【悲報】マライア・キャリーと浜崎あゆみ、曲が全く売れない!インスタ修正疑惑、激太りと色々カブるw

【悲報】マライア・キャリーと浜崎あゆみ、曲が全く売れない!インスタ修正疑惑、激太りと色々カブるw

 

スポンサーリンク


 
かつての「女王様」たちが、ヤバいことになっている。ヤバいことになっているのに、さほど自覚がないという(?)これまたヤバい展開に…
 

マライアの新曲「GTFO」が全く売れてない件

 
そう。9月13日にリリースされたマライア・キャリーの新曲「GTFO」が、3日間“配信ゼロ”だったという、このニュース…
 


出典:@YahooNewsTopicsツイッターより

「いや、さすがにゼロはないだろう」と、記事へのクレーム(なのか?)が殺到しているようだが…
 
これ、「間違いなく誤報だ」ともいえないようで、びっくりするほど売れていないのは事実のよう。「ゼロ」ということにこだわったとすれば、それはねつ造(?)という可能性も否めないが…
 

出典:Eminem Musicより

 
同日にリリースしたミュージックビデオも、公開2週間で未だ400万視聴程度。「それって少ないの?」と異論を唱える方もいるかと思うが、同日に公開されたエミネムの新曲「Killshot」なんかは、24時間で3,800万再生を記録しているワケで…
 
「トップシンガー」というレベルの話であれば、2週間で400万視聴はなかなかヤバい数字。つまり、「公開3日間はゼロ」という可能性も、十分考えられるのだ。
 

チャートインすらせず完全終了

 
そりゃあ、そうだろうw
 

 
ダウンロード数はともかく、このご時世「視聴回数(ストリーミング)」がサッパリで、チャートの上位にランクインできるはずがない。だから、ベテランアーティストたちは、苦戦を強いられているのだ…
 

出典:Mariah Careyより

 
そもそも、曲もビデオも、おまけに歌詞の内容もひどいからね。
売れないのも納得だよ…
 
一歩、いや…数十歩!古い。感覚が。
去年流行ったトラップみたいなことやっているし、アラフィフでこのメイク、この衣装とかどうなのって感じだし…
 
そもそも、2年前に破局したジェームズ・パッカーのことを今さら掘り下げても、誰も注目しないよっていう。完全に自己満の世界で、なんかもう、誰かどうにかしてやってよ!って感じで。
 

出典:Adeleより

 
流行にはついていけなくても、歌唱力はあるんだから。アデルみたいな歌、歌わせてあげりゃいいのに…って、勘違いしている本人がプロデュースしているんだから、仕方ないか。
 
彼女のヤバいニュースは、曲が売れないどうこうに留まらず…
 

インスタの「修正疑惑」が止まらない!

 

スポンサーリンク


 
ここ最近は、インスタネタでゴシップ記事を荒らしている(?)マライア。
 

View this post on Instagram

With the champ, @floydmayweather 💪

Mariah Careyさん(@mariahcarey)がシェアした投稿 –


出典:@mariahcareyインスタグラムより

何かをアップするたびに、腕の位置が違うとか、脚が削られているとか…そんなんばっか。せっかく痩せた(のか?)みたいなのに、それでも修正しないと気が済まないなんてね…中毒か?
 

View this post on Instagram

Happy birthday Jermash! 🎉🎂🥂 @jermainedupri

Mariah Careyさん(@mariahcarey)がシェアした投稿 –


出典:@mariahcareyインスタグラムより

動画もあるよ。静止画と、さほど変わり映えない気がするけど…
疑惑は、ブラックよりのグレーってところか(?)
 
まあ、修正に関しては、あなたも私も笑えないだろう。インスタにアップする画像を、少しの修正も入れずそのまま載せている女子(男子も)なんて、どれだけいるんだって話で。
 
「スノウ」でキラッキラのつるっつるに仕上げている女たちよりは、よほどマシ…という気が、しないでもない。
 
しかし、世間は芸能人の修正にとても厳しいのだ。
そうえいば、マライアとまったく同じ立ち位置で、インスタの修正疑惑を囁かれた「歌姫」がいたなぁ…
 

浜崎あゆみとカブりまくりじゃないですか?

 
インスタの修正疑惑といえば、日本を代表するのがこの人…
 


出典:@niftynewsツイッターより

なんか、1週間に1回は、浜崎あゆみの「インスタ報道」を目にする…のは、気のせいだろうか?いや、気のせいじゃないはず。
 
胸がGカップに成長しただの、久々にボブにしただの、腕の位置がおかしい(マライアと同じ?)だの。本業である「歌手」としてのネタはどこへやら、もはや「ゴシップクイーン」として君臨している、あゆ(Ayu)。
 
マライアさんも、「歌」の方は“口パク”だの“売れない”だの、ネガティブなものばかりで、ニュースになるのは「ダイエット」や「離婚騒動」、「修正疑惑」など、ゴシップネタばかり…
 

View this post on Instagram

今日も最高にクリエイトさせて貰える環境と最高のクリエイターの集まりに感謝🙏✨✨✨ ・ #TROUBLEツアー2182019

ayumi hamasakiさん(@a.you)がシェアした投稿 –


出典:@a.youインスタグラムより

かつてミュージックシーンのトップに君臨した「女王」という立ち位置や、その「女王気質」が抜けない“勘違い”っぷりも、なんかうり2つなんですけど…
 
今年発売された久々のニューアルバム『TROUBLE』が、初動売上1万8千枚程度と、散々な結果に終わった浜崎あゆみ。
 

 
1万8千枚。
超頑張れば、手売りできそうな数…(と、まではいかないか)
 
一方のマライアも、ダウンロード数「ゼロ」www(ではないと思うが)
 
女王たちの衰退を見ているのが、とてもつらい。しかも、世間の風評にまったくこたえていない、この様子も「強い」というよりは、「痛い」…
 

両者の完全復帰はあり得るのか?

 
いや、十分あり得るだろう。方向性を間違わなければ…
 

出典:Mariah Careyより

 
マライアに関しては、低迷期を乗り越え、2次ブレイクを果たした時期もあった(2005年あたり)。
 
コツコツ努力して、言動に気をつけて、流行に敏感になり、デキるスタッフの言うことをよく聞けば、再び「女王の座」に就くことも不可能ではないはず。
 
そもそも、彼女たちのスタートは(悪い意味でなく)周りの人間が作り上げたものだったんだから…
 

出典:Mariah Carey’s Archivesより

 
クリスマス・シーズンだけがっぽり稼ぐ。お金に困ることはなさそうだけど、そんなんでいいのか?
っていうか、衣装ww
 
両者とも、こんなんになっても(?)まだ応援してくれるファンがいるのだから、彼らのためにも、世間を驚かすような見事な復帰劇をぜひ!果たしていただきたいものだ。
 

出典:Ayuより

 
っていうか、衣装www
 

スポンサーリンク


 

海外ゴシップカテゴリの最新記事