マラソン元日本代表・原裕美子がコンビニで「2673円」万引し逮捕…夫婦関係の破綻が原因か?

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
「なぜ?」という声もあれば…
 

マラソン元日本代表、原裕美子が窃盗で逮捕

 


17日(木)、世界選手権女子マラソンの元代表・原裕美子(はらゆみこ)が、窃盗の疑いで逮捕された。
 
報道によると、先月7月30日午後4時頃、原容疑者の住む栃木県足利市のコンビニエンスストア「セブンイレブン・足利大月町店」で、化粧品や菓子など計8点、金額にして「2673円」相当の商品を万引きした疑いがもたれている。
 
原容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めているそうだ…
 

1982-2007 大阪国際女子マラソン Song by THE ALFEE [DVD]

 

現役を退いた後は…

 
原容疑者は、1982年生まれの35歳。
 
初マラソンとなる2005年3月の「名古屋国際女子マラソン」でいきなり優勝を果たし、その後も2007年の「大阪国際女子マラソン」で優勝、同年の世界陸上大阪大会女子マラソン代表に選ばれるなど、輝かしい経歴をもつ。
 

出典:北海道新聞 動画ニュースより

 
しかし、2008年の北京オリンピック・女子マラソンの国内選考レースを体調不慮で欠席し、代表入りを逃す。
 
その後、2010年の「北海道マラソン」で優勝し復帰を果たすが、2013年にはけがなどを理由に、所属していたユニバーサルエンターテインメントを退社した。
 
その後は市民ランナーとして活動したというが、活躍については報じられていない…
 

2016年に結婚

 

スポンサーリンク


 
退社した1年後の2014年には、足利市民体育館の補助職員に就職していた、原容疑者。
 
同社を2016年6月に退社し、同年10月に一般男性と「結婚式を挙げた」そうだが、なぜなのか、婚姻届は提出しないまま、一人暮らしをしていたという…
 
結婚式を挙げた男性と一緒に住むことはなく、今年の4月には足利市の実家で暮らしはじめる。翌5月からは、群馬県内のスーパーで契約社員として働いていたそうだが、そんな生活を送っている最中に、今回の「窃盗事件」を起こしてしまった。
 
こういった経緯からも…
 

みんな「夫婦」で病んでいる

 

「精神的なストレス」が原因か…?

 


出典:J-CASTニュースツイッターより

今朝放送の『モーニングショー』(テレビ朝日)では、司会の羽鳥慎一キャスターが、こう分析していた。
 
ネット上にも、同様のコメントが多数寄せられている。
 

「挙式して破談はメンタル的にキツそう」
「メンタル的な問題だろうな」
「婚姻届出していないのが不安定に…」
「色々と心身が病んでいるんだと思う」
出典:スポーツ報知より

 
やはり、「夫婦関係の破綻」が原因なのだろうか…(?)
 


出典:スポーツ報知ツイッターより

また、フジテレビ『とくダネ!』の小倉キャスターは、「オリンピックに出られていたら、こんなことにはならなかったのでは」と、独自の見解を示した。出場していれば、今ごろキャスターなどで活躍できていただろうに、ということを言いたかったのだろうか…(?)
 
もちろん、万引きした理由が「夫婦関係の破綻」や「マラソンの成績」とは断定できないし、それだけが原因ではないだろう。しかし、万引きをする人間の心理として、「ストレス」を理由に挙げる専門家も多い。
 

彼女たちはなぜ万引きがやめられないのか?

 
「金銭的に困っていた」ということでもなさそうで、精神的な理由から犯行に及んでしまった可能性が高い…
 

取り上げられ方が、かわいそう

 
「大ネタ」がないということもあるが、昨日の情報番組では、各局総出でこの事件を取り上げていた。
 


これについて、「引退した選手を全国ニュースで流す必要はないと思う」、「もう有名人じゃないんだから吊るし上げなくてもいい」、「確かに犯罪ですが、あれはやりすぎでは…」など、報道の仕方についての批判が飛び交った。
 
また、こうして「犯罪者」として取り上げられてしまったことで、一般企業にしても、芸能界にしても、復帰が難しくなるのでは?という心配の声も寄せられている。たしかに、そういう視点でみれば気の毒ではあるが…
 

四継 2016リオ五輪、彼らの真実 (Sports graphic Number books)

 
大きい小さいは関係なく、罪を犯したことには変わりない。また、大きな大会で優勝した経験のある「五輪代表」になっていたかもしれない元選手を、「完全無視」とはいかないだろう…
 

真面目な人ほど…

 
ストレスを溜めてしまうということは、適度に気を抜けないということ。
 

出典:日テレ NEWS24より

 
同マラソン元代表選手で、現在はスポーツジャーナリストとして活躍する増田明美も、「頑張り屋さんだったのに、信じられない」とコメントしている。原容疑者が真面目な性格だったが故、追いつめられてしまったのかもしれない…
 
また、13年まで所属していた「ユニバーサルエンターテインメント」時代の指導者・小出義雄氏も、「びっくりした、何でこんなことになってしまったのか」と絶句し、「練習熱心でとても真面目な子だった」と振り返ったという。
 
真面目で「一人で抱え込む性格」だったとすれば、やはり支えてくれるパートナーが隣にいない…というのは、精神的にキツかったのかもしれない。
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい