小林麻耶が結婚…って相手は誰?「海老蔵とくっつきそう」って言ってたのも誰?

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
各々、発言には責任をもちましょう
 

小林麻耶が結婚を発表

 


出典:@sponichibunshaツイッターより

フリーアナウンサーの小林麻耶が、自身のオフィシャルブログ「まや日記」で、今月24日(火)に結婚していたことを発表した。
 
ブログによると、お相手は「4歳歳下の優しい男性」とのことで、出会いや職業など、詳細は明らかになっていないが、おそらく一般男性かと思われる。
 
“優しい男性”としか記載がないので、何ともいえないが…
 
また、結婚できたことを“ミラクル”と自虐し、「このミラクルは妹がいなくなり、あまりにも私が悲しみ続けていたので、天国でみかねた妹からの最高のプレゼントだと感じています」と綴っている。
 

妹・麻央を支え続けた美しき姉妹愛

 


出典:@livedoornewsツイッターより

2017年6月22日に死去した妹の麻央(享年34)を、献身的に支え続けていた小林麻耶。
 
妹の闘病中はメディアの露出もほとんどなく、病院での付き添いや、2人の姪・甥(麗禾ちゃん、勧玄くん)の世話をしたりと、看病に徹していたことが「ぶりっ子キャラだったけど見る目が変わった」など、高く評価されていた。
 
また、彼女が亡くなった後も、家で子供の面倒をみたり、入学式に出席したりと“母親代わり”のような役割を果たしてきたワケだが…
 

伯母がそこまでするか?

 
と、冷ややかな反応も出はじめ
 

「あなたは母ではなく叔母でしょ?」
「叔母がしゃしゃり出ても母に代われない」
「叔母キャラで巻返えそうってか?」
「出しゃばるのはもういいと思います」
出典:ツイッターより

 
まったく理解できない形で、好感度が下がる(?)という現象が起きる…
 


出典:@oriconツイッターより

一方、義弟にあたる市川海老蔵は、子どもたちのために色々してくれることに対し「叔母心。優しいな」と、感謝の意を表していたが、今度はこんな噂が浮上してしまうという…
 

この2人、そのうち再婚しそう

 

スポンサーリンク


 
どれだけ想像力豊かなんだと、失笑してしまうが…
 

「どうせもう海老蔵に食われてんだろう」
「麻耶は海老蔵のファンだしね」
「麻央の入院中に自宅でヤりまくってた」
「間違いなく海老蔵との再婚狙ってる顔」
出典:ツイッターより

 
こういった、ネットの誹謗中傷のみならず
 


出典:@WomanExciteツイッターより

メディアまで、「親を交えて結婚話の婚前旅行」などと報じてしまっているのだから恐ろしい。
 
ちなみに、当の市川海老蔵は1977年12月生まれの40歳。年齢でいうと小林麻耶(39)のひとつ上で、“優しい男性”はひとまず、彼ではないことがわかる。
 
そういえば、彼らにはこんな噂も囁かれていた…
 

アクセス数を稼ぐために利用するな

 
何かと闘病中の妻・妹をブログで取り上げる両者に、「金儲けに病人を使うなんて最低」、「ステマの道具に利用するなんて許せない」などの批判が寄せられ…
 


出典:@sirabee_newsツイッターより

彼女が死去した後も、麗禾ちゃん、勧玄くんのことを頻繁に取り上げたことについて、「何も知らない純真な子供達を使ってアクセス数稼ぐな!」などのバッシングが、一部間で飛び交った。
 
まさかとは思うが、何の根拠もなく、自身の妄想で散々に批判してきたあなたたちが…
 

末永く幸せな人生を歩んで欲しい!

 
なんて、シレっとコメントしてはいないだろうな…(?)
 

「悲しみを乗り越えた分沢山幸せになって下さい」
「誰も文句言わないと思う。おめでとう!」
「麻央さんもきっと喜んでいるよ~」
「すごく嬉しいのとなんだかホッとしました」
出典:Yahooニュースより

 
まさか、ね…
 
Yahooアカウントやツイッターは、過去の投稿を遡ることができるが、その投稿自体を削除し証拠隠滅をはかる、悪質なネット民も多いと思われる。アカウント自体を削除されたら、それまでだし…
 

インターネット誹謗中傷・風評被害事件ファイル
 
そもそも、どこの誰が投稿しているかも分からないワケで、“存在していない誰か”のコメントなどは、完全スルーしてもまったく問題ないかと思うが
 
そうもいかないのが、ネット社会の常…
 
そういったこともあり、心優しい視聴者からはこういった指摘もされている。
 

マスコミには注意してね…

 
本人の口から明かされるかもしれないが、“お相手”について「誰」なのか嗅ぎまわるマスコミが、先回りして報道する可能性も高い。
 


故・小林麻央の訃報も、夫・市川海老蔵の報告を待たず報じたことが、波紋を広げた。
 
今は「幸せになってください!」などの好感触なコメントしかみられないが、これが超セレブの「IT社長」と判明したら、世間の反応はどうだろう。
 
報道のされ方次第では、またプチ炎上を起こすことも、ないとはいえない…
 
本人の言動ひとつも見逃さない、聞き逃さない、ゴシップ大好きなネット民。浮かれすぎて、ブログに夫とのノロけ話を連発するようなキャラではないかと思うが
 


出典:@news_line_meツイッターより

前例があるだけに、どうか同じ轍を踏むようなことがないことを祈る…
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい