「樋田淳也(富田林署)の二の舞!」茨城・筑西市の逃走犯、名前や顔写真は公開ナシですか?

「樋田淳也(富田林署)の二の舞!」茨城・筑西市の逃走犯、名前や顔写真は公開ナシですか?

 

スポンサーリンク


 
この不祥事に、「捜査員は逃げられ太郎ですね」など警察が散々に叩かれている…
 

今度は茨城で逮捕直前の男が逃走!

 
ヤバイ。
 


出典:@nhk_newsツイッターより

本日26日(水)の午前5時40分頃、傷害容疑で逮捕状が出ていた男が、直前に逃走したらしい…
 
事件が起きた(というか起こした)のは、今年の8月16日。茨城県筑西市のカラオケ店で、他の男2人と(計3人)男性1人に暴行し、けがを負わせた疑いがもたれている。いわゆる、ヤンキーのリンチか?(古い)
 
他の2人は、今朝傷害容疑で逮捕されているが、この男だけ逮捕される直前に逃走したというのが、事件の経緯。
 
どうやって逃げたんですか?
 

捜査員が見逃しちゃったんだって

 
え~
どこかで聞いたような展開…
 

出典:ANNnewsCHYouTubeより

 
報道によると、男を逮捕するため捜査員が自宅(筑西市小川)に訪れ、母親に任意同行の説明をしていたところ、2階のベランダから逃走したとのこと。
 
つまり、母親につきっきりで、肝心の本人は放置していた(?)ということになる。しかも、ここがポイントです。
 

捜査員は5人いたらしい。自宅周辺にいた捜査員も、気づいたものの、取り押さえられなかった

 
ちょっと~
 

「逃走」する可能性をみて配置しないんですか?

 

スポンサーリンク


 
捜査員の対応などに、疑問や批判が飛び交っているということは、言うまでもなく…
 

「裏&窓から逃げる事を想定すべきでしょう」
「現場に行った警官達トロ過ぎないかw」
「また逃がしたのかよ。今年何件目だよ!」
「詰めが甘かったでは済まされない」
出典:Yahooニュースより

 
結構、言われ放題です。
 
たしかに、家の中に5人、外にも数人の捜査員がいたにもかかわらず、誰一人捕まえられなかったというのは、不可解というか、信じがたいというか、ありえないというか、何というか…
 
それだけでなく。
 
この男も凄い。家の中、周辺にこれだけ警察がいるっているのに、逃走を成功させちゃうんだから。なんか、やっすいドラマみたいな展開…
 
って、笑い話じゃないんです。
 

顔写真と名前を公開してください!

 


出典:@news_line_meツイッターより

県警100人態勢で行方を追っているものの、17時・時点で確保されておらず、現在も逃走を続けている模様。5人のうち1人でも部屋に配置しておけば、100人も出動することにはならなかったのに、ねぇ…
 
男の逃走に、周辺住民は気が気でないだろう。
 
何せ、カラオケ店で他人をボッコボコ(骨折などのけが)にしたうえ、潔く捕まった友人を裏切り(っていうのか?)、ひとり逃げ回っているというのだから!こんな悪質・凶悪な男を、放置してはおけない。
 

男の年齢は20歳で、身長170センチ、やせ形。逃走時の服装は「灰色の半袖Tシャツに紺色のハーフパンツ」

という特徴が公開されている。が…
 

 
20歳の170センチなんて、そこらじゅうにいるわ!
 
逃走時の服装なんて、あてになりゃしない。このくっそ寒いのに、今もTシャツ&ハーフパンツ(家着でしょ?)のままいるわけなかろう!
 
顔写真と名前を公開してくださいよ…
と、視聴者は訴えている。
 

樋田淳也の二の舞?「逃走」流行っちゃうね

 
樋田淳也とは。ご存知ない?
もうすぐウィキペディアに載りそうなくらい有名だぞ…(うそ)
 

出典:SankeiNewsYouTubeより

 
今年5月、強制性交や強盗致傷などの容疑で逮捕され、8月に警察署の2階・面会室で弁護士と話した後、1人になったところ隙を見て逃走した、あの男だ。この時も、警察の対応には散々なバッシングが飛び交ったというのに…
 
また、なにをやっているんだ~
 


出典:ツイッターより@iNewsOsaka

当初も、「日本の優秀な警察がすぐに捕まえてくれるだろう」と安心していたが、逃走から45日以上経った現在も、未だ身柄は確保されていないという…
 
樋田容疑者の能力が長けているのか、警察が…なのか。
どちらなんでしょう。
 
今日逃走した20歳の男も、すぐに捕まるとは限らない。年を越しても、どこかで身を隠していたりして。
 

超・逃走中 あつまれ! 最強の逃走者たち Welcome Price!! – 3DS
 
リアル版、流行りそうな予感…(絶対ダメ)
 
茨城県では、筑西市と結城市で防災無線による警戒を呼び掛けているとのこと。また、小中学校に戸締まりの徹底など、注意を呼びかけている。
 
このままなにごともなく、捕まって(もしくは自首)くれればよいのだが…
 

スポンサーリンク


 

 

危機ニュースカテゴリの最新記事