【好感度急落】大島優子にブーメラン「薬やってんじゃないの?」勢いで動画投稿しないで…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
これを「飛び火」というべきか…(?)
 

大島優子の好感度がダダ下がり

 


今月17日(土)に開催された「第9回AKB48選抜総選挙」で、20位にランクインした須藤凛々花が「電撃結婚報告」をし世間を賑わせたが、それを痛烈批判した大島優子が「飛び火」を食らっている。
 
問題の動画は、真顔で「結婚発表、何考えてんのかしら。ね?」とつぶやくところからはじまり、「結婚、え~!あたしもした~い!ううぅぅぅーー!あたしもしたいのに先こされた~!あはははは!うううぅぅーーー!」と、いきなりご機嫌(?)な様子で笑いはじめる。
 
さらに「恋愛禁止じゃないのに、恋愛できてな~い!」と自虐ネタを挟んだところで、またシリアス(?)な感じで「だからね、総じて言いたいのは、こういうことだと思うの。この帽子が私の全ての言葉」と、被っている白いキャップにプリントされた「Fuck」という文字を見せて、動画は終わる。
 

HUF FUCK IT SNAPBACK CAP BLACK

 
本人としては、他のメンバーの気持ちを代弁し、グループのことを思って(?)投稿したのかもしれないが…
 

須藤本人よりタチ悪いんですけど…

 


騒動から3日経った火曜日あたりから、須藤凜々花よりも大島優子への嫌悪感を示すコメント数が上回りつつ(?)ある…
 

「あんな帽子を持ってることに引く」
「須藤本人よりタチ悪いんですけど」
「須藤はバカだが大島はそれ以上」
「改めてイヤな奴なのはわかった」
出典:ツイッターより

 
「元メンバーとして言いたいことは分かるが、女優業をしている以上、こういった品のない動画を投稿すべきではない」という冷静な見方もあれば、こんな印象をもった視聴者もいる…
 

クスリでもやってんじゃないの?

 
真顔から高笑いし始める様子を見て、こんな疑惑まで浮上…
 

「笑い方が狂人、怖すぎる…」
「見たくなかった、イメージ変わった」
「いじめ集団のトップみたい」
「絶対におクスリキメてますよね」
出典:YouTubeより

 
もちろん、これらはいち視聴者の感想(?)であり、事実とは異なるが、この動画によって、イメージが悪化し、好感度が急落したことは間違いない。中には「こんな動画を投稿してCMのスポンサーは大丈夫なのかね?」という指摘もあった。
 


出典:マクドナルドツイッターより

 
大島優子は、現在「マクドナルド」のキャンペーンCMに出演中。犯罪により逮捕されたわけではないので、CMの降板などはないと思われるが、「Fuck」と書かれた帽子を被り、大笑いしながら後輩を批判する女優が広告塔というのも、イメージが悪い…
 
今後の仕事にも影響を及ぼしそうだ。
 

OBが騒ぐことに違和感

 

スポンサーリンク


 
芸能界からも、続々と批判の声が寄せられている。
 


出典:ハフポストツイッターより

特に注目されたのが、有吉弘行の「OB」に対する批判。
 
学生時代にいた「ダサイ先輩」を例に出し、今回の騒動と重ねて「グループを去った元メンバーが、こういった動画を投稿するのはどうなのか」という苦言を、パーソナリティーを務めるラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』でしている。
 
楽屋でやる分には構わないが、動画に投稿することが問題だという、ごもっともな見解も…
 


出典:しらべぇツイッターより

また、暴走なら負けない(?)女優の遠野なぎこも、レギュラー番組『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で、「思いはわかる」ということを前提に、「恐怖心を感じた」、「普通の女性がやることですか?」、「元アイドルなのに品がない」など、厳しいコメントを寄せている。
 
先輩方からの批判や、世間のバッシングを受け…
 

結局、謝罪するハメに…

 
「やり過ぎた」と反省したからか、周りの大人に注意を受けたからか、真相は不明だが、動画を投稿した2日後の19日に「不適切なコメントをして申し訳ございませんでした。不愉快な気持ちにさせてしまってごめんなさい。反省しています」と謝罪コメントをツイッターに投稿した、大島優子。
 


出典:大島優子ツイッターより

ツイッターのコメント欄には、「謝らないで良い」と擁護するファンと、「言葉は選んでほしい」などと批判する投稿者とのバトル(?)が繰り広げられている。ただ、「Fuck」という文字を見せたことについては、さすがに「良くやった」とかばってくれるファンはいない…
 

DUSTSTROKE ( ダストストローク )

 
また、この過剰なパフォーマンス(?)に「好感がもてた」とつぶやくファンからは、「結局、謝罪したことにガッカリした」というコメントが寄せられている。ここまで強気の姿勢をみせたなら、それを貫いて欲しいと思う人もいるようだ…
 
しかし、謝罪をして鎮火するのを待ったところで…
 

動画は拡散し続けている…

 
本人が投稿したインスタグラムの投稿は削除されているようだが、ネット上ではコピーされた動画が拡散している。
 

出典:amazing videosより

 
「大島優子」と検索するだけで、同じ内容の動画がいくつも浮上する。今投稿されているものは、近日中に削除されるだろうが、また新しく投稿され、また削除…の繰り返し。おそらく、この動画が完全に削除されることはないだろう…
 
「あの帽子」さえ見せなければ、これだけの騒動にはなっていなかったかもしれないが、たまたま映ってしまったわけではなく、自ら「私の全ての言葉」と言い放った上で見せたのだから、自業自得としか言いようがない。
 
「何考えてんのかしら。ね?」という動画冒頭の発言が、自分に返ってきてしまった、まさにブーメラン状態の(?)大島優子。
 

勢いで動画投稿すると大惨事を招く

 


先日、自分の子供を抱きかかえたまま運転させた動画が問題となっていたが、警察に情報提供があった12日から6日後の18日に、道路交通法違反で父親が逮捕された。おそらく「ここまでの騒動」になるとは想定していなかったのだろう…
 
この男性や大島優子のように、勢いで投稿した動画が、自分の首を絞め、その後の人生を狂わせることもある。「目立ちたい」、「思いを訴えたい」、「面白いって思われたい」という一時の感情で、安易にツイートや動画投稿をするのは危険。
 
一度ネットにあげてしまうと「消せなくなる可能性もある」ということを、SNSを使うすべてのユーザーが意識しなければいけない…
 


出典:【公式】エンタメ@マイナビニュースツイッターより

今回の騒動を受けて、「総じて言いたいのは、もうグループ全体的にどうでもいい」という皮肉を吐き出すアンチもいた。須藤凛々花や大島優子の暴走で、グループのイメージが悪化したことは、言うまでもない…
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい