『月曜から夜ふかし』に登場した芸人の「ももち」が気になったので調査した件…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 

『月曜から夜ふかし』に登場した芸人のももちが気になる…

 
月曜から夜ふかし』の街頭インタビューで、凄まじいインパクトを残した、この女性…
 


どうやら、一般人ではなく「ももち」という芸名で芸人をしていることが判明。
 
こちらが、彼女の公式ブログ
どすこい!柏崎桃子の諦めたら試合終了だよ!
 


ツイッターでも、ブログの更新がチェックできる。
 
昨晩の放送でももちと同行していた可愛い女性は、「ナナちゃん」というモノマネ芸人とのこと
 


森高千里」のモノマネなどをしているらしい。
 
さらにももちは、今年初頭こんな番組にも出演していた…
 

アスタリフト ジェリー アクアリスタ 60g〈BIGサイズ〉【リフィル対応】
 

実はかなり「ストイック」なももち

 
「正月太り」速攻解消!?楽しくて長続きすると噂の『TRF EZ DO ダンササイズ』を体験するももち。
 

 

TRF イージー・ドゥ・ダンササイズ EZ DO DANCERCIZE TRF-WS01【正規品】
 
さらに遡ること、2015年夏、「マンスリーTVダイエットヴィレッジ」という、ダイエット企画番組にも参戦していた。
 
コチラのブログでは、番組の様子がチェックできる。一緒にダイエットをする怠けた女性に、一喝入れるももち。ただ面白いだけではなく、根性もあり、なかなかストイックなタイプのようだ。
 

TRF EZ DO DANCERCIZE3 「LOVE&PeaceForever」 下半身集中プログラム DVD avex イージー・ドゥ・ダンササイズ
 

「ももち」はいったいどんな芸風なのか?

 
番組で視聴者を大爆笑させた、その「トーク力」だけで十分面白いのだが、実際、芸人としてはどういったキャラクターで売り出しているのだろうか。
 

 
YouTubeで「ももち」の検索をかけてみると、このエクササイズ動画の他、「その生き様が凄い」という内容の動画がいくつかアップされている。
 
所属事務所である「石井光三オフィス」をチェックしてみると、漫才やネタについての明記は特になく、「舞台」を中心に活動していることが分かる。
 


「女40歳 肉屋のムスメ」という、星野園美の初プロデュース公演にも出演した、ももち。芸人のみならず、舞台女優としても、今後活躍が期待できそうだ。
なるほ、ももちが本領発揮できるタイトルだ…
 
そして、来月には「新宿バッシュ!!」でライブ出演する予定のももち。
 
[前売1000円、当日1300円]
チケット代の安さに拍車をかけ、「よふかし効果」で倍率上がりそうな予感。
 
芸人独自のネタがあるわけではなく、演技やトークだけで勝負する姿勢をみせるももち。ひな壇トークやドラマのわき役などにも使い勝手よさそうで、今後、メディアに頻出することも期待できそうだ!
 

師匠!芸能界って面白おまんな―石井光三の黒いビニール手帳初公開
 

あっちの「ももち」はどこに行ってしまった…?

 

スポンサーリンク


 
今回の調査で、「ももち」という検索ワードを入力してみたところ、やはり「ももち」で上位にヒットするのは…
 

 
こちら、嗣永桃子の方の「ももち」だった。
 
そういえば、ここ最近ツインテールで「にゃんにゃん」とはしゃぐ、嗣永桃子の方の「ももち」を見ていなかったように思える。不安が過ったので、「ももち 現在」で再び検索をかけてみたところ…
 

 
ファンの間では知れ渡った情報かと思うが、先月「ももちこと嗣永桃子が声帯ポリープ治療で活動休止」していたことが判明。しかし、その治療前である10月以前から、メディアの露出は控えめだった気がする。
 
実は、こちらの「ももち」
 

 
デビュー当初から、「困ったちゃん」や「ワガママ」っぷりは有名だったようで、周りの大人たちを困らせていた、という噂も浮上している。もちろん、事実かどうかは定かではないが…
 
ここ最近、露出が少なくなった原因は、「ハロプロ内での内輪モメ」により、仕事が激減したと報じられている。
 
いくら、誰もが虜になってしまう「超可愛いアイドル」でも、上部に反抗的な態度をみせるだけで、一瞬でかき消されてしまうのが「芸能界」。もちろん、ももちがそういった態度を本当にとっていたかどうかは分からない。ただ、業界で生き残っていくのは大変だということは、たしかである…
 
今後、「嗣永桃子」の方がどういった活動をしていくかは分からないが、「ももちの名前は私がいただく!」という意気込みで(?)、柏崎桃子の方の「ももち」に、期待してみよう!
 

 
このタイミングでブレイクの兆しをみせるとは…
さすがです。
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい