「マスゴミ!」故・小林麻央と市川海老蔵を追いかけ回したマスコミ…への批判が酷い

「マスゴミ!」故・小林麻央と市川海老蔵を追いかけ回したマスコミ…への批判が酷い

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
思いやりの心を…
 

小林麻央、死去

 


出典:ライブドアニュースより

22日(木)夜、乳がん闘病中だった小林麻央が、自宅で息を引き取った。
 
翌23日の朝8時前、夫の市川海老蔵が自身のブログ『ABKAI 市川海老蔵ブログ』に「人生で一番泣いた日です(中略)改めてご報告させていただきます」と綴り、ツイッターには「もしかして…」などのつぶやきが殺到した。
 
「そうじゃないことを祈ります」というファンの願いも届かず、昼前に訃報が報じられた。が…
 

何でマスコミが先に?

 
訃報が届く前、同日午後2時半から会見を行うことを発表していた、夫の市川海老蔵。この時点で、「やはり…」と察した視聴者も多かったようだが…
 


2時半を待たずして、「小林麻央さん死去」という報道がされる。
 
これには、「会見前なのに何で?」、「マスコミが先に報道しちゃってる」、「察してくださいって言ってるじゃん!」などの批判が殺到した。彼らが言いたいのは、本人(海老蔵)が話す前に「確定」したかのような報道をするな、ということらしい。
 
彼らは、いつしかマスコミのことをこう呼ぶように…
 

マスコミはなぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか

 

マスゴミ!

 
記事のコメントやツイッターには、マスコミを「マスゴミ」と呼び、取材や報道の仕方についての批判がされている。
 

「マスゴミはハイエナ」
「人が死んだのにマスゴミって…」
「非人道的なマスゴミども」
「マスゴミ死ねに尽きる」
出典:ツイッターより

 
芸能人とはいえ、闘病中の人を追いかけ回し、その家族も追いかけ回し、亡くなった日にまで、家の前や公演先でカメラとマイク片手に待機している。たしかに酷い。中には、マスコミと思われる方からの、「今回のように配慮のない報道にはうんざりしている」というツイートもあった。
 

人の命を金としか思ってない

 

マスゴミ

 
その他にも、「人の死をネタにしてお金儲けしているクズ」、「マスゴミは奥さん失った悲しさとか全くわかってない」、さらには「マスゴミは人じゃないから死んでどうぞ」などの誹謗中傷もあった。
 
たしかに、病気の方や、亡くなった方の家族を取材して「儲けを出している」ということは、マスコミ、テレビ、メディアサイト全てそうだろう。今朝の堀越家への取材のように「それはさすがにやり過ぎ」と思うものもある。
 
しかし…
 

「死んでどうぞ」はないだろう…

 
「マスゴミいらない、死んで」は、彼らがゴミ扱いしているマスコミの取材より酷い。しかも、人が亡くなっていることについての報道に対して「死んで」という言葉は、いくら怒りを抑えられないからといって、使うべきではないだろう。
 

 
取材の仕方について納得がいかない、怒りがおさまらないという視聴者の中にも、「ゴミ」扱いはせず、どういう理由でおかしいと思ったのかということを、きちんと明記した上で批判している人もいる。
 
「マスコミの報道の仕方はおかしいよね」では弱過ぎる、といったところだろうか…(?)
 

マスゴミ崩壊~さらばレガシーメディア~

 
昨年、夫の市川海老蔵が妻・小林麻央の乳がんを告白し、今日の会見までの間で明らかになったことは…
 

マスコミ以上にネットのコメントが酷い

 
と、いうこと…
 

スポンサーリンク


 
「マスコミ叩き」と同じ投稿者ではないと思われるが、「小林麻央、死にそうだな」や、「海老蔵は金のことしか考えていない」など、酷い投稿をしている悪質なネットユーザーも多く、彼らのファンからは「こういうコメントは止めてください」などのクレームもあった。
 
投稿者が「誰」なのか分からないので、止めてと訴えても止められず、自分だと誰も気づかれないことをいいことに、「ゴミ」だの「死ね」だの言いたい放題…
 

そしてまた、手のひらを返す…

 
しばらくはないだろうが、落ち着いた頃に、市川海老蔵や姉・小林麻耶に対しても、コメントひとつ取り上げては叩きはじめる。
 
あんなに心配していたのに…?
 


これまでの報道に対するコメントを見れば、そうなることは何となく予見できる。マスコミより、どうにかしなければいけない人はいる…が、それが「誰」なのか分からないので、どうすることもできない。ネット社会の恐ろしさ…
 
また、「ゴミ」扱いされているマスコミの方たちも…
 

好きでやってんじゃねえよ

 
と、言いたいはず…(?)
 

マスゴミはもういらない? ネット時代の役割を考える

 
中には、「人ひとり死んだことろで…」、「また金になりそうなネタだ」という、冷徹・冷淡な人もいるかもしれないが、取材をしている側も、ウキウキしながら亡くなりそうな人の家の前で張り込みをしたり、記者会見で故意的に「あり得ない」ような質問をしたりはしないだろう。
 
マスコミだって…
 

日めくり文庫 にんげんだもの

 
しかし、それでも仕事だから「数字」は取らなければいけない。おそらく、割り切ってこういう仕事ができない、我慢できなくなった人たちは、メディアの仕事から退いていくのだと思われる。彼らも大変なのだ…
 
また、当の市川海老蔵も、マスコミには…
 

ある意味、感謝している

 
今日行われた会見で、マスコミに対してこう話している。
 


出典:AbemaTVツイッターより

自宅や病院にまで張り付いていたことに「感謝している」と言ったわけではないと思われるが、彼らの取材がキッカケで、病気が公になったこと、ブログ「KOKORO.」をはじめることができたと、今日の記者会見で話している。
 
今朝のブログに書かれていた、「近隣の方々のご迷惑になるので、ひとまずおかえりくださいませ」というのも、家の周りには居ないでほしいと伝えただけで、「報道しないでほしい」と言っているわけではない。
 
「マスゴミ死ねよ」というのは、当事者をかばい、同情して言っているような印象を受けるが、そんなこと、本人たちは望んでいないのではないか…
 

そのつぶやき、意味がある?

 
ツイートやコメントはほとんどが意味のないもので、そういうものだが、マスコミに対して「放っておいてあげろよ」と言っているように、つぶやいたり記事にコメントする人たちも、見たら傷つくような投稿は控えるべき
 


出典:NEWS ZEROツイッターより

きっと、亡くなった小林麻央も、マスコミを「ゴミ」扱いしたりすることは望んでいないはず…
 
市川海老蔵が会見で話していたのは、「彼女は元気になったら、自分が経験したことで多くの人を救いたいと言っていた」ということ。彼女や家族のことを思うなら、マスコミへの批判ではなく、何を学んだのか、命の大切さ…などを、つぶやいたり、コメントしてほしい。
 
小林麻央さん、ご冥福をお祈りいたします。
 

スポンサーリンク


 

芸能カテゴリの最新記事