細田博之総務会長、豊田真由子議員のパワハラはありだって?「使えない秘書」も悪いってか…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
「一理ある」と言えるのか…?
 

細田博之総務会長、豊田氏をかばう

 


「このハゲーー!」と、男性秘書に暴言・暴行をし、離党届を提出した豊田真由子氏が、連日話題となっているが、昨27日(火)、彼女が所属する「細田派」の自民・細田博之総務会長が、この騒動について擁護とも取れるコメントをした。
 
細田氏曰く、豊田氏を乗せて運転していた男性秘書が、高速道路の出口を間違え、さらに戻ろうと「逆走」したことで「ちーがーうーだろぉー!!」と、ブチ切れたことが、騒動の発端だという。一歩間違えれば、車に乗っている自分の命も危ぶまれる展開。高速道路の出口で逆走なんて、たしかに「おいーー!」と、大きな声で怒鳴りたくなるのも無理はないが…
 
怒りの発端…
 

学研ステイフル 誕生日カード レーザーポップ エッフェル塔

 
バースデーカードの宛名間違い」ではなかったのか…(?)
 

反省するところは反省している

 
細田氏によると、豊田氏は「反省するところは反省している」という。具体的にどこについては反省していて、どこについては反省していない(?)としているかは不明だが…
 


おそらく、殴ったり、人を人とも思わないような暴言を吐いたことについては「反省している」として、秘書の「仕事のできなさ」については、お互い様だろうということではないだろうか…(?)
 
もちろん、同派ということで半ば強引に擁護しているというのが、主な理由だろう…
 
とはいえ、どんな理由があっても暴力は肯定できない。逆走も危険だが、直接的に暴行を加えることで、事故に繋がる可能性もある。後部座席からパンチはOKで、逆走はNGというのも、かなり矛盾している気がするが…
 


出典:週刊女性PRIMEより

彼女の中では、自分なりの「常識」や「ルール」があるのだろう…(?)
 

「使えない」政策秘書も悪いだろ

 

出典:デイリー新潮より

 
豊田氏の暴行・暴言について、批判が殺到していることはもちろんだが、被害に遭った男性秘書についても、こんな意見が寄せられている…
 

「秘書が使えない奴だった可能性も」
「60近くで、ゆとり世代のような男」
「女議員もダメ、でも秘書はもっと…」
「こんな部下にキレるのはわかるな」
出典:ツイッターより

 
しまいには、「豊田議員は悪くないでしょ」と、あの暴行・暴言を正当化(?)する人も…
 
たしかに、支持者の名前を間違えることは、信用問題にも関わることだけに「激怒」するのも当然。また、逆走についても、本人の言う通り「人の命をなんだと思っているんだ」と怒鳴りたくなるのも、わからないではないが…
 
医師から「顔面打撲傷」と診断書が出されるほどの暴力が、許されるはずはない。
 

問題なのは「パワハラ」だけか?

 

スポンサーリンク


 
これは、豊田氏と男性秘書の問題に限らず…
 

出典:PATAKUSO

 
「上司からの圧力」だけが問題視されがちだが、明らかに「仕事をしない、できない」部下に非がある場合もある。
 
それが、一生懸命やっていて「できない、使えない」ならまだしも、ただ毎日「出勤」してるだけ、ミスをしても「だから?」というような顔で聞き流している、「使えない」では済まないレベルの部下も、近年増加しているという。
 
そういう部下のことを…
 

「モンスター新入社員」と呼ぶらしい

 


出典:痛快TV #スカッとジャパンツイッターより

12日に放送された『スカッとジャパン』(フジテレビ)では、その「モンスター新入社員」について取り上げ、上司が受けている被害の一例について紹介していた。ここまで酷い部下はさすがにいないと思うが、「近い」レベルの使えない、憎たらしい部下は世に溢れている。
 
特に最近は、こういった「ナメた」態度を部下に取られても、豊田氏のように「ブチ切れ」られない。というのも、今回のように「パワハラ」で訴えられてしまう心配があるからだ。また、若い世代だとSNSにその様子を投稿して、注意した上司をネットの晒し者にしてしまう。
 

出典:TomoNews Japanより

 
昔は当たり前だった「バカヤロウ!」も、2017年ではうかつに使えないワケだ。そう考えると、豊田氏の暴走はある意味凄い。怖いもの知らずというか、怖いものはないというか、何というか…
 
こういった部下をのさばらしにしておくことも問題だが、「パワハラ」を仕方ないとしていいはずはなく、また、「ハゲ」や「バカ」などの暴言ならイエローカードで済んだかもしれないが…
 

殴ったらレッドカード

 
そんなこと、東大法学部出身の豊田氏ならわかっているはずだが…
 


「わかっているけど~♪やめられないんですぅ~♪」で、危機的状況を迎えている。
 
さらに…
 

「こいつら、いつもウソつくよな」
「またまた、欺瞞の言い繕い」
「嘘の上塗り、信憑性がない」
「細田氏が民意に逆走している」
出典:毎日新聞ニュースより

 
細田氏の「擁護発言」が、国民の怒りをさらにヒートアップさせてしまった模様…
 
細田氏は、「状況が改善したら、落ち着いた気持ちで問題を整理して説明すべき」と、豊田氏に促しているそうだが、本人からの説明、もしくは会見が、また波紋を呼ぶことは間違いなさそうだ。
 

出典:デイリー新潮より

 
国民の信頼をこれ以上失わず、もっとも良い方法で解決するとすれば、豊田氏がこのまま「辞職」することが最善策といえるだろう。もう、誰も余計なことは言わない、しない方が無難かと思われる…
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい