LINEに残した「3人の名前」原因はいじめか?北九州・私立高校の女子生徒が自殺 

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
また、「いじめ」の犠牲者が…
 

北九州・私立高校2年が自殺

 


福岡・北九州市の高校2年生が、4月に自殺していたと報じられた。
 
26日(水)の報道によると、亡くなったのは市内の私立高校に通う、16歳の女子高生。今年の4月17日午前8時すぎに自宅を出て、10時20分頃に学校の近くにある墓地で首をつっていたのが発見されたという。病院に搬送されたが、死亡が確認された。
 
遺書は見つかっていないが、こんなメッセージを残して逝ってしまった。
 

あんたたちのせい…

 
この女子高生は、自殺する直前に、LINE(ライン)で同級生の女子生徒3人にメッセージを送っていたという。
 

 
そこには、「私に何かあったらあんたたちのせい」、「後悔しても知らん」といったメッセージが綴られていたとか…
 
要するに、この3人が彼女に恨まれるような「何か」をしていて、それが理由で自殺したと…そう考えるのが妥当だが、現在のところ、学校や教育委員会が「いじめ」などの事実を認めたわけではない。
 

仲良しグループ内でトラブルに

 


亡くなった女子高生と、LINEを送った3人の女子生徒は「仲が良かった」そうだが、3人のうちの1人と2016年11月頃トラブルとなり、仲が悪くなっていたという。
 
同級生からは、「終業式で写真を撮る時、わざと写らないようにされていた」、「集団無視をされていた」という証言もあったとのこと。不仲になり、関係が悪化した結果、「いじめ」のようなことをされていたと…
 
彼女が自殺した経緯や理由は、何となくみえてきたが
 

いじめ政略論 -構造と打開策-

 

学校は「いじめではない」と説明

 

スポンサーリンク


 
彼女の自殺を受け、学校は一部の生徒を対象にアンケートを実施したそうだが、5月下旬に開かれた緊急保護者会では、「いじめはなかった」と説明していたという。
 
しかし、自殺した女子生徒の両親が納得できなかったのだろう。「遺族の要望を受けて」6月に再びアンケートを実施したところ、前述のような証言が出てきたという。初めに行ったアンケートは「一部の生徒」が対象、6月の再アンケートは「全生徒」が対象だった。なぜ、はじめから「全生徒」を対象としなかったのだろうか…
 

出典:日本ニュースより

 
また、これらの証言についても、学校側は「いじめではなく、グループ内のトラブルだった」との認識を示しているという。彼女の父親は、「学校の調査は話にならなかった」と、TNCのインタビューに答えている。
 

学校の評判を守ることしか考えてない

 
学校が示した見解については、批判が殺到。
 

「100%いじめですね」
「いじめというトラブルだよね?」
「学校の評判を守ることしか考えてない」
「トラブルと言い切る学校は何なん?」
出典:TNCテレビ西日本ニュースより

 
いじめの事実を一度は否定するも、親族や世間の批判を受けて撤回するケースは多い。
 


一度は事実を認めるも、「いじめではなかった」と撤回する逆のパターンもある。
 
ただ、学校側も「隠ぺいするため」ではなく、生徒の証言など情報が錯綜しているため、発言が二転三転した…ということも考えられる。それをハッキリさせるため、今月31日に「第三者委員会」を設置し、真実を明らかにしていく方針を決めている。
 

女子の人間関係

 

私は同情できない

 
ネットには、こんな意見も寄せられた。
 
おそらく女性と思われる投稿者によると、「女同士なら、こんなの日常茶飯事。私も中・高校と何度もされたけど、頑張って耐えてきた」とコメントしている。
 

 
たしかに、グループの中の誰かと誰かが同じ人を好きになり、対象の男子が一方を選んだら、一方が嫉妬してその娘をシカトしはじめた…なんていうシーンを、ドラマや再現VTRなどでよく見かける。
 
作品の世界のみならず、現実でもそういったシチュエーションは見受けられる。このコメント主が言いたいのは、「それくらいで自殺するな」ということだろう。
 
ただ、これまでに報じられていない「自殺したくなるのも当然」と思うような、酷いことを言われた、されていた可能性もある。ほんの一部を切り取った報道だけで、「死ぬのはおかしい」、「私なら我慢する」とはいえない。
 

いじめからは夢を持って逃げましょう!

 

学校、行かなければ良かったのに…

 
自殺した女子生徒が高校生ということから、「義務教育じゃないんだから、辞めればよかったのに」という意見もあった。
 

高認があるじゃん!2017-2018年版 (高卒認定試験完全ガイドブック)

 
たしかに「高卒」は資格でも取れるので、そういった対処法もある。
 
また、「死ぬくらいなら、恨みつらみをブログや動画に投稿してしまえばいい」という、乱暴なメッセージもあった。というのも、「死んでしまったら、悪い大人に事実を隠ぺいされてしまうから」ということだ。
 

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

 
しかし、そんな余裕が残っていたら、そもそも自殺はしないだろう。「学校辞めよう」、「仕返ししてやろう」と思える強さや心の余裕がなくなったから、自殺したのだと思われる…
 

決定的証拠を残して去った

 
3人の名前と「あんたたちのせい」という恨み節を残して逝った、女子高生。
 

 
両親や学校、一部の生徒は、この3人が「誰なのか」ということは分かっているはず。生徒の誰かがリークすれば、一気に拡散するだろう。既に、掲示板サイトでは「徹底的に追い詰めないとな」、「いじめた側の顔と実名さらして拡散させよう」などの犯人探しがはじまっている。
 
自分の個人情報が晒される心配だけでなく、「自分のせいであの娘が死んでしまった」という負い目を感じながら、今後、生きていくのも相当辛いだろう。「真っ当な人間の感覚」があれば、だが…
 
もし「いじめ」という認識がなかったとしても、彼女に何を言ったのか、どういうことをしてしまったのか、全て包み隠さず話してほしい。一時の罪を逃れるためにうそをついても、必ず後悔する日は来る。
 
31日の「第三者委員会」後、追記する。
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい