高井戸署・自白強要の警察官に「名前出して謝れ」など批判殺到…だけじゃない「少年や親にも問題ありそう」

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
ネットの意見は、意外にも…
 

波紋広がる、警察官の自白強要

 
取り調べで「暴言」を繰り返した警察官の音声が、先週から話題になっている。
 

出典:TBS NEWSより

 
これは、2015年の12月、当時中学3年生(15歳)の少年2人が、高井戸署(東京・杉並区)で取り調べを受けた際に、ICレコーダーで録音したもの。
 
「お前の発言次第じゃ、お前の首を取る」、「世の中なめすぎ」、「義務教育だから、わざわざ呼んでやってる」、「ぼけ野郎」などの威圧的な発言や、「牢屋に入れよ、人生終わりだからな」という、脅迫まがいの自白強要までされていた。しかも、「黙秘権」の告知もせず、謝罪まで要求したという…
 
この少年たち、いったい何の疑いがもたれて、取り調べされていたかというと…
 

万引きは犯罪です ステッカー

 

万引きの関与

 
この少年2人は、同級生に「万引きを強要した疑い」で、取り調べを受けていた。
 

出典:弁護士ドットコムニュースより

 
しかし、関与していないことを証明できるアリバイもあり、2人に万引きを強要した事実は「確認できなかった」として、警視庁は少年の両親に謝罪している。
 
この取り調べを行ったのは、50代の警部補と40代の巡査部長で、「すでに厳重処分されている」とのこと。ただ、処分については「甘い」などの意見を寄せる弁護士やコメンテーターも多い。
 
動画を見た(音声を聞いた)視聴者からも、「こんな大人がいるとか警察の信用失うわ」、「完全な脅迫。こんな警察官は許せない」、「こういう勘違いした警察官がいるから不信感が高まってる」などの批判が殺到。
 
しかし…
 

少年たちにも問題があったのでは?

 

スポンサーリンク


 
警察官から暴言を受けた少年たちにも、「非があるのでは?」などの疑問が浮上している…
 

「警察の取り調べ受けてる時点で怪しい」
「言わせた少年にも問題がありそう」
「何もなければ疑われることもない」
「じゃあ、何故呼び出されたのだろう」
出典:ツイッターより

 
中には、「非難されるのは、警察官ではなく、万引き疑われるような行動とった中学生なのでは?」という厳しい意見も寄せられた。ネットの声をまとめると、彼らに「疑い」をもっている人も多いことが分かる。
 
さらに…
 

パナソニック ICレコーダー 2GB ブラック RR-US330-K

 

ICレコーダーを持たせる親って…

 
この音声は、少年のうちの1人が隠し持っていた「ICレコーダー」で録音したものだが、このICレコーダーは、少年の母親が持たせたものだという。
 


というのも、少年が警察官に出頭を求められた際に「やってません」と言ったところ、警察官が「嘘をついたら大変なことになるぞ」と、高圧的な態度をとったからだという。その場で話を聞いていた母親は、警察官を不信思い、少年が出頭する際にICレコーダーを持たせ、録音させた。
 
こうして「証拠」として残すことができたことで、事件解決に至ったワケだが、ネットには「過保護すぎなんじゃないか?」、「モンスターペアレントの典型」、「親がレコーダー持たすとか妙に手馴れている感じも気持ち悪い」などの批判も寄せられている…
 

なぜあの保護者は土下座させたいのか―謝罪事件から見えた新モンスターペアレント問題

 
そもそも…
 

前後が分からないから何とも言えない

 
ニュース番組やネットに公開されている音声は、問題の警察官が怒鳴り声を上げているところだけなので、「その前後のやり取りが分からなければ、どちらが悪いとは何とも言えない」という意見も多い。
 

出典:デイリー新潮より

 
これは、「このハゲーーーー!」で世間を賑わせた(?)、豊田真由子議員の音声にも、同様の意見が寄せられていた。「秘書にも、怒鳴りたくなるような言動があったのでは?」と…
 
少年たちが「万引きに関与した」ということではなく、取り調べの際に「相当生意気な態度をとった」、「とんでもない発言をした」ということも考えられる、というのが、視聴者の見解だ。
 
その前後を公開すれば、彼らの誤解も解けるかもしれないが、ネットで指摘されているように、全てを公開しないのは「少年側に都合悪いことがある」からなのだろうか。それとも、個人情報などの問題から、音声を流すことはできないのだろうか…
 

自白の心理学 (岩波新書)

 
散々言われているように、少年たちにも非があったかもしれないし、ICレコーダーを持たせた親の考え方も「おかしい」と思う人がいるかもしれない。
 
ただ…
 

こんな取り調べは、あり得ない…

 
どんな事情があったとしても、あの取り調べの仕方はマズイだろう…
 

出典:時事通信映像センターより

 
弁護士も「脅迫にあたる」とコメントしている。
 
ここ最近、問題になっている「教師の体罰」もそうだが、昔は当たり前だったことも、今は全てのことにおいて「モラル」が問われる時代になっている。「税金」が絡んでいるからか(?)、特に公務員に対する世間の風当たりは強い…
 
しかし、こういった警察官の不祥事で、他の警察官まで責められるのは、何とも気の毒な話。この取り調べをした警察官や、ドラマに出てくるような腹黒く、暴力的な刑事は、ほんの一部。
 

 
「お前らもどうせそうなんだろ?」という目で、警察官全員を敵視しないで欲しい…
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい