ポメラニアンを愛犬として迎え入れたい?ドッグトレーナーからのアドバイス!

こんにちわ
【危機タイムズ】です。

 

今回は犬の訓練士の資格を持つ【だいご】さんから、ポメラニアンを飼いたい人達へ向けてアドバイスをもらいましたよ。

 

ポメラニアンは室内で飼いやすい?飼いにくい?

 

ポメラニアンはスピッツ系の祖先犬をもつドイツ生まれの使役犬です。

体重は3kg~7kg、体高は20cm~28cmほどの超小型犬です。その体の大きさから室内では比較的飼いやすい犬種ではないでしょうか。
体が小さいので場所をとることもなく、さらには必要な運動量も多くなく見た目よりも体が丈夫だったりもします。

体が小さいのもありとっても寂しがりやで飼い主さんに強く依存する所があるので、躾けていないと無駄吠えなどの問題行動が増えてしまうことがありますし、環境の変化にも弱い犬種でもあります。そして外部の音などにも敏感に反応してしまうので外飼いにはむかないです。

そのかわりポメラニアンは知性が豊かな所があるので躾けはしやすい方だと思います。

 

スポンサーリンク

 

ポメラニアンの性格は?雄と雌で違いはあるの?

 

ポメラニアンの性格はとっても友好的で活発、家族の事が大好きでいつも一緒にいたいと思うほど依存性が強い所があり、とても甘えん坊でもあります。

飼い主さんと離れるとすごく不安を感じる面もありますが、自立心にも富んでいるのでお留守番が出来ないというわけではありません。
ただその時は玩具などその子の気がまぎれるようなものを置いていってあげるといいかもしれません。
玩具以外にも飼い主さんのニオイがついた衣服やタオルなどを置いておくだけでもとっても安心します。
これはお留守番の時だけじゃなくて寝る時や初めて犬が家に来たときにもおススメな方法です。

初めて子犬を連れてくるときに、母犬のニオイがついたものを一緒に持ってきて家の寝る場所においてあげると安心して新しい家にも馴染み易くなります。
ポメラニアンは環境の変化にも敏感で縄張り意識も強いので、しっかりと躾けておかないとちょっと変わった事があったり見ず知らずの人が家に訪ねてきただけで吠えてしまう事にもなりますので気をつけてください。

ただ警戒心が強くて吠えるという事はとっても勇敢な証拠でもあります。

 

 

ポメラニアンの値段はだいたいどのぐらい?

 

ポメラニアンをこれから飼おうと思っている人にとっては値段ってやっぱり気になっちゃいますよね。

ポメラニアンはぬいぐるみのような可愛らしい容姿に加えて躾けもしやすく、愛情に溢れているのでとっても人気が高い犬種なので、それだけ価格も変わってきます。
価格としては子犬の場合は約15万~30万ほどで、血統や毛色や性格によっても変わってきますが最高で60万以上した子も過去にはいます。

 

 

ポメラニアンの寿命はどのぐらいなの?

 

ポメラニアンの寿命はだいたい12歳~16歳が平均的です。

ただ最近ではドックフードの質が向上してきた事や予防接種や定期検査などで病院に行く機会も増え、病気になったとしても早期発見されるのでそれだけ寿命が延びてきています。
日本でも過去に20歳まで生きたポメラニアンもいる位ですから。

 

 

ポメラニアンがかかりやすい病気ってあるの?

 

ポメラニアンがかかりやすい病気として有名なのが流涙症というものではないでしょうか。

流涙症とは涙管が詰まってしまった時などに起きやすい病気で常に涙があふれ出てくる病気です。
その結果目の周囲の毛が変色してしまうようになります。

愛犬の目ヤニが多くなってきたら気をつけた方がいいかもしれませんし、眼のケアはしっかりする事をおススメします。

他には気管虚脱という病気もあります。

気管虚脱とは呼吸困難などになったりやたら咳き込んだりします。その原因としては気管が何らかの原因によって圧迫されてしまうことによっておきる病気です。
他にもいろいろな病気があるので少しでもいつもと違うなと思ったら病院で診てもらいましょう。
ハッキリとした症状がなかったとしても定期検査のときなどに専門家の人に相談するのも良いと思います。

 

 

ポメラニアンを飼うなら何をまず準備すればいい?

 

基本的に準備するものは他の犬種と同じです。ただポメラニアンの場合は甘えん坊で寂しがり屋なのに加えて独り遊びがとっても好きだったりします。
お留守番の時などは独りで遊べるようにオモチャなどを用意しておくといいでしょう。
最初子犬の時ですがサークルやクレートなどは飼い主さんと同じ部屋においておく事をおススメします。
寝る時にとっても寂しがる子が多いので犬も飼い主さんが近くにいると思うだけで安心できますので。

 

 

ポメラニアンについてのあれこれ(原産国や豆知識など)

 

スピッツ種の中でも一番小さなサイズのポメラニアンはソリ犬を祖先犬に持つ犬種です。

いつ頃かはハッキリしていないのですが、ドイツ東部からポーランドの北部にまたがるポメラニア地方で徐々に小型化されていったといわれていて、起源はツベルク・スピッツだと考えられており、その後イギリスに持ち込まれてからポメラニアンと呼ばれるようになりました。

ただこの時は今のポメラニアンに比べてだいぶ体も大きく毛色も白かったそうです。その外見は今のスピッツによく似ていたと言われている事を考えるとその後から今のような大きさや外見に発展してきたのではないでしょうか。

原産国や起源を知っておくというのは思っている以上に大事な事です。
何処の国で生まれたかを知っておけばその子が暑さに強いのか弱いのか、元々狩猟犬だったのならどのような性格をしているのかなど一緒に暮らしていくうえで必要な事が分かってきます。
やっぱりせっかく家族になったのですからお互い幸せな時間を過ごしたいですよね。これも一つの手段と思ってはいかがでしょうか。

 

以上、ドッグトレーナー【だいご】さんからポメラニアンについてのお話でした。

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい