車内で、高校3年生の女子生徒に痴漢行為をはたらいた疑いがもたれている。容疑については「社内が混雑していたため、結果として触れてしまっただけ」と否認していて…
 

「痴漢は冤罪が起こりやすい」
「男性専用車両を設けてくれ」
「女性専用車両に乗らないなら文句言うな」
「この段階での実名報道は控えるべきだ」
出典:Yahooニュースより

 
など、意外にも擁護する声が多い印象だったが、中には「教育者として恥じるべき」など、厳しい意見も寄せられていた。
 
冒頭にもあるように、事件については「職業」云々って問題ではないのだけれど。子供からみて「お手本」となるべき仕事に就いたからには、私生活での言動も(特に)問題視されてしまうのは致し方ない。
 
が、そんな規制だらけの毎日を送っている彼らは、それはそれでキツいんだろうなと思わされる、2つの事件。もちろん、許されるべきことではないのだけれど。
 

スポンサーリンク


 
荒んだニュースの後は、癒し動画をどうぞ!
 

 

危機ニュースカテゴリの最新記事