【悲報】この人誰?タイガー・ウッズ逮捕写真に驚愕!41歳の有名人と比較してみると…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
全世界に衝撃が…
 

タイガー・ウッズ逮捕

 


29日、カリフォルニア州出身の男子プロゴルファー、タイガー・ウッズ(Tiger Woods)選手が逮捕された。
 
ウッズ選手は、同日午前3時頃、自宅のあるフロリダ州で、交通検問を受けた際に逮捕されたと報じられている。飲酒または薬物を使用した疑いがもたれていて、留置所に収容されたが、およそ4時間後に保釈された。
 
保釈後、ウッズ選手は…
 

容疑を否定している

 


THE ANSWERによると、ウッズ選手は釈放後すぐに釈明を行い、以下のようなコメントを発表している。
 

「私が行ったことの重大性は理解しており、いかなる責任もとるつもりです。皆さんに知っていただきたいのは、この件にアルコールは関係していないということです。今回は、処方された薬が予期せぬ反応を示したということです。複数の薬がこれほど強く影響するとは思いもしませんでした」
出典:THE ANSWER

 
声明によると、酒は飲んでおらず、薬物も違法性のあるものではなく、病院で処方されていた薬により、何かしらの反応が出てしまったということ。これが事実だとすれば、濡れ衣により大きなイメージダウンを受けたことになる…が、現時点では、ウッズ選手、米メディアどちらの言い分が正しいのかは分からない。
 
ウッズ選手の逮捕は、日本でも大きな話題となっているが、話題の焦点となっているのは、飲酒運転や薬物使用ではなく、インターネット上に掲載された逮捕時の顔写真について…
 

この人、誰ですか…?

 

 
報道された際、これが誰だか分からなかった人も多かったようで…
 

「写真だけ見ると殺人犯ですね」
「アル中のホームレスみたい…」
「昔の面影がなくなってしまった…」
「言われなければ分らないレベル」
出典:ロイターニュースより

 
「タイガー・ウッズ選手」と報じられると、驚きの声があがった…
 

 
たしかに、全盛期の頃と比べると、とても同一人物とは思えない…。それが時の流れによるものなのか、酒や薬の影響なのか、はたまた、選手として活躍していないことが影響しているのか
 
原因(?)は不明だが、冷静に考えてみると…
 

写真が撮られたのは午前4時

 
予告ナシに警察に連れて行かれ、「お直し一切ナシ」で撮られるワケだから、メディアの前に出る時との温度差があるのは当然…
 

 
「予告・お直しアリ」で撮られる運転免許証写真でさえ、酷い仕上がりになってしまうというのに(?)朝方、半ば強引に撮られた写真が「昔の面影がない」と言われるのも仕方ないだろう。
 
逮捕写真に写るウッズ選手は、目はうつろで髭は伸びっぱなしだが、よく寝た後に、シャワーを浴びて髭を剃り、身支度を整えて撮影すれば、「かつての面影がない」なんて言われないはず…(?)
 

 
ただ、生え際の後退だけはどうすることもできない。
 
ちなみに、ウッズ選手は1975年12月30日生まれの、41歳。ウッズ選手と同じ年の芸能人といえば…
 

スポンサーリンク


 

さかなクンと同級生

 

 
タイガー・ウッズとさかなクンと比べるのも如何なものかと思うが、日本で活躍する有名人と比べてみると、その差は歴然…(?)。その他には、オダギリ・ジョー、伊勢谷友介、坂口 憲二などの人気俳優や、バカリズム、庄司智春などのお笑い芸人がいる。
 
また、海外の41歳には…
 

 
メジャーリーガーのデビッド・エクスタイン(David Eckstein)や、ティム・ハドソン(Tim Hudson)、安藤美姫の元コーチでフィギュアスケーターのニコライ・モロゾフ(Nikolai Morozov)などがいるが、彼らと比べてみると、さほど歳の差は感じられない。
 

 
同じ黒人では、ラッパーの50セントがいるが、むしろ彼の方が老けている(?)。同じ41歳でも、日本人(アジア人)が若く見えるだけ…ということだろう。決して「落ちるところまで落ちたから」、この仕上がりになったというワケではない(はず)。
 
また、有名人が若いことには理由があり…
 

人前に出ないと一気に老ける

 


一時休養していたり、出産・子育てを経て復帰した女優が、「激太りしていた」、「肌の劣化がひどい」なんてことはザラ…
 
著名人に限らず一般人でも、人前に出ない事務作業などをしている人と、接客業をしている人との違いはあるようで、「人前に出る」仕事をしている人の方が、圧倒的に若さを保てている。
 

見た目が若いは、武器になる
 
ウッズ選手も、今年2月に行われた欧州ツアーで腰痛により棄権して以来、公式戦には出場していない。近年は成績もイマイチなので、「老けた」理由として、表舞台に出ていないことが挙げられる…のではないだろうか(?)
 
また、「心労」も絶えないようで…
 

2010年以降が悲惨過ぎる…

 

 
転落がはじまったのは、2009年11月に発覚した不倫騒動。その際、妻から車で逃げる途中に交通事故を起こし、無期限のツアー欠場を表明した。翌2010年3月に復帰するが、同年8月に離婚が成立し、元妻・エレンへの慰謝料1億1000万ドル(約114億円)を支払うことに…
 
不倫が発覚した際には、10人以上の女性との関係が明かされ、「セックス依存症」の治療を受けたとも報じられている…
 

セックス依存症―その理解と回復・援助
 
その後、2012年にはPGAツアーで優勝を果たし、生涯獲得賞金1億ドルを突破するが、翌2013年には腰の怪我で試合に出れなくなり、2014年にはマスターズを欠場。2015年には「予選落ち」という、悲惨な成績で姿をくらますことに…
 
自業自得といえばそれまでだが
 

何とかゴルフで巻き返してほしい…

 
ウッズ選手が逮捕された同日には、日本のゴルフ界のスーパースター、宮里藍選手が引退会見を行ったが
 

 
彼女のように「美しい退き方」ならともかく、世界を魅了したスーパースターが、このまま「悲惨な状態」で消えていってほしくはない…
 

 
再び「世界のスーパースター」として活躍をし、「あの逮捕された時の顔が嘘みたい」だと、世間を驚かせてほしい。ウッズ選手には、まだその可能性と未来がある…
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい