CA人気は健在?客室乗務員の就職事情

こんにちわ
【危機タイムズ】です。

 

 

数十年前までは女性にとっての花型職業として人気だったキャビンアテンダントだが、現在は各航空会社は人材確保に悪戦苦闘しているようだ。

 

各社がCAの確保に力を入れている故に、以前は短大や専門学校卒も採用していたのが、一時は大卒が基本になり、そして今は以前のように様々な学歴の人を採用する流れとなっている。

 

 

CAは社会的評価も高い?

 

今も昔もCAと合コンとなるとなぜかテンションが上がる男性達は多いのではないだろうか?

 

多くの男性にとってCAは未だにブランド価値のようなものが高いようだ。

社会的評価としてもCAはマナーやサポート系の技術に秀でている、素晴らしい女性といったイメージがあるのかもしれない。

 

もちろんそれはイメージだけではなく、各社がしっかりとした接客講座などを社内で行っているため、普通の生活をしている人達に比べると高い技術を持っていることは間違いない。

 

スポンサーリンク

 

人気が落ちたCA就職が回復するためには?

 

今まではCAというだけでプレミアム感があったのかもしれないが、もうそれだけで優秀な人材を確保できる時代は終わってしまっている。

 

現在のトップレべルの女子学生の一番人気は大企業の一般職なのだが、その理由はすごく高収入という訳ではないが、転勤がないからといった理由のようだ。

現代の女性は給料やイメージよりも、より自分が働きやすい職業を選ぶ傾向にあるのだ。

 

今後の航空会社は、ただ単純に華やかな職業だからなどといったイメージ先行ではなく、具体的な理由を提示しながら、こんなにもCAは働きやすいといった事を学生たちに見せていく必要があるだろう。

あわせて読みたい