共犯者と逃走か!?西武信用金庫西荻窪支店から1100万円強奪した男の正体は…

共犯者と逃走か!?西武信用金庫西荻窪支店から1100万円強奪した男の正体は…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
逮捕間近?それとも…
 

信金から1100万強盗した男、逃走中

 


出典:ライブドアニュースツイッターより

本日2018年5月16日午前8時前、東京都杉並区西荻南3丁目にある西武信用金庫西荻窪支店で強盗事件が起きたとのこと。
 
報道によると、店舗に出勤した50代の男性支店長の後をつけ、支店長が従業員用出入口から店内に入ろうとしたところ、犯人と思われる男にバールのようなもので頭を殴られ、「金を出せ!」と脅されたという。
 
その後、犯人は殴られた支店長を金庫室に案内させ、現金約1100万円を奪って逃げたというのが、事件一連の流れ。支店長はそのまま金庫室に閉じ込められ、事件が起きた約10分後に従業員が発見し110番通報。強盗の疑いで犯人の行方を捜しているが、同日22時現在、犯人は未だ捕まっていない。
 
決して笑いごとではないが、ドラマ仕立てというか、古典的というか、何というか…
 

犯人の男、特徴は「結構デカい」

 


出典:朝日新聞ツイッターより

犯人と思われる男は、推定30~40歳、身長は175~180センチ。さらに、服装は上下ベージュの作業着で、白のヘルメット、黄色の腕章を着けていたという。
 
これら一式は私物か、はたまたカモフラージュのために購入したのか。何にしても、長身で作業着、さらに手にはバールを持ったまま全力で逃走とは…「見ろ、俺を!!」と言わんばかり。
 
犯行に使った作業着やバールをどこかに捨て、着替えて逃走するのは時間もかかるし、証拠が残るというリスクがある。とはいえ、この格好で電車やバスなど公共機関を使うというのも、目立って仕方ない。
 
にも関わらず、未だ逮捕に至っていないという…
 
男は西荻周辺に住んでいて、自宅に戻ってほとぼりが収まるのを待機中?もしくは、共犯者が車で待機し、乗り込んでの逃走か。
 

「バール男」なんて略称つけられ…

 

スポンサーリンク


 
何やら、この事件を笑いのネタにしている視聴者も多数
 

「この信用金庫の信用無くなるわ~」
「とても平成30年のニュースとは思えない」
「信金では朝だとこれぐらいしか現金置いてねえのか」
「逃げきれたら張本さんからアッパレ!」
出典:ツイッターより

 
それが結構面白いことつぶやいているから、困ってしまう(?)
 

出典:ANNnewsCHより

 
ここ最近は決して笑いのネタにできない事件が日々報道されていたため、視聴者も「これくらいなら、まぁ」という気持ちから…ではないかと思われるが、襲われた支店長や盗まれた金額、そして周辺住民のことを考えると、決して笑いごとにはできず。のはずが、つぶやきの中には、通行止めのところで「まだやってます笑」と笑っていた警察官までいたという報告も…
 
「税金で飯食ってんだろ?」って、怒られますよ。
 

この街でこんな事件が起きる、なんてね

 
西荻窪駅は飲食店なども多くそこそこ栄えているが、周辺は閑静な住宅街。
 

 
そんな平和な街に、サイレンが飛び交い警察官が殺到し、しまいには上空にヘリコプターまで来る始末。犯人は逮捕されていないまま夜を迎え、周辺住民は不安で仕方ない…はず。
 


出典:ビジネスオンラインツイッターより

ビジネスオンラインの報道によると、住民からは「西荻窪でこんな事件が起きるとは」と驚く声が上がったそう。
 
「この街で、まさかこんな…」
 
そういえば、前述の新潟女児殺害事件でも同じような証言をしていた周辺住民がいたが、「まさかこの街では」、「まさかうちの家族が」、「まさか自分が」という、その“まさか”は、意外と身近なものなのかもしれない。
 
危険と隣り合わせ、明日は我が身。
 

このまま逃げ切るか?それとも…

 
そもそも、証言にあった身長や年齢が正しい情報かどうかも定かでない。あんな状況で、冷静に確認できるはずもないから…
 
30代なのか、身長はもっと高いのか。周辺住民なのか、はたまた遠方からわざわざ杉並区まで来たのか。名前は、顔の特徴は?日本人なのか、単独犯なのか、複数による犯行か。
 
逃走した男(たち)の正体やいかに。
 
「このまま逃げ切れたら最高だろうなぁ」と不謹慎にも思いつつ、逃げ切ってもその後の人生はパトカーの音に、警察とすれ違うたびに、呼び鈴や呼びかけにビクつきながら生活する…と思うと、それはそれで気の毒である。
 

フライペーパー! 史上最低の銀行強盗 (字幕版)
 
“ハッピーエンド”で幕を閉じる強盗なんて、おそらく無い(かと思われる)。
 
優秀な日本の警察官が、近日中に逮捕してくれることを願って…ヤツらのお粗末な犯行の末路を追記する。
 

スポンサーリンク


 

危機ニュースカテゴリの最新記事