「放射能調査」装い女子中学生にわいせつ行為、矢崎勇也容疑者が真似た漫画家にも「要請」

「放射能調査」装い女子中学生にわいせつ行為、矢崎勇也容疑者が真似た漫画家にも「要請」

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
悪質にも程がある。
 

「放射能の調査」装いわいせつ行為で逮捕

 


13日(火)、住居侵入と強制わいせつの疑いで35歳の男が逮捕された。
 
逮捕されたのは、埼玉県草加市の無職・矢崎勇也(やざきゆうや)被告。報道によると、2016年1月8日午前11時半頃、「放射能の調査をする」と偽り家の中に侵入し、「死にたくなければ声を出さないで」と脅迫した上で、自宅にいた女子中学生の体を触ったという。
 
警察の調べに対し、矢崎容疑者は「性的欲求を満たしたかった」と容疑を認めている。
 

知っておきたい放射能の基礎知識

 

親の留守を調査した計画的犯行

 
矢崎容疑者は、被害に遭った女子中学生が一人で留守番をしているのを狙って、犯行に及んだという。
 

 
どういった方法で「親のいない時間」を調べたのかは不明だが、変態な上、このストーカーとも言える犯行に背筋が凍る。被害に遭った女の子は、相当怖い思いをしたに違いない…
 
草加市内では、3年前の2014年から今年までに、小中学生の女児が被害に遭った「わいせつ事件」が20件ほどあったようで、警察は捜査を続けていたという。犯行場所やターゲットなどから、矢崎容疑者が関与している可能性は高い。
 

超キモイし卑劣、「クズの典型」

 
事件を受け、ネット上で散々に叩かれている矢崎被告。いくら叩かれても同情の余地はない…
 

「気持ち悪すぎる」
「凄いレベルの低い発想だね」
「卑劣!クズの典型」
「こういう奴が一番の悪だと思う」
出典:NNNニュースより

 
また、その容姿についても「キモいオーラが漂っている」、「いかにもやりそうな奴だな」、「これはアウトな顔してる」などのバッシングを受けている。これについても、弁解の余地ナシか…
 

出典:FujioTV ニュースより

 
中には、「典型的なオタクだな」というコメントもみられた。どうやら、その予想は正しかった(?)ようで…
 

同人誌を模倣して犯行に及んだ

 

スポンサーリンク


 
と、容疑について話しているという。つまり、漫画の内容を真似た犯行…
 


出典:クジラックスツイッターより

これについては、模倣とされた漫画家の方が、11日(日)に「警察がきた」とつぶやいている。おそらく、矢崎容疑者が「この漫画を真似した」と警察に供述したからだろう。
 
ネット上には、「クジラックスの『ガイガーカウンター』の影響か」というコメントや、「さすがにこれはまんまだもんな…」などの指摘がされている。『ガイガーカウンター』について調べてみると、3年前の2014年にネットに投稿されているものがあった。
 
■【閲覧注意】「クジラックス先生のがいがぁかうんたぁがマジでヤバい…
 
漫画では、身体に触る前に暴行を加えているが、犯行に及ぶまでの流れや手口などはソックリで、「模倣した」というのも納得の(?)内容だ…
 

「社会の発展に好ましくない」

 


警察は、漫画家の男性に、自身の作品を模倣した事件が起きたことを説明し、模倣されないよう配慮してほしいと要請したという。つまり、「事件につながるような漫画は描くな」ということだ。
 
報道によると、漫画家の方は事件にショックを受け、県警の申し入れを了承したという。
 
ネットの意見は賛否が分かれていて、これが問題とされるなら、他の漫画や映画、ドラマも、ほとんどの作品が「NG」となるだろうということ。結局、模倣する人間が悪いだけの話で、作品自体に罪はないと、警察の対応を批判する人は多い。記事にもあるが、「事後的にどうとでも説明できる」。
 
一方で、「表現の自由も、何でも許されるわけではない」など、こういった内容の作品は規制すべきだという意見もある。どちらの意見も一理あるが、「震災(放射能調査)をネタにした」ということについては、さすがにマズかったか…
 

魂でもいいから、そばにいて―3・11後の霊体験を聞く―

 

震災から6年3か月

 
先週の日曜6月11日で、東日本大震災の発生から6年3か月が経過した。
 


出典:NHKニュースツイッターより

今も、こうして亡くなった方たちに語りかけ、祈りを捧げる被災者の方たちがいる。
 
そんな中、自分の性的欲求を満たすために、「放射能の検査といえば侵入できると考えた」などというふざけた手口で、一人の少女に恐ろしい思いをさせた矢崎容疑者の罪は重い。殺人や暴行事件ではないものの、被害に遭った女子中学生にとっては、一生のトラウマになりえるかもしれない犯行。さらに、被災地の方たちの神経を逆なでするような行為は、殺人同等の犯罪といってもいい。
 


「原発非難いじめ」もそうだが、他人事で笑い話にしているような人たちには、いつか天罰が下る。
 

スポンサーリンク


 
ヤバイ大人の休息地

危機ニュースカテゴリの最新記事