娘の“透け水着”撮り「着エロ動画」をアダルトサイトに売った父親を逮捕、他3人の名前も浮上

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
人間性を疑う…
 

娘を「売った」父親を逮捕

 


2015年の2月頃、当時13歳だった中学2年生の少女を「わいせつなビデオ」に出演させるなどして、4人の男が逮捕された。
 
児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕されたのは、兵庫県の自営業の男(46)、東京・新宿区の映像制作会社社長・秋元哲容疑者(47)、カメラマンの白鳥千里容疑者(57)そして…
 
少女の父親(46)の4人。この見出しに、目を疑った…
 

ロリコン

 

8歳から5年間撮影

 
逮捕された父親は、娘が8歳の時から13歳まで、およそ5年間にわたり撮影を続け、その動画をアダルトビデオの運営会社に売っていたという…
 
少女が出演させられたビデオは、計12本。逮捕されたカメラマンの白鳥容疑者が撮影し、父親が映像制作会社社長の秋元容疑者に動画を提供。その動画を、インターネットの通販サイトで販売していたと報じられている。もう1人の46歳の男が、事件にどう関与していたかは不明。
 

 
少女は、兵庫県のマンションで「透ける水着」や「極めて小さな水着」を着させられ、「着エロ動画」を撮影されたとのこと。「家族の収入のために我慢していた」と話しているという…
 

Victoria’sSecret 三角ビキニ パープルスパンコール

 

「着エロ」とは…

 
ウィキペディアによると、「水着より露出が多いが、セミヌードやヌードとは違い、何らかの着衣を付けているものを指す」という。
 

 
また、手だけで乳首を隠す「手ブラ」や、「Tバック」などもこれにあたり、水着を着ている場合でも、面積が極度に小さいものや、生地が透けて“毛や具が見えてしまっているもの”なども、この「着エロ」にあたるという…
 
少女が着させられていた「透ける水着」や「極めて小さな水着」は、まさに「着エロ」の定義にあたる。8歳というと、まだ「恥ずかしい」という自我が芽生えていない娘もいるが、彼女は「恥ずかしかった」と話しているという。
 
気の毒過ぎる…
 

クズすぎるんですけど…

 

スポンサーリンク


 
「自分の娘」にこんなことをさせた父親には、当然ながら批判が殺到。
 

「娘の気持ちを逆手にとった父親」
「この親父、死んでほしいわ」
「こんな親ならいない方がいい」
「クズすぎる…頭おかしいね」
出典:JNNニュースより

 
他者からみれば確かに「クズ」だが、娘の彼女にとってはどうだったのだろう…
 


出典:毎日新聞ツイッターより

また、少女の母親(46)も、これら「着エロ」の動画撮影をしていたことを知っていたという。警察は同容疑で書類送検する方針だと報じられているが、両親が共犯者だと知りながら「我慢していた」少女は、今、何を思うのだろうか。
 
「それでも父親、それでも母親」か…
 

娘の将来が心配…

 
両親に利用された上、2人揃って逮捕されたしまった、この少女…
 

「この親より娘さんの行く先が心配だよね」
「可哀想なのはお嬢さんですね」
「心の傷を思うとほんとに苦しくなる」
「せめて普通に育ってほしいと願う」
出典:JNNニュースより

 
心配なのは、こういうこと…
 
兄弟(姉妹)がいるのか、祖父母も同居しているのか、家族構成は明らかになっていないが、「1人になってしまったらどうするのか」などの心配もされている。しかも、こんな理由で両親が警察に連行されてしまったという「心の傷」も負っているというのに…
 

 
また、自分のキワドイ写真や動画を、気持ち悪いオヤジに撮影され、歪んだ大人だちがそれを買っていく…そんな凄まじい経験をこの歳でしてしまった彼女が、今後、普通の学生生活を送れるのだろうか。
 
警察の調べに対し、逮捕された父親は「娘の幼少期を台無しにしてしまった」と供述しているというが…
 

それなら働けよ…

 


報道によると、少女のビデオ出演は、1本あたり「1800万円」の売上を出し、映像を提供した父親には「500万円」の報酬があったという。
 
サラリーマンの平均年収、もしくはそれ以上の稼ぎを出していた…ともなれば、たしかに魅力的なビジネスではある。…が、「自分の娘」を犠牲にしてまでとは、とんでもない話。しかも、腹を痛めて産んだ母親まで…
 
どうしても働けない、特別な理由があったのかもしれない。しかし、仮にあったとしても、(当時)小学生~中学生の娘に、こんなことは絶対にさせてはいけない。
 

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)

 

「データ」を提供する危険性

 
既に、商品化されてしまっている、少女の「着エロ」映像
 

 
これが、ネット上に「動画」として配信されてしまったら、世界中のアダルトサイトに拡散され、完全に削除することは不可能となる…
 
たとえばこの動画を、彼女の同級生が、今後お付き合いする男性が、会社の上司が、“たまたま”見つけてしまったらどうするつもりだろうか…といっても、アップされてしまっている以上、もうどうしようもない。
 

リベンジポルノ撲滅大作戦!

 
彼氏・彼女と、わいせつ画像や動画を“勢い”で撮影してしまったカップルが、そのデータをネタに別れた後「脅す」ケースも増えている。いわゆる「リベンジポルノ」だ。データの扱いには、十分に注意しなければいけない時代…
 

大人の性が歪み過ぎている…

 
この両親や、他3人の容疑者がどうしようもないのは当然のこと
 


それを「欲しがる」大人がいることが問題。大人たちの「性」が歪み過ぎている…
 
この少女の「着エロ」だけでも数千万の稼ぎを出している、「ロリコンビジネス事情」。悲しいことに、需要と供給が成り立ってしまっているわけだが、売る方も、買う方も、法律で認められていない行為ということを、忘れてはいけない。
 
むしろ、「犯罪」というスリルがたまらないのか…(?)
 
「性的嗜好」は人それぞれ…といえばそれまでだが、それに乗っかってビジネスをする、ましてや「自分の娘を使って」なんてもっての他。この父親には、深く深く反省していただき、出所後は「自分が」家族を養う立場となり、家族を守ってほしい。
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい