「風呂の湯巡って喧嘩とかw」娘にDVで逆に交番相談員(濃野雅士容疑者)が逮捕される<兵庫・姫路市>

「風呂の湯巡って喧嘩とかw」娘にDVで逆に交番相談員(濃野雅士容疑者)が逮捕される<兵庫・姫路市>

 

スポンサーリンク


 
決して笑いごとではないのだが、色々とツッコミどころが満載で、ネットでは「ネタ」として扱われている、この事件…
 

親子喧嘩で逮捕された大阪府警交番相談員

 


出典:@kobeshinbunツイッターより

大阪府警の交番相談員が、暴行の疑いで逮捕された。しかも、「実の娘」に対しての暴力で…
 
報道によると、容疑は23日(日)午後8時半頃のこと。兵庫県姫路市網干区にある自宅で、同居する28歳の娘を平手で殴った疑いが持たれている。
 
そうか。
実の娘であっても、暴力を振るって「通報」されれば逮捕されてしまうんだな…
 
暴行の疑いで逮捕されたのは、大阪府警曽根崎警察署の交番相談員=濃野雅士(のうの まさし)容疑者・60歳。この親子の間で、いったい何があったのか?
 
と、いうと…
 

喧嘩の原因は「風呂の湯を巡ってのトラブル」

 
おいおい…
 

 
「湯を巡って」の概要は、被害に遭った娘が「今日は湯量を増やしてやったぞ」という言い方をして、それにブチ切れた模様。
 

温度は調整できるものがほとんどだよね
湯量も一定で止まるようになっているし…
旧式かな?

 
「湯量」については色々と疑問もあるが、それだけで娘をブン殴るとか!!昭和初期の世界観。平成も終わろうとしているのにねぇ…
 
で、概要を紐解いていくと
 

「アル中おじさん」ということが判明

 

スポンサーリンク


 
いや、「アルコール中毒」かどうかは不明だが、調べに対し「手を払ったけれど酒に酔っていたからよく覚えていない」と供述していることから、「酒に酔っての犯行」ということは間違いない。
 

出典:チャンネルなうYouTubeより

 
お酒ってコワイねぇ…
人を狂わせる。その後の人生も。
 
しかもこの男、逮捕されたのはこれが初めてではないというから驚かされる。
 

既に駅員への暴行容疑で逮捕されていた

 
そう…
 

出典:サンテレビYouTubeより

 
2017年の4月に、同・姫路市内の駅で駅員に暴行し、逮捕⇒起訴猶予となっていたというのだ…
 
濃野容疑者は、定年退職後の今年4月から曽根崎署の交番相談員をしていたそうで、つまりは起訴猶予になった後に、交番相談員として雇われたということになる。
 
え~っ
そんな人、交番相談員として雇っていいんですか??
 

交番相談員(こうばんそうだんいん)は、日本の都道府県警察において再雇用職員(地方公務員特別職嘱託員)として各交番に勤務している警察職員である。国家公安委員会の「地域警察運営規則」で定義されており、主に60歳から65歳の警察官OBで構成されている。
出典:Weblio辞書より

 
この概要からすると、元警察官ってことでしょ?
大丈夫なんか~
 
暴行により逮捕された男が交番相談員として勤めているのも、風呂の湯量で娘を殴るのも、信じがたいことではある。
 
が、この事件。もっと驚かされることが!
 

娘も暴行の疑いで現行犯逮捕されている

 
ちょっとww
 
DV(ドメスティックバイオレンス)っていうから、娘さんがさぞかし酷いことをされて、日々オヤジに怯えて生活している、みたいなイメージを抱いてしまったけど…
 


出典:@news_line_meツイッターより

そうか。
そもそも、「今日は増やしてやったぞ」という、超上から目線の暴言を吐いたことで、事件に発展したんだものね。お前もお前だよ、と突っ込まれるのも無理はない。
 
しかも、この娘も濃野容疑者の肩を殴り返し、同・暴行の疑いで現行犯逮捕されたっていうから、何かもう、何がなんだかワケわかんないんですけどw
 
「DV(ドメスティックバイオレンス)をされた」と110番通報した本人も、ドメスティックだったっていうオチ。
 

親しい仲にも「暴力」はダメ!

 
今回の事件には、さまざまなコメントが投稿されていて…
 

「何で逮捕された犯人が警察署で勤務してるの?」
「長女もなんだかごつそうなイメージ」
「風呂の湯量で家族ゲンカして親子逮捕は笑う」
「お湯の温度とか量の好みは個人差出るな」
出典:ツイッターより

 
ひとまとめにすると、「笑いのネタ」になっているという感じだが…
 

酔うと化け物になる父がつらい
 
この親子のように、親しい仲でも暴力を振るえば「逮捕」されてしまう可能性もあるということを、お忘れなく。気を付けないと、あなたも私も、いつか当事者になってしまうカモ…(?)
 
しかし、この報道は衝撃的だった。「見出しがboketeのボケかと思ったら現実だった」なんてコメントも投稿されていたしねw
 
そして、悲惨な事件ではなく、こうして笑い話にできるレベルのもので、本当によかった。
 

スポンサーリンク


 

危機ニュースカテゴリの最新記事