【老害】日大アメフト部の内田正人監督に批判殺到「謝罪させて追放!」悪質タックルした選手の名前や顔も晒され…

【老害】日大アメフト部の内田正人監督に批判殺到「謝罪させて追放!」悪質タックルした選手の名前や顔も晒され…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
ここまでの大騒動に発展するとは…
 

「タックル騒動」更に過熱

 
5月6日(日)に行われた、関西学院大学と日本大学のアメリカンフットボール定期戦(東京・アミノバイタルフィールド)で、日大の選手が関学大の選手を後ろからタックルし、負傷させた問題。
 

出典:日刊スポーツYouTubeより

 
問題というか、もはや事件に発展している。
 
専門家やコメンテーターも、この行為、指示についてかばうような意見は一切なく「あり得ない」とバッサリ切り捨てている。さらには、日大側がこんな回答をしてきたというから、余波は更に広がりをみせている…
 

仰天発言「私たちの指示ではない」

 


出典:ハフポスト日本ツイッターより

報道によると、日大側は「意図的な反則行為を教えることはなく、指導者の指導と選手との受け取り方に乖離があった」と、責任を選手に転嫁するような回答を示し、内田正人監督の「あれくらいやらないと勝てない」というコメントについては、「規則に基づいて指導しており、規則に違反してよいというものではない」と違反行為を指導したことについて否定し、監督のコメントを撤回した。
 
しかし、規則に基づいて指導しているわりには、あの行為があった後、選手に注意をするなど何かしらの対応をしていない…どころか、動画に映る様子からは、「よくやった」的な雰囲気で(?)迎え入れているようにも見える。
 
当然…
 

関西学院大学側はご立腹

 
日大からの回答について、関西学院大学側が17日(木)に急遽会見。
 

出典:THE PAGEYouTubeより

 
関学大の小野宏ディレクター(左)は、「被害に遭った選手と保護者への謝罪がないのは遺憾」と表明し、日大がコメントした“指導者と選手との乖離”についての調査を求めた。また、3度の違反行為について「なぜ交代させなかったのか?」と指摘。悪質タックルをした選手が、過去の試合では同様の反則プレーをしていなかったことも話している。
 
鳥内監督(右)も、「この行為を受け入れてしまったらスポーツは成り立たない。責任者が被害に遭った選手や保護者に謝罪するのが筋」と激怒。「相手を故意に傷つけるような行為は、してはならないと指導するのが当然」と、ごもっともなコメントをしている。
 
そもそも、日大の謝罪会見より先に、関西学院大学が記者会見を開いている時点で良くわからない。
 

日大の選手たちもブチ切れた!?

 
これを受けて、日大の現役部員からも「納得できない」と不満の声が上がっているというのだ…
 


出典:AERA dot.ツイッターより

さらには、内田監督への「クーデター計画」まであると報じられている。
 
記事によると、これまでも様々な圧力や不満募るようなことがあったようで、今回の騒動(回答)を受け「我慢の限界。何らかの形で法的な手段に出るか、集団で辞めるなど大きな動きがある」と現役選手がコメントしているそう。
 
彼らは事実を知っているワケだから、これら報道に間違いがなければ納得できないのも無理はない。公式な場で謝罪もせず、選手に責任転嫁し逃げ回る(?)内田正人監督。
 
世間の声も冷ややかだ…
 

まさに日本の老害代表

 

スポンサーリンク


 
ネット上には、内田監督に対するバッシング投稿が絶えない。
 

「内田は即刻懲戒解雇」
「内田のカスをとった日本糞大学」
「雲隠れとか許されないんだが」
「まさに日本の老害代表だね」
出典:ツイッターより

 
その他、記事にはし難いような凄まじい言葉で罵るネット民も多数…
 
この「老害」というワードを用いて批判する視聴者も多く、「権力をもった老害はろくなことしない」など、不祥事を起こした政治家へのバッシングのような投稿も多数見受けられる。
 
更には…
 

顔も悪質!谷岡郁子みたい

 
ビジュアルへの不満(?)をブチまける人も…
 


出典:産経ニュースツイッターより

こういった騒動を起こしたからか、「顔も悪質」に見えてくるようで…
 

「人格破綻しやすい顔なんだな」
「顔で人となりは分かるものだ」
「顔が犯罪者だわ」
「麻原彰晃みたい。顔もちょっと似てる」
出典:ツイッターより

 
など…もはや犯罪者扱い。
 
さらには、過去に問題を起こした老害(?)と呼ばれた人物、森喜朗や籠池泰典などに似ているとの指摘もあり、中でも特に多かったのが、この人の人相と重なるという声だ。
 

出典:KyodoNewsYouTubeより

 
「どっちもパワハラ顔」、「思想が近いと顔が似てくるのかも」なんてコメントを添え、ハッシュタグまで付けられて…
 

年配者が時代についていけてない?

 
日大のコーチが念押しで「(悪質タックルを)やらないってことはあり得ない」というような指示を選手にしたとか、「1プレー目で壊せ」と圧力をかけたとか、「俺の言うことを聞けば試合に出してやる」だとか…
 
そういった、いわゆる“パワハラ”的言動がまかり通ると勘違いし、“あの頃”にように権力のある人間は「何でももみ消せる」と勘違いしているのであれば、「もう2018年だよ」と、誰か彼(ら)に教えてあげた方がいいのかもしれない。
 
ここ最近は、相撲やらレスリングやら、スポーツ界で同様の騒動が起きて大ニュースになっていたというのに、自分たちは大丈夫とでも思っているのだろうか。それとも、ニュースすら見ていないのだろうか(?)
 


出典:AERA dot.ツイッターより

カンニング竹山氏も言っている。「時代遅れ」だと…
 
そして、対応が後手に回ったケースで悪印象を払拭した例も、ほとんどない。
 

もっと早く謝罪しておけばねぇ…

 


出典:産経ニュースツイッターより

関学大が会見を行った17日、日大側は内田監督を含む責任者が、近日中に被害に遭った選手とその保護者に謝罪する方針だと明らかにし、本日19日(土)、関学大の鳥内秀晃監督、小野宏ディレクターに対して、謝罪と事情説明を行うと報じられた。
 
どういった内容の謝罪や事情説明がされる(た)かは、これから明らかになるかと思われるが、被害にあった関西学院大学の選手、コーチ、監督はじめ関係者、そして日大の選手たち、保護者の方、報道を注目している視聴者すべての人は「今更何を」といったところだろう…
 
迅速な対応をしていれば、こんな騒動に発展しなかったかもしれないものを、あんな内容の回答書を送りつけ、騒動がこれだけ大きくなったしまった今、謝罪をしたところで時すでに遅し。
 
時すでに遅し、といえば…
 

タックルした日大選手の個人情報も晒され…

 
指示だったとはいえ、あんな行為をした選手にも責任がないとはいえないが、騒動後、ネット上では早速「犯人探し」がはじまり、「殺人タックルを行なった日大アメフト部の○○くん」という、タックル並の悪質なコメントと顔画像まで載せたつぶやきや、個人情報が晒された内容の動画がYouTubeに投稿されたりしている。
 
犯罪者でもあるまいし、気の毒に…
 
該当選手のことを考えても、早々に「自分の指示でやらせました、申し訳ありません」と責任者が謝罪するべきだった。といっても、既にネット上にはこれらの情報が拡散してしまっているため、時すでに遅し、だが…
 


出典:和田正人ツイッターより

しまには、こんな人にまで飛び火が…
 
つぶやく際には、「(投稿したのが)誰だかバレないしまぁいいか」ではなく、どうか「発信して良いものか」、そして「間違いがないか」をチェックしてから投稿していただきたい。
 

スポンサーリンク


 
追記
 


出典:ライブドアニュースツイッターより

本日19日、内田監督は関西学院大学を訪問し、被害に遭った選手と保護者に謝罪したとのこと。また、取材陣に対しては「全て私の責任です。監督を辞任いたします」と表明したそうだ。
 
…が
 
この対応について、「ほとぼりが覚めたらまた復帰するんじゃないの?」、「辞めればいいってもんじゃない」、「辞任したら許されると思ってる所が気に食わん」などの批判が殺到している。
 
やはり、時すでに遅し…か。
 

ラグビー元日本代表ヘッドコーチとゴールドマン・サックス社長が教える 勝つための準備
 

スポーツカテゴリの最新記事