【中3女子連れ去り】新宿区“無職”村木洋容疑者逮捕「顔も髪型もヤバイ男によくついて行ったな…」

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
「不可解」な点も…
 

中3女子を住まわせた40代男を逮捕

 


今月2日(日)から13日までの12日間、見ず知らずの女子中学生を自宅に住まわせたとして、40代の男が逮捕された。
 
逮捕されたのは、東京・新宿区の無職、村木洋(むらきひろし)容疑者、47歳。報道によると、千代田区のゲームセンターにいた14歳の少女に「うちに居ればゲーム代などおごるよ」などと声を掛け、家に呼び込んだとのこと。防犯カメラの映像などから村木容疑者が浮上し、逮捕に至った。
 
調べに対し、村木容疑者は…
 

「誘拐したつもりはない」と否認

 
前述の村木容疑者の供述が事実だとすれば、たしかに「誘拐」とは少し違うような気もする。
 

 
千代田区と新宿区は隣り合っていて、たとえば飯田橋から早稲田あたりなら歩いても行ける距離。ゲームセンターから自宅まで、何で移動したかは分かっていないが、徒歩にしても電車にしても、タクシーにしても、途中で「誰かに助けを求める」ことはできただろう。
 
警察は、誘拐された経緯など調べを進めているところだが、少女は怪我などをしていないそうで、今のところ「衰弱している」や「何かをされた」といった被害も確認されていない。
 
ということは、「本人の意思」でついて行ったということだろうか。しかし、「ゲーム代」という誘惑だけで、ノコノコついて行くだろうか…
 

そもそも男ってやつは皆、ロリコン・マザコン・ドスケベなのです

 

こんな男によくついて行ったな…

 
この不可解な事件に、もっとも多く寄せられているのが、これらの指摘
 

「キモい!目つきも髪型もやばいし…」
「見た目がヤバイ。よくついて行ったな」
「この男のナンパについていくか~?」
「変な男についていく中学生も問題ある」
出典:ホウドウキョクニュースより

 
数々のコメントを要約すると、見るからに気持ち悪い「不審なおじさん」に、よくついて行ったなということ…
 


「人は見た目」…ではないが、たしかに若干強面(?)の村木容疑者に突然声を掛けられて、ノリノリでついて行くとは考えにくい。
 
初対面の、しかも30以上も年上の男に、14歳の少女が何の躊躇もなく、ついていくだろうか…という疑問と一連の報道から、こんな予想もあがっている。
 

家庭環境に問題があったのでは?

 

スポンサーリンク


 
ゲームセンターで声をかけられた時間帯は報じられていないが、14歳の少女がゲームセンターに1人でいたこと、12日間も「誘拐事件」として取り上げられなかったことなどから…
 

 
「家出少女なのでは?」という予想が、ネット上ではされている…
 

「家出少女っぽいな」
「この世で一番信用できなかったのは親…」
「親切な大人が神様みたいに見えたのか」
「単なる家出と家出擁護ですね」
出典:ホウドウキョクニュースより

 
報道では「外出中に親とはぐれて事件に巻き込まれたもの」とされているが、これについても「親とはぐれてこんな男の家について行くか?」という疑問が寄せられている。村木容疑者がうその供述をしているのかもしれないが、それにしても不可解な点がいくつもある。
 
そもそも…
 

無職で「ゲーム代おごる」って…

 

出典:ANNnewsCHより

 
報道によると、村木容疑者は新宿区の集合住宅で1人暮らしをしているようで、この自宅に少女を連れ込み、12日間住まわせていたとのこと。
 
集合住宅といってもピンキリだが、新宿区といえば東京23区内の中でも人気のエリアで、「ワンルーム・1K・1DKマンションの相場(HOME’S調べ)」でも平均家賃が9万円台と、かなり高額。
 

ニート―フリーターでもなく失業者でもなく (幻冬舎文庫)

 
にもかかわらず、村木容疑者は「無職」。家賃はどうしているのだろうか…
 
若い頃に成功をおさめ現在は貯蓄で生活している、実家が金持ち、株やブログの広告料などで生活している、そして「生活保護受給者なのではないか」など、様々な憶測が飛び交っているが、何にしても「無職なのにゲーム代おごる」はないだろう…
 
犯行や容姿のみならず、こういった素性からも、村木容疑者の素顔が垣間見える…
 

千葉大生の事件を思い出す

 


出典:産経ニュースツイッターより

今回の事件を受け、昨年大きな話題となった「埼玉少女誘拐事件」を思い出したという、そんな人も多い。
 
これは、2014年の3月、埼玉県朝霞市の当時中学1年の少女を誘拐し、2016年3月までの2年間、東京・中野区の自宅アパートに監禁した、(当時)千葉大生の男が起こした事件。
 
この事件についても、今回と同じように「2年間も逃げずに住んでいたのは不自然」などの意見が寄せられていたが、裁判が進むにつれ、「助けは何度も求めた」、「アサガオの種で作った薬で洗脳」、「近所の人に話しかけたが相手にされなかった」などの事実が判明。
 
また、13、14歳の少年少女と、我々大人とでは経験値や知識が違う。今回連れられた少女もそうだが、大人の思う「普通こうするよね」を、まだ未熟な彼らが冷静に判断することは難しいだろう…
 

新潟少女監禁事件 密室の3364日 (朝日文庫)

 
お決まりのアドバイスで締めくくりたいと思うが
 

知らない人についていっちゃダメ

 
小さい頃、遊びに行く前、玄関でお母さんに言われたあの一言…
 

出典:共和教育映画社 kyowafilmより

 
これは、時代が変わっても、何歳になっても、守るべき教え。
 
今回の事件は、少女に何もなかったことが不幸中の幸い。しかし、興味本位でついて行ったら「とんでもない変態だった」、「突然豹変してキレた」、「写真や動画を撮影された」など、事件に巻き込まれる可能性は高い。
 


中には、「知っている人」なのに、とんでもない事件を起こす大人もいる。
 
「親がきらいだから」、「何かを買ってもらえるから」、そして大人も「超タイプだから」などの理由で、うかつに他人・知人について行ってはいけないということだ…
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい