自民・日下部伸三議員の失言「バカでもチョンでも」は“差別用語”なのか…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
基準が曖昧…(?)
 

「バカでもチョンでも」自民・日下部議員が失言

 


29日(木)の定例埼玉県議会で、自民党の日下部伸三議員が「バカでもチョンでもできる」と発言したことが、物議を醸している。
 
これは、少子化対策について発言したもので、「子育て応援行動計画の少子化対策の費用対効果について(中略)、様々なデータで相関係数を出して傾向を見るのが統計学の手法」と述べた後に、この「バカでもチョンでもできる」という発言が飛び出したという。そもそも、この話の流れから「バカでもチョンでもできる」と言う必要性があったのか…
 
日下部議員は、直ぐに「不適切な発言でした」と撤回しているが、メディアの取材に対しては「撤回したので問題はないのではないか」と開き直りともとれるようなコメントをしているという。これを受けて、自民県議団の小島信昭団長が「発言をよく考えてほしい」と注意を促したと話している。
 
これが、都議会選にどう影響を及ぼすのか…
 

政治家失言・放言大全 問題発言の戦後史

 
世間の反応は、賛否両論
 

「バカチョン」は差別用語ではない

 
肯定派からは、「かつては、朝鮮人の子供を普通にチョンと呼んでいた」、「侮蔑する意味ではなく、親しみを込めて使っていた」などのコメントや、「バカと同じよな感覚で使う言葉であり、差別用語ではない」という主張もされている。
 

「バカチョンは使っていいのでは」
「元々は差別用語じゃないんでしょ?」
「そんな大騒ぎすることかねぇ」
「なぜ差別用語なのか分らなかった」
出典:埼玉新聞ニュースより

 
あくまで、「個人」の見解…
 


出典:ハフポスト日本版ツイッターより

2年前、自民・谷垣禎一前幹事長が「ばかだチョンだというようなことを維新は言っている」と発言したことが問題視されていたが、その際にも、「これは差別語なのか?」と疑問を投げかける人や、「差別用語じゃないのに、差別用語に結び付けられた言葉」などの意見が寄せられていた。
 
一方
 

明確な「差別用語」です

 
当然、「チョン」は差別用語だと指摘する人もいる。
 

最新 差別語・不快語

 
ウィキペディアによると、チョンとは「まともでは無いもの、間の抜けたものや頭の悪い人物を嘲る言葉」という意味で使われると記載されている。当時の朝鮮人を「見下して呼ぶときにも使っていた」という説もあり、やはり、あまり良い意味では使われていないことが分かる。
 
中には「朝鮮人に面と向かっては言えない言葉であるというのが、それ(悪い意味で使われていること)を証明しているのではないか」という、独自の見解を述べる人も。
 

大嫌韓時代

 
日下部議員の「チョン」発言については、こうして擁護する側と、批判する人との論争(?)が繰り広げられているが…
 

差別用語は時代と共に変化する

 

スポンサーリンク


 
「昔は当たり前に使われていた」言葉も、いつの間にか「差別発言」とされているものも多い。
 


出典:J-CASTニュースツイッターより

たとえば、斜視を例えた「ロンパリ」や、障害者の方を示す「身障」、LGBT支援者が増えた昨今では、「オカマ」や「ホモ」ですら差別用語として扱われる。
 
また、「放送コード」の制限もかなり厳しくなっている。90年代初期までは、バラエティ番組などで胸を出すこともアリとされていたが、90年代後半からは深夜番組でさえNGに。ドラマでも、今では地上波で放送するのは難しいような「差別発言」や過激なシーンが90年代前期までは登場していたが、昨今のドラマは規制だらけで作られている。
 
映像については、「放送番組審議会」が決定するものもあるが、「差別発言」については、「何年何月何日からこの言葉は使えなくなりました」と発表されるわけではないので、その時代の空気を読み取って、使い分けなければいけない。
 

差別用語の基礎知識〈’99〉―何が差別語・差別表現か?

 
「昔のおじさん」と呼ばれる政治家たちが、こういった問題発言をウッカリ漏らしてしまうのも、仕方ないといえば仕方ないのかもしれない…
 

過敏になり過ぎ?

 
日下部議員の「バカチョン」発言や、報道番組のコメントなど、二階俊博幹事長が言っていたように、「一行でも悪いところがあったらすぐ首を取れ」という風潮が強まっている。こうして、メディアや視聴者が「過敏になり過ぎている」ことで、面白い番組がなくなったり、質の高いアーティストが出てこなくなったという指摘もされている。
 


ただ、政治家という立場なら話は別で、小倉氏の言うとおり、「たった一行でも」絶対に言ってはいけない言葉がある。谷垣氏の問題もあったことから、「バカでもチョンでも」という発言は、するべきではなかっただろう…
 
そもそも「チョン」を使わなかったとしても、「バカでもできる」の時点でアウト…のようにも思える。
 

時代遅れの政治家は切り捨てられる

 

出典:ANNnewsCH

 
今年4月に行われた二階派のパーティーで、東日本大震災を巡り「あっちの方(東北)だったから良かった」などと発言したことが大きな波紋となり、辞任の意向を固めた今村雅弘復興相。
 
これも、十数年前までは、メディアに圧力をかければねじふせられた…かも(?)しれないが、今はツイッターなどで個々の意見が発信できるようになり、「世間はそう思っていないよ」ということを、誰もが知れる時代になった。
 
彼らが政治家になった頃とは、時代が大きく動いている。
 

石原慎太郎妄言録

 
意味不明と叩かれた石原慎太郎元都知事の弁明も、メディアの書き方やネットに寄せられた批判など「世間の空気」が、あの「レジェンド」さえも「ただの老害」扱いとさせた。「平成」ですら終わるというのに、いつまでも「昭和気分」で居座り続ける政治家たちは、時代の流れを読み取って発言をしたり、政治活動をしなければ、切り捨てられていく…
 


あの頃のまま「俺様の時代」ではいられない。時代に馴染み、ついていくということは、本当に大変だ…
 

スポンサーリンク


 、

あわせて読みたい