日大・宮川選手の謝罪会見「勇気に拍手」などツイッターに絶賛の嵐(?)内田“前”監督の逮捕はあるのか

日大・宮川選手の謝罪会見「勇気に拍手」などツイッターに絶賛の嵐(?)内田“前”監督の逮捕はあるのか

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
顔と名前を晒し、謝罪
 

日大の宮川選手が謝罪会見

 
6日に行われたアメリカンフットボール『第51回定期戦』で、日本大学の選手が関西学院大学の選手に悪質なタックルをし、負傷させた問題。これを受け、加害者である日大の選手が本日22日(火)午後に日本記者クラブで記者会見を行った。
 

出典:朝日新聞社YouTubeより

 
宮川選手は実名と顔をあえて世間に晒し、謝罪。これは異例のことだと代理人も話している。
 
緊張している様子は伺えたが、記者の質問には冷静に受け答え、怪我をさせた関学大の選手への“誠意ある”謝罪、監督やコーチからの指示について、タックルするまでの経緯、自身の非、反省…など、時にうつむきながら話した。
 

コーチ、監督からの指示は“あった”

 
井上コーチ、内田前監督から、反則行為についての指示があったかどうかについては「明確にあった」とのことで…
 


出典:毎日新聞ツイッターより

試合の前日内田前監督から「1プレー目で関学のQBをつぶせば試合に出してやる」という話があったことを井上コーチから伝えられ、「QBをつぶすので僕を使ってくださいと監督に言いにいけ」と指示され、たという。
 
これについて、日大広報部側は「そう指示したことは事実だが、プレーとして思い切って当たってこいという意味合いで、誤解を招いたとすれば言葉足らずだった」としている。
 
はたしてこれは、ニュアンス・受け取り方の違い…なのか?
 

やらなきゃ意味ないからな

 
宮川選手は、「ここでやらなければ後がない」と考え、コーチに確認した後、内田前監督に「相手を潰すので使ってください」と言いにいったとのことだが…
 


出典:朝日新聞ツイッターより

内田氏には「やらなきゃ意味ないよ」と言われ、井上コーチには「思い切りいってこい」と背中を押されたという。この圧力たるや…相当のものだろう。
 
ここでいう、「やらなきゃ意味ない」、「思い切りいけ」が、前述の「プレーとして思い切って当たってこい」という意味合いだったのかどうか。これは言った本人が「そうだ」といえば否定はできないが、視聴者や報道番組のコメンテーターなどは、「そんなハズないだろう」と総ツッコミしている。
 
また、今日の会見では「相手選手を潰して秋のリーグ戦に出られなかったらこっちの得だろう」と内田前監督が話していたことを証言。しかも、あのタックルについては「何であんなことをしたのか?」という質問や注意は一切なかったそうで、これでは「けがをさせろという意味ではなかった」は通用しないだろう。
 

すぐわかるアメリカンフットボール―ルールと試合
 
さらに、こんな事実も発覚。
 

監督から「謝罪はするな」

 
今日の会見で、「負傷した関学大の選手とチーム関係者に、個人として謝罪をしたいと申し上げたが、監督からはそれを止められた」と代理人が暴露。また、12日には本人とコーチが関学大に謝罪しに行ったそうだが、「申し入れ文書に対する回答がない限り謝罪は受けられない」と断られたことを明らかにしている。
 


出典:日刊スポーツツイッターより

こういった過程が大々的に報じられていないことについては、「何か意図があって隠していたのか?」、「その事実が明らかになっていれば、彼の印象も全然違うのに」などの批判も…
 
しかし、今日の会見でその「印象」を挽回したことは間違いない。
 

謝罪した選手に絶賛の嵐

 

スポンサーリンク


 
「顔を出さない謝罪はない」と考え、あえて撮影を受けることにした男気に…
 

「逃げない姿勢は今後の人生で役に立つ」
「彼の勇気に先ずは拍手」
「めちゃくちゃ好青年に見える」
「辞任した監督は見習うべき」
出典:ツイッターより

 
ネット上では、絶賛の声が飛び交っている。
 
また、この会見で「アメフトが好きでなくなった」、「アメフトを続ける権利もつもりもない」と発言したことに、「若い才能を潰したくない」、「宮川選手を応援したい気持ち」、「アメフトを続けてほしい」などの応援メッセージも寄せられている。
 


出典:BIGLOBEニュースツイッターより

視聴者のみならず、関学大の鳥内監督も「行為については許されるものではないが、勇気を出して真実を語ってくれたことには敬意を表したい」とコメントした。
 
一方、この誠実な青年と比較されたあの人は…
 

とても謝罪会見とは思えなかったんだが

 

出典:ANNnewsCHYouTubeより

 
19日(土)に行われた内田前監督の謝罪・辞任会見には、「ふざけんな」とネットが大荒れ。
 
頭を深く下げて謝罪し、「全て私の責任」とした上で監督を辞任することを発表したものの、ピンクのネクタイで登場し、報道やネットでの憶測・批判が相次いでいることに対し「心外」発言をしたこと、指示をしたかについては「コメントを控える」とかわしたことが、さらに炎上させる火種となってしまった。また、監督は退任したが、日大の役職はそのまま…ということについても、納得いかないという批判が殺到している。 
 
この両会見を比較してみれば、違いは明らか。内田氏も迅速な対応をし、言い訳がましい発言をしなければ、ここまでの騒動に発展しなかったものを…
 
対応の違いでこれだけ「印象」が違ってくるワケだが、あのタックル動画が報じられた直後には、当の宮川選手にも様々な批判、憶測が飛び交っていた。
 

「とんでもない選手」ボロクソ叩かれ…

 
真相が明らかになるにつれ、宮川選手に対する批判は徐々に減っていったものの、あの「タックル動画」が報じられた直後には、「平気で反則繰り返す常習犯」、「素性もとんでもない奴だった」などの記事、動画がアップされていた(今も残っている)。
 

出典:THE PAGE(ザ・ページ)YouTubeより

 
今日の会見では、自ら「名前の公開と顔出し」をしたワケだが、悪質なネット民は画像を拾って添付し「こいつがその選手。ツイッターのアカウントは…」など許可なく個人情報を晒していたことになる。下手したら、そんな投稿をしていた人物が、手のひら返しで「勇気があって誠実だった」なんてつぶやいていたりして…(?)
 
内田前監督についても、ネットで飛び交っている憶測、噂が事実かどうかは分からない。当サイトも含め、ネットの情報を鵜呑みにしてはいけないということだ。そして、何気なくつぶやくその「内容」にも注意しよう。
 
さて、今後“どうなるか”が注目されているのが、加害者側の彼らが罪に問われるのかどうか…
 

「逮捕」の可能性もゼロではない

 


出典:スポーツNEWS★botツイッターより

日刊ゲンダイが報じたこの記事によると、警察が「選手と監督の悪質な共謀」とみなした場合、「共謀共同正犯」に問われる可能性があるという。
 

考えられるのは『共謀共同正犯』。ヤクザの親分が子分に誰かを傷つけてこいと命じた場合に適用される罪です。ヤクザ事件と同じように、警察はまず実行犯である選手を逮捕し、事情を把握してから監督を逮捕という手順でしょう。全治3週間なら2人とも求刑10月~1年程度。ただし、違法行為をためらっている選手を監督が脅してタックルさせたと認定されたら、判決は選手が懲役8月、監督は1年2~6月と、監督のほうが罪が重くなると思われます
 <出典:livedoorNEWS

 
この場合、ポイントとなるのは内田氏が「反則を容認していたかどうか」ということ。また、宮川選手も故意・悪質性がある場合は「傷害罪」に問われる可能性も「100%ない」とはいえない、という…
 
過去にはプロ野球でコーチが審判に暴行し、傷害事件として捜査されたこともあったが、今回のタックル騒動は“グレーゾーン”なため、報道番組や取材を受けた弁護士たちも「そういう可能性がある」としか言えないようだ。
 
しかし、大学で部活に励んでいた一学生が、この数週間で「超有名人」になってしまうのだから、人生は分からない。こんな大きなニュースでも、1年後には「そんなこともあったっけ」…と風化していくワケだが、当事者はそんな簡単に割り切れるはずもなく、これからもこの問題と戦っていかなければならない。
 
被害者、加害者、その家族、そして日大、関学大の選手たちが、少しでも早く元の穏やかな生活を取り戻すため、我々ができる唯一のことは「これ以上騒がないこと」なのかもしれない…
 

スポンサーリンク


 

スポーツカテゴリの最新記事