「26万のサービスって何…?」風俗店の外国人女性に<強盗・傷害>中野工業高校教諭・佐藤稔之容疑者逮捕

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
こんな事で、一生を棒に振る…
 

都立高校の教諭が強盗・傷害で逮捕

 


風俗店から派遣された女性を殴り、さらに現金を奪った50代の男が逮捕された。
 
強盗傷害容疑で逮捕されたのは、東京・東村山市青葉町の佐藤稔之(さとうとしゆき)容疑者、52歳。報道によると、今年4月16日、東京・豊島区東池袋のビジネスホテルで、風俗店から派遣された外国人女性に、馬乗りで顔を押さえつけて殴り、現金約26万円の入ったトートバッグを奪った疑いがもたれている。現金のほとんどは、佐藤容疑者が代金やチップとして支払ったものとのこと。
 
佐藤容疑者は、容疑については認めているものの、その動機が酷すぎる…
 

「プロ意識の低さに腹が立った」って…

 
佐藤容疑者は、警察の調べに対し、「プロ意識の低さに腹が立ち、女性に渡した現金を奪った」と供述しているという。
 
プロ意識の低さ…?
 

「プロ意識の低さとは何でしょう?」
「どういう事が不足していたのか?」
「具体的に教えてほしいです」
「何処まで要求したのでしょうか…」
出典:FNNニュースより

 
多くの視聴者が困惑している…
 

 
中には、「アフターを要求して断られたのでは?」というコメントもみられたが、26万もの大金を支払ってくれた乗客の、食事やカラオケを断るだろうか…?
 
また、「来た女が40代だったからでは?」という意見もあったが、それは指名した段階で説明があるはず。会ってみたら「イメージと違った」ということも考えられるが、それなら代金やチップを支払う前に、断るなり、チェンジするなりしたかと思われる。
 
ところで…
 

26万のサービスって何ですか?

 


報道によると、佐藤容疑者は「240分6万4千円のコース」で女性を指名したそうだが、代金を上回る10万円を先に手渡し、さらに延長料金やチップとして、およそ16万円を支払っていたという。支払った金額も恐れ入るが、「なぜ?」という疑問を誰しも抱くはず…
 
これはあくまで予想だが、サービスを受ける中で、「金払うからコレもやって」、「もっと払うからアレもやって」と、過剰なサービスを要求していたのではないか、と…(?)
 

 
「プロ意識の低さ」を指摘したということは、「プロなら何でもできるだろう」と思い込んでいるはず。金にものを言わせて何でもやらせ、「さすがにソレはできない…」と断られたら、殴って払った金を奪い取る。…とすれば、まさにクズ男の代表格…
 
「ボッタクリ店だったのでは?」という意見もあったが、たとえそうだとしても別の解決法があり、佐藤容疑者はそれくらいの知識は持ち合わせている。なぜなら…
 

都立高校の教師だから…

 

スポンサーリンク


 
報道によると、佐藤容疑者は、都立・中野工業高校の定時制教諭だという。
 
被害に遭った女性に対して「プロ意識の低さに腹が立った」と供述しているが、自分の「教師としてのプロ意識」とやらは、どこへいったものか…
 
裏ではこんな事件を起こした佐藤容疑者も、学校では「いい先生」を演じて(?)いたかもしれない。ついにその化けの皮が剥がれ、彼のことを信頼していた生徒や子供を預けていた保護者は、どんなことを思うだろうか…
 


事件を受けて、「暴力とわいせつは教職者の日常だから…」などと全国の教師の方たちが巻き込み事故を食らっている。やってはいけない立場でありながら、どうしてこういった事件を起こすモラルのない教師がいるのか…
 
そもそも、こんな事件を起こした教師が、定年間際まで働けていたことに驚かされる。これまでに「あの先生、おかしいんだけど…」と、不信感を抱いた女子生徒はいなかったのだろうか…
 

変態オーラ漂う顔だなぁ

 

出典:ANNnewsCHより

 
警察に連行されていく佐藤容疑者について、こういったコメントが殺到している…
 

「ずいぶんヤバいの出てきたな」
「そんな顔しているよ」
「変態オーラ漂う顔だなぁ」
「その顔だから26万出せばって…?」
出典:ツイッターより

 
事件とは関係ないことだが、こういった悪質な犯罪を犯すと、容姿への批判も必ずされてしまう。やったことがやったことだけに同情もできないが、もし学校でも生徒に「キモい」などと言われていたとすれば、それは気の毒だ…
 
そういった日々のストレスを、こういったサービスで解消していたということだろうか…(?)
 
そうだとしても、被害に遭った女性にとっては関係ないことで、佐藤容疑者に「ヤバイ」とされるオプションを要求され、いくつかは対応していたとすれば、いくら仕事とはいえ耐え難かっただろう…
 

派遣型風俗店は様々なトラブルも

 
派遣型風俗店、いわゆる「デリへル」と呼ばれるサービスには、今回の事件も含め、様々なトラブルがあるという。
 


客がストーカーになる、「本番」などの過剰なサービスを要求される、さらには、殺人事件に発展するケースも…
 
また、サービスをする側だけでなく、前述にもあった「ぼったくり」など、男性の被害者も多いという。「5万支払って10分で帰された」なんてつぶやきも中にはあった…
 
とはいえ、優良店で一生懸命働いている娘もいれば、マナーを守って楽しんでいる客もたくさんいる。こういったサービスがまるで「犯罪」のように言われるのも問題だ…
 

 
当然、懲戒解雇になるであろう佐藤容疑者。もちろん、退職金の支給もなくなるだろう。サービスに納得いかなかったのであれば、「このサービスっておかしくないですか?」と、口頭で注意すればよかったものを…
 
一時的な感情、もしくはストレス発散でやってしまったことが、後の人生を崩壊させるとは。人生何があるか分からないが、自分で蒔いた種は自分で刈り取るしかない、ということだろう…
 

スポンサーリンク


 
ヤバイ大人の休息地

あわせて読みたい