ゴールデン・レトリバーをこれから飼おうか悩んでいる全ての方へ!

こんにちわ
【危機タイムズ】です。

 

スポンサーリンク

 

犬の訓練士の資格を持つ【だいご】さんから、これからゴールデン・レトリバーを飼いたいと考えている人へ向けお話を伺いました。

是非ペットショップへ行く前に参考にして下さいね。

 

 

ゴールデン・レトリバーは室内で飼いやすい?飼いにくい?

 

ゴールデンレトリバーはオスは体高58~61cm、体重29~34kg、メスは体高54~57cm、体重24~29kgが理想とされている大型犬で、体高より体長がやや長いのが特徴的な犬種です。
大型犬だけあって体が大きく、狭い部屋じゃ飼いづらいというのは確かにありますが、それを除けば数多くいる種類の犬の中でも飼い易い&しつけやすい犬種だと思います。

ただし体が大きい分抜け毛の量がどうしても多くなってしまうので、よくブラッシングしてケアをする必要があります。
ゴールデンレトリバーは体が大きくてたくさん運動させないといけないというのもあり、一人暮らしの方より家族がいるファミリーの方や毎日のように散歩に連れてってあげられる生活環境の方におススメです。

 

 

ゴールデン・レトリバーの性格は?雄と雌で違いはあるの?

 

ゴールデンレトリバーの性格はとても人懐っこくて愛嬌があり温和な性格をしています。元々水猟犬として人が撃ち落した水鳥などを泳いで咥えて戻ってくるなどしてて、昔から人と一緒に活躍していた犬種でもあるので人にも犬にもとてもフレンドリーな所があるので、訓練士の観点からは初心者にもおススメできる犬種です。

活発で遊びが好きな所があり他のレトリバー系の種類の中では少し子供ぽい所もありますので、しっかりとしつけていれば子供の遊び相手にもなるので子供がいる家庭で飼うのもいいかもしれません。

ただし体が大きいので飛びついたりはしゃぎすぎて興奮させすぎないように気をつける必要もあります。
昔は水猟犬だった事もあり泳ぐのもとっても上手なので、海や川などに一緒に連れて行く飼い主さんも多いのでキャンプなどアウトドアが好きな方なんかは一緒に連れていくと楽しいのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

ゴールデン・レトリバーの値段はだいたいどのぐらい?

 

少し前までは小型犬が主流で少し値段も下がっていましたが、最近では少し上がっていて子犬の平均的な価格は20万から25万ほどになります。
ゴールデンレトリバーの価格は大きく幅があって中には50万以上もする子もいたりします。

親犬がチャンピオン犬だったりする良血統で、ジャパンケネルクラブが定めた犬種の標準であるスタンダードに近い要素の場合子犬で60万以上する子もいます。

購入する際に気をつけてほしいのが、子犬の時は当然小さいですが大人になっていくとどんどん大きくなるのでそのこともよく考えてから購入してください。
大型犬だと分かっていても思っていた以上に大きくなったので飼えなくなったという話を何度か聞いた事がありますが、飼うなら責任を持って最後まで面倒をみてあげてください。

 

 

ゴールデン・レトリバーの寿命はどのぐらいなの?

 

ゴールデンレトリバーの寿命は固体によって差はありますが平均的に大体10年から12年といわれています。
ゴールデンレトリバーは雄と雌で体の大きさが若干違います。雄の方が少しだけ大きく体重も大きいので平均的な寿命も雄の方が少し短かったりします。
それに種類的にも太りやすい犬種なので、あまりにも太ってしまうとそれだけ体や心臓に負担がかかってしまいますので食事環境にも気をつけてあげてください。

 

 

ゴールデン・レトリバーがかかりやすい病気ってあるの?

 

ゴールデンレトリバーのかかりやすい病気で代表的なのは股関節形成不全です。

股関節形成不全は股関節の形に異常が見られる病気で、生後4ヶ月ほどから症状が出てきます。
パっと見の症状としては足をひきずっていたり、腰を左右に大きくふるように歩いたりなどしますので、そういう行動が見られたら一度病院で診てもらった方がいいかもしれません。
股関節形成不全は遺伝子的要因が強く先天的なものが多いのですが、小さい頃にはなかなか症状が出ない事も多く購入の際に気がつかない事もよくありますので気をつけてあげてください。

他の病気としては悪性リンパ腫です。悪性リンパ腫は皮膚にシコリなどが現れてくることもあり、ガンの一種として犬の命にかかわってくる病気です。
最近では犬の保険に関しても充実してきているので購入時に一緒に入っておきましょう。

 

 

ゴールデン・レトリバーを飼うなら何をまず準備すればいい?

 

子犬を迎えたらなるべく早く安心して暮らしてほしいですよね。
一緒に暮らすのに必要なものは小型犬も大型犬も基本は同じですが、大型犬の場合はサイズを確認して起きましょう。
愛犬が育って大きくなってから小さすぎて買い換えるはめにならないように。

まず基本的に必要なものとして

ハウス(クレート)
トイレシート
ご飯用お皿
お水用お皿

出来るならゲージとハウスもしくはクレートを両方あると便利です。
ハウスもしくはクレートの隣にトイレシートをひいてその周りをゲージで囲うように設置する方法などもあります。
犬はあまり広いと落ち着かないので広すぎず狭すぎない程度にするといいです。

ゴールデンレトリバーは大型犬なので当然散歩も必要になってきます。
そうなってくるとリードと首輪も必要ですよね。

毛も長く抜け毛も結構あるのでブラッシングでなるべく毎日か、無理なら週に一回はしてあげてください。
ブラッシングですが、ただ抜け毛を減らすだけじゃなくて皮膚のマッサージ効果やリラックス効果などもありますし、飼い主さんとのスキンシップにもなるので案外重要なんですよ。

最近では犬用のマイクロチップなんていうのもあって是非埋め込んでおく事をおススメします。
マイクロチップとは直径2㎜長さ約8~12㎜の電子標識器具でそれによって身元証明になります。
犬が迷子になった時や災害時などにそのチップを読み取る事によって飼い主さんが分かるようになっているので、もし何かあった時などにとても便利です。

 

 

ゴールデン・レトリバーについてのあれこれ(原産国や豆知識など)

 

ゴールデンレトリバーの毛はダブルコートといって短い毛と長い毛の両方に覆われています。
そのおかげで防水性が高くて冷たい水でもなんのその!寒さにも強いのですがその反面暑さは苦手なんです。
夏の日にはなるべく水分をとらせるようにして、出来るなら川や海なんかに連れていったり家でも水遊びなんてさせてあげたらとっても喜びます。

最近では犬OKのプールなんてのも増えてきたので、機会があったら一度愛犬と一緒に行ってみてはどうでしょうか。

 

以上、ドッグトレーナー【だいご】さんからゴールデン・レトリバーについてのお話でした。

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい