再逮捕間近?精神鑑定中の小倉泰裕容疑者逃走中<名古屋・東尾張病院>顔写真も公開“元妻”への恨みか

 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
またも、脱走逃亡犯…
 

精神鑑定中の容疑者が逃走

 


出典:TBSNEWSツイッターより

22日(火)午後9時15分頃、名古屋市守山区にある国立病院機構東尾張病院(ひがしおわり)から、鑑定留置中だった男が逃走した事件。
 
報道によると、容疑者が留置されていた部屋は2階の個室で、部屋のドアは内側から開けることはできず、内側からは開けられない仕組みのため、換気用に設置されている腰高窓を無理やり開けて脱走した模様。
 
この窓は、開くと無断退去防止用のアラームが鳴る仕組みになっていて、鳴ったことに気付いた看護師が部屋に駆け付けたところ、同容疑者が脱走していることに気付き、警察に通報したという。
 
なんだか映画やドラマみたいな話(展開)だが、こういうことは現実に起こりえる…ということだ。
 

逃走した容疑者の名前と顔写真を公開

 
病院から脱走したのは、小倉泰裕(おぐらやすひろ)容疑者
 

出典:CBCニュースYouTubeより

 
この男、「57歳」だというから驚きだ。
 
というのも、病院の窓から脱走する際に、雨どいに服を結びつけロープ状にし、これを伝って地上に降りた後、病棟を囲む高さ3・5メートルのフェンスをよじ登って脱走したというのだ。この身体能力の高さ、とてもアラカンとは思えない…
 
病室の窓は10センチほどしか開かないらしく、この隙間をこじ開けうまく脱走したとのこと。褒められることではないが、この手際の良さ(?)にもある意味関心してしまう。
 
小倉容疑者は身長167センチの痩せ形。自身の体系と身体能力を生かしての脱走、ということだろう。髪型は写真でもおわかりの通り黒の短髪で、服装は長袖のシャツに長ズボン、色などは明らかになっていない。
 

周辺は小学校もある住宅街

 

 
小倉容疑者が脱走した<国立病院機構東尾張病院>は、周辺に幼稚園や小学校もあるファミリー層中心の住宅街。
 
この脱走報道を受け、名古屋市の教育委員会は「市内全ての小中学校と幼稚園は、男が確保されるまで登下校中に教員が見守りを行うこと」と通知し、緊急情報のメールを送るなど子供もたちの安全を確保するよう求めている。周辺の小学校では、今日行われる予定だった校庭での授業や、休み時間の外出も中止しているとのこと。
 
周辺は人通りの少ないところもあるようで、住民の不安は広がっている。…が、逃走中の犯人が“あえて”現場周辺に居座る…ということも考え難く、またこんな情報もあがっているという。
 

似た男の目撃情報アリ

 

スポンサーリンク


 
同愛知県犬山市内にあるコンビニ(ファミリーマート)で「似た男」の目撃情報があり、警察は行方を追っている。
 


出典:愛知県警察あんあん情報(公式)ツイッターより

報道によると、目撃された周辺には小倉容疑者の勤務先があるようで、20キロも離れたそこに逃走したのは、匿ってもらえる当てがある、もしくは身を隠しておける場所があるのでは?などの予想もあがっていた。
 
その通り、この目撃者とは小倉容疑者の元上司ということで、「金を借してほしい」と頼まれたという。このあたりまで来れば、誰かしらに会えると思ったのだろう。
 
しかし、そんな遠くまで逃走できるものなのか…
 

過去には同様の逃走事件も

 
NHKニュースの報道によると、過去にも鑑定留置中の容疑者が医療施設から逃走する事件はあった。
 


出典:NHKニュースツイッターより

ここでは、2014年に起きた福岡市内の病院から逃走した事件、2002年に北海道・千歳市の病院から逃走した事件が取り上げられていて、福岡の事件は5時間後に市内で、千歳市の事件は翌日身柄を確保されている。
 
何も持ち合わせていない、無防備な容疑者がそんな遠くまで逃げられるはずもなく、普通に歩いているには不自然な服装など、捕まりやすい要素は満載。過去の事例からみても、小倉容疑者が再逮捕されるのは時間の問題ではないだろうか。
※追記:小倉容疑者は自転車(おそらく盗難車)で移動したものとみられている。
 
しかし、先月末に話題になったあの事件では…
 

数週間、逃走したケースも

 
先月4月8日に愛媛県今治市の松山刑務所から脱走し、大きな話題となったこの事件。
 


出典:朝日新聞ツイッターより

脱走した平尾龍磨容疑者が身柄を確保されたのは、同月30日。つまり、3週間近くは捕まらなかったことになる。
 
しかも、四国にある愛媛県今治市から(捕まった)広島市南区の路上までは100キロ以上あり、車でも2~3時間はかかる。本州との間を泳いで渡ったなど、かなり特殊…というか信じがたいルートで逃げていたようだが、こういうこともないとは言えず、小倉容疑者が「直ぐに捕まる」かどうかは分からない。
 
この平尾容疑者が脱走した理由は、「刑務官からのいじめに耐えられず、妻や子供に会いたかった」とのことだが、小倉容疑者はいったい何の目的で逃げたのだろうか。
 

元妻が危ない!?恨みによる犯行か

 


出典:メ~テレnewsツイッターより

小倉容疑者は、離婚した元妻の家に火を付けた疑いで2月に「現住建造物等放火容疑」で逮捕され、精神鑑定を受けるため3月から入院していたという。
 
放火といえば、「ムシャクシャしていたからやった」など、顔見知りではなく他人の家に火をつけるケースが多いが、「元妻の家」というあたり、何かしらのトラブルや恨みがあった可能性も考えられる。
 
とすると、元妻が危ない…(?)
 
警察もその辺りを(おそらく)捜査していると思われるので、ダイレクトに元妻の家に行くということは考え難いが、とにかく誰も被害を被ることなく、無事この男の身柄が確保されることを願うばかり。
 
しかし、57歳にしてこのアクティビティ。犯した犯罪はとんでもないが、なかなか凄い人である…
 

スポンサーリンク


 
※追記 5/24
 


出典:テレ朝newツイッターより

23日19時半頃、名古屋市緑区鳴海町にある家電量販店でを捜査員に発見された小倉容疑者。どうやらベンチに座っていたようで、前日の夜から逃げ回り、疲れてしまったのだろう…(か?)
 
ひとまず、誰かに危害を加えたり、大暴走したりする前に確保されて周辺住民も安堵の思いだろう。
 

あわせて読みたい