『カンナさーん!』のキーパーソンは要潤演じる“ゲス夫”か?ドラマの視聴率獲得は「クズ野郎」にあり

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
今クールも「火曜TBS」が強い
 

「カンナさん」好調な出だし

 


お笑い芸人の渡辺直美が主演を務めるTBSの火曜ドラマ『カンナさーん!』が、初回視聴率「12・0%」を獲得し、好発進を切った。
 
ポジティブなスーパーママ、河東カンナ(渡辺直美)が、夫婦問題や子育て、仕事など、様々なトラブルを前向きに乗り超えてゆくストーリー。渡辺直美が出演していることもあり、「笑えるコメディ」だと思って見た人も多かったようだが…
 
初回から、夫の浮気で離婚騒動となり、職場で八つ当たりして孤立し、義母に心無い言葉を浴びせられ、自転車で転倒し子供が病院送り…と、かなりハードな展開をむかえる。
 

カンナさーん!【期間限定無料】 1 (クイーンズコミックスDIGITAL)

 
原作は、人気女性漫画家の深谷かほるによる同タイトル『カンナさーん!』。
 

 

旦那のゲスっぷりが半端ない

 
放送終了後、渡辺直美が「私だったらあんな旦那、キンタマボコボコ潰しの刑」とつぶやいているように…
 


出典:渡辺直美ツイッターより

要潤演じる「イケメンだけどゲス夫」の鈴木礼が、“クズ過ぎる”などと批判の的に(?)なっている…
 

「なにが恋の病気だよw」
「なめくさってる!クズ男やな」
「旦那にイライラするわ~」
「旦那の親もイライラする」
出典:ツイッターより

 
女性陣は、ご立腹…
 
特にツイートが殺到したのは、「浮気じゃない…本気だ」と、礼が開き直った場面。「イライラしてみてられない!」というつぶやきが寄せられるも、視聴者はそれを楽しんでいる模様。日常生活の中では絶対にいて欲しくない「クズ夫」や「ゲス野郎」も、ドラマの中なら“面白い”からだ。
 

達磨林檎

 
「クズ夫」といえば…
 

「あなそれ」のゲス夫が話題に

 


出典:公式 あなたのことはそれほどツイッターより

前クールの火曜ドラマ『あなたのことはそれほど』でも、夫をないがしろにする美都(波留)と、その不倫相手の有島(鈴木伸之)が「クズすぎる」と話題を呼んだ。
 
特に、妻(仲里依紗)が出産で里帰りしている最中、同級生の既婚女と不倫温泉旅行へ行き、「産まれた」と連絡がきたら「子供が生まれたから帰る」と、やりたい放題の有島には、女性視聴者から「イライラして寝れなくなる」など、非難の嵐が吹き荒れた。
 

あなたのことはそれほど(5) (FEEL COMICS)

 
しかし…
 

「イライラする」はヒットの要因?

 

スポンサーリンク


 
『あなそれ』のように、「こいつマジないわ~」、「クズすぎてもう…」と、ツイッターで登場人物に罵声を浴びせながら見るのが、昨今の「正しいドラマの見方」なのかもしれない(?)
 


出典:【公式】「過保護のカホコ」ツイッターより

本日、第2話が放送される『過保護のカホコ』(日本テレビ) の初回放送も、話題になっていたのは「主役の女ムカつくわ~!」、「こういう奴マジでいるから!」などの“イライラ要因”だった。
 
また、カホコの母親(黒木瞳)の清々しいほどの過保護っぷりにも、同様のイライラツイートが殺到。横澤夏子の“あるあるネタ”が受けているように、ドラマでも「こういうウザイ奴いるよね~」とネット(ツイッター)が盛り上がることで、ヒットに繋がるのかもしれない。
 

Family Song (初回限定盤)

 
故に…
 

要潤演じる「ゲス夫」がキーパーソンか

 


「浮気をする」、「マザコン」、「優柔不断」と、女性が嫌う三大要素を持ち合わせている、クズ夫・礼(要潤)。
 
子供の誕生日に浮気していたことが発覚し、妻に追い出されるも浮気女の所へ泊まり込み、2人の話し合いには実家の両親を連れて行き、その話し合いでは妻の目の前で「浮気じゃなくて本気」と言い放つ、このクズ夫が、第二話以降でどう暴走してくれるのか…
 
今後の視聴率獲得は、この「ゲス夫」の言動にかかっている(?)
 

カンナさーん! 2 (クイーンズコミックスDIGITAL)

 
ちなみに、同・火曜TBSドラマでは、こんな話題作もあった。
 

あり得なさ過ぎて笑える…

 


出典:せいせいするほど、愛してるツイッターより

昨年夏に放送された、火曜TBSドラマ『せいせいするほど、愛してる』では、木南晴夏が演じた優香の「このメス豚ぁーーーー」などの名言が、「面白すぎる!」と話題になり、優香の暴走が過熱するにつれ、視聴率も上昇した。
 
かつての「大映ドラマ」のような、現実ではありえない展開や耳を疑うような台詞も、3周くらい回って「アリ」とされはじめている(?)。前クールの『あなそれ』で、涼太(東出昌大)が放った「お天道様の罰があたった」、「でも、蕎麦は食べるでしょ?」などのサイコパスな台詞も、話題となった。
 
演じている側はマジだが、観ている方は笑える名言を取り入れると、盛り上がることは確か、だ…
 
ちなみに、『カンナさーん!』の初回放送で「ありえない」とコメントが殺到したのは、礼のゲスっぷりもそうだが、その礼の母親(柳子)を演じているのが、斉藤由貴であること…
 


現在36歳の要潤と、50歳の斉藤由貴。実年齢で計算すると、斉藤由貴が14歳で要潤を産んだことになる。斉藤由貴が「美しすぎる50歳」ということもあり、ドラマの「役柄」とはいえ、さすがにこの2人が親子という設定は無理があったか…
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい