【世も末】兵庫県警の巡査長が娘にわいせつ(近親相姦)で逮捕「何で名前と顔を出さないの?」

【世も末】兵庫県警の巡査長が娘にわいせつ(近親相姦)で逮捕「何で名前と顔を出さないの?」

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
常識なんてクソ食らえ…?
 

40代の巡査長が娘にわいせつ容疑

 
タイトルからして目を疑うのだが…
 


出典:@mainichiツイッターより

 
先月30日(木)、兵庫県東部の警察署に勤務する40代の男性巡査長が、「監護者わいせつの疑い」で逮捕された事件。
 
監護者わいせつの疑い?耳慣れない方は、以下をご参照いただきたい。
 

刑法第176条から第178条までの罪(強制わいせつ,強制性交等,準強制わいせつ,準強制性交等)とは別に,18歳未満の者を現に監護する者がその影響力があることに乗じて性的行為をした場合について,新たな犯罪類 型として,監護者わいせつ罪及び監護者性交等罪を設けることとされた。
出典:Hatena Blogより

 
これは、家庭内での性的虐待が問題視されたことを受け、昨年7月に施行されたものだという。
 

被害に遭ったのは10代の娘

 
被害に遭ったのは、巡査長の娘で10代の少女。年齢などの詳細は明らかになっていない。
 

父-娘 近親姦―「家族」の闇を照らす
 
10歳の子と、18歳の子ではまた印象もかわってくるが、どちらにしても彼女が受けたショックの大きさと、父親(巡査長)狂ってることには変わりない。
 
「連れ子なのかな?」、「血がつながっていないとか?」などの予想も浮上したが、それも繋がりがある、ないは、もはや関係ない。
 

それで母親はどうした?

 
どの記事にもまったく登場しない「母親」の存在。そのあたりは、まだ取り調べの段階なのかもしれないが…
 


虐待のケースと同様に、母親が夫を恐れて何もいえず、そのまま放置していたパターンか。母親にはまったく気付かれないように犯行に及んだのか、それとも既に他界しているのか。
 
報道によると、被害に遭った娘は児童相談所に保護されていて、児童相談所から通報を受け県警が巡査長を逮捕したのだという。娘がどういう経緯で児童相談所に保護されたのか…ということが分からないため、母親の存在も見えてこない。
 

わいせつ罪は実の親が最も多い?

 

スポンサーリンク


 
事件へのコメント、ツイッターの投稿には、こういった意見も多く寄せられていた。
 
「最も多い」かどうかは不確かだが…
 


出典:@kyoto_npツイッターより

前述の「監護者わいせつの疑い」で調べてみると、たしかに多くの事件が浮上する。
 
「事件」になっているものだけでこれだけあるのだから、闇に葬られたものを含めれば、驚くほど同様の事件は起きている…かも、しれない。
 
その理由として、被害にあった娘(息子)が、「父親だから」という理由で誰にも相談できないということが挙げられている。親への思い、世間の目、など…自分に置き換えたら、たしかに伏せたままにしてしまうだろう。
 
普段は「とっても優しい父親」なら…
 

風俗には「行けなかった」のかな?

 
という疑問も浮上したが…
 
警察はじめ公務員が風俗店に「行ってはいけない」という規則はなく、援助交際など公序良俗に反しなければ民間人となんら変わらない。
 
つまり、「行けなかった」という理由で娘に手を出したというワケではない。が…
 


一連の「ロリコン事件」と同様に、“若さ”を求めるのであれば、18歳未満が働けない風俗店では、特殊な性欲を満たすことはできない。とはいえ、ツイッターなどで知り合うには(立場上)リスクが高すぎる。かといって、娘にいくというのも考えにくい…
 
中には、「我が娘がだれよりも愛おしい」という父親もいるのだ。その「愛おしい」が、違う意味にかわってしまうケースもあるが。
 
この父親…
 

何で顔も名前も公表されないの?

 
と、「警察の特権」にご立腹の国民も多く、「次、一時停止とかで捕まったら説得力ないわ!って叫んだろw」などと騒ぎ立てるネット民も…
 


警察が逮捕された事件については、「顔がない」、「名前がない」と報道へのクレームが殺到する。「モミ消している」なんて噂もあるが、むしろ警察による事件の方が大々的に取り上げられやすいという見解もあり、詳細は不明。
 
ただ、この事件については「個人を特定するようなことは絶対してほしくない」という意見もあり、それは「娘さんがこれから健やかに生きていくため」にしない(騒がない)方がいいからだ、というもの。
 
まったくその通り…
 

少女(娘)の将来が心配

 
この男への批判、そして警察への不満より、彼女に対して心配する声が多数寄せられた、今回の事件。男性不信になってしまい、幸せな結婚をできない、働くことすらできなくなったらどうするのか、と…
 


出典:@oxgakuoxツイッターより

先日放送されたドラマ『健康で文化的な最低限の生活』(フジテレビ)でも、医師の父親が自分の息子に性的暴行を加えるという、衝撃のシーン(設定)が登場したが…
 
改正刑法で「監護者わいせつの疑い」が新設されたということは、ドラマの世界だけではなく、現実にもそれだけ起こっているということだろう。
 
刑を重くすることも大事だが、被害に遭った子供たちへのケアをしっかりと行っていただきたい。
 

スポンサーリンク


 

危機ニュースカテゴリの最新記事