【自業自得】東京・台東区で歩きスマホの大学生に暴行…逃げた犯人は20代の男2人組「逮捕」は免れないか

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
「やられた側」も非難の的に…
 

台東区の路上で大学生が襲われる

 


15日(火)夜、東京・台東区の路上で、20代の大学生が暴行を受けた事件。
 
男性は、「面識のない」2人組の男たちに因縁をつけられ、腹や足などを蹴られたという。軽傷ですんだようだが、暴行を受けた直後は痛くてその場にうずくまってしまったそうだ…
 
現場から逃走した男たちは、いずれも20代くらいで、警視庁が行方を追っている。
 

「歩きスマホ」が原因か

 


襲われた大学生は、当時イヤホンで音楽を聴きながら「歩きスマホ」をしていたという。
 
その「因縁」というのが、どうやら歩きスマホを巡ってのことらしく、男たちは「危ないじゃないか」と言った後に暴行を加えた模様。おそらく、「危ないじゃないか」という言葉よりも、もっと強い口調で責め立てたのではないだろうか…
 


今回の事件のように、歩きスマホをしている人にわざとぶつかってくる「当たり屋」が、ここ最近増えているという。男性のみならず、女性も被害に遭っているとか。
 
それ以外にも、「歩きスマホ」に関連した報道が度々されるようになったが…
 

被害者が悪くないような書き方は良くない

 

スポンサーリンク


 
つまり、「被害者にも非があること」を報道するべきだろうと、一部の視聴者は訴えている。中には、「歩きスマホの奴は蹴っていいと思う」という、犯人に同調するような意見もみられた。
 

「蹴りたい気持ちも分かる気がする」
「自業自得だろう」
「スマホ潰せば良かったのに」
「歩きスマホしてる側にも責任ある」
出典:TBS系(JNN)より

 
「歩きスマホ」を巡る事件については、常にこういったコメントが殺到する。
 

 
それだけ、「歩きスマホ」をする人たちに嫌悪感を抱いている、迷惑を被っている人が、多いということだ。
 

10万人の脳を診断した脳神経外科医が教える その「もの忘れ」はスマホ認知症だった

 
とはいえ…
 

暴行は傷害罪で逮捕される

 
指摘されているように、「歩きスマホ」も危険ではあるが“今のところ”犯罪ではない。しかし、正当な理由で注意したとしても、暴行を加えたら犯罪行為とされる。
 
法的にいえば「やられて当然」ではない…
 

出典:TomoNews Japanより

 
今年7月19日、JR三ノ宮駅(神戸市中央区)のホームで「歩きスマホ」をしていた50代の女性に体当たりし、頭蓋骨骨折など全治1カ月の重傷を負わせた60代の男が、今月10日に傷害罪で起訴された。
 
この男も、女性が「歩きスマホ」していたことが原因だと主張していたが、だからといって暴行を加えていいはずもなく、結果「マナー違反」を注意した自分が“犯罪者”に…
 
台東区の事件についても、「傷害事件」として警視庁が男2人の行方を追っている。近隣の防犯カメラや、大学生が顔などを目撃していることから、「逮捕」も免れないのではないだろうか。
 

「歩きスマホ」を英語で言うと? 時事語・新語で読み解く日米の現在(小学館新書)

 

「歩きスマホ」するなら覚悟して

 
今回のように、「歩きスマホ」により暴行を受けた場合、相手(犯人)は逮捕されたとしても、世間には同情されるどころか、非難の的になるのは自分…
 

 
赤の他人に殴られても、世間からバッシングを食らっても、それでも「歩きスマホ」したいという覚悟(?)が、あなたにはあるだろうか…
 
また、自分の「歩きスマホ」により、子供や高齢者、ペットなどにぶつかり、大けがさせてしまう可能性もある。もちろん、自分の命が危険にさらされることも…
 
「歩きスマホをしていて交通事故に遭った」と言っても、ほとんどの人は同情してくれない。せめて「移動時間」くらいは、スマホから目を離しては如何だろうか。
 

スマホ依存と弊害 (クロノス出版)

 
「歩きスマホ」や「ながらスマホ」については、こんな視点で「おかしい」と指摘する人もいる。
 

ホームでスマホいじる光景、コワい…

 
朝の通勤ラッシュ、電車を待つ人たちで溢れるホームを見渡すと…
 

 
8~9割が、スマホをいじっている。「いじっている側」だと気付かないが、スマホから目を離してみると、たしかに「異様な光景」に絶句する…
 
また、道路でも同じような現象が起きている。
 
信号が「青」になってもスマホに夢中で動いてくれない、迷惑な歩行者…だけでなく、車の運転手もいる。「邪魔」なだけならまだしも、事故に繋がるような「ながらスマホ」は、絶対にやめていただきたい。
 

 
それから、「スマホいじり」が当たり前になりすぎて、カフェで本を読んでいる人の方が「異様に見える」との声も…
 
その他にも、「山登りしながらずっとスマホいじっている奴がいる」や、遊園地に来ているのに、乗りものに乗らず「ポケモン捕まえることに必死」などの、報告(?)もあった。
 

やってはいけない山歩き (青春新書プレイブックス)

 
迷惑をかけるだけでなく、周りから見た自分の評価も下げてしまう、「歩きスマホ」。それに気付いていない人が多いから、事件や事故が絶えないのだろう。
 
「わかってても止められない」のであれば、あなたの依存度は「重症」だ…

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい