「用便をする姿が見たかった…」コンビニの女性トイレにマジックミラー貼付けた変態男が逮捕

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
世の中には、様々な「癖」をもった人がいる…
 

 


今月2日(火)16時頃、大阪・和泉市にあるコンビニエンスストアの女性用トイレに盗撮用の鏡を設置したとして、男が逮捕されていた。
 
府迷惑防止条例違反(卑わいな行為の禁止)の疑いで逮捕されたのは、同市いぶき野在住の、自称会社員の男(28)。男が盗撮用の鏡を設置した15分後、従業員が発見して警察に通報。およそ1時間後に男がスマホを回収しようとしたところ、任意同行を求められたという。男は翌3日に逮捕され、釈放された。
 
警察の調べに対し、男は容疑を認めていて、こんな供述をしているという。
 

用便をする姿が見たかった…

 
気持ち悪すぎる…
 

 
この供述に、「排泄とか見て何がいいのか?」、「変態を極めた男の末路」、「性欲って本当人を馬鹿にするんだな」など、呆れ声が届いている。当然か…
 
女性の裸や陰部が見たいという理由であれば、そういったサービスをしている店もある。また、排尿や排便を見せるビデオも発売されているようで、犯罪を犯さずとも、「用便をする姿」を見る方法はあるようだが…
 
逮捕された男やこういった犯行をする「特殊な変態」たちからすると、「そういうことではない」という。
 

のぞき見するから興奮する…

 
キモい…
 


これは「盗撮」だけに限らず、電車内の「痴漢行為」や、「強姦」などもそれにあたるようで、「このシチュエーションでするから興奮する」というのが、特殊な性癖をもった変態たちの言い分(?)だという…
 
それぞれに「性癖」があるのは仕方ない(?)ことだが、それが「法に触れる」ことであれば、当然認められない。本人たちもそれは分かっているようだが、「性欲が抑えられない」が故、こういった事件が一向に減らないという…
 
ところで、コンビニの女性用トイレに、どうやって盗撮用の鏡を設置したのか?
 

随分、手のこんだマジックミラーで…

 

スポンサーリンク


 
時事ドットコムによると、男はマジックミラー(縦20センチ、横18センチ)の裏側にスマートフォンを貼り付けて、プラスチックの外枠で隠した盗撮用の鏡を自作し、スマホを録画状態にして、便座正面に設置していたという。
 
マジックミラーは表面は鏡状になっているので、正面から見ても「ただの鏡」にしか見えないが、裏側からは外が見えるようになっていて、盗撮できるようになっている。車のガラス窓や、警察の取り調べ室などにも使われているので、見たことがあるという方も多いだろう。
 

【節電対策品】ロングマジックミラーフィルム
 
随分と手の込んだ犯行に「そこまでして見たいか?」とツッコミたくなるが、そこまでしてでも見たいのだろう…
 
男が隠しカメラを設置してから、およそ15分後に女子従業員がカメラを見つけたため、盗撮被害はなかったそうだが、これに気付いていなかったら…
 

誰かの用便が拡散していたかも…

 
男の供述から、おそらく「自分1人で愉しむためだった」かと思われるが、同じような仲間がいて、画像や動画を共有していたという可能性もある。
 


「男子児童ポルノの愛好家」としてラインのグループを作り、情報や画像の交換をしていた男たちが逮捕されたという事例もある…(今年2月)
 
もし、1人でも被害に遭った女性がいたとすれば、その映像がデータ化され、誰かのパソコンに保存されていた可能性もある。それが一度でもネットに投稿されていたら、取り返しのつかないことになっていただろう…
 
「カメラに向かって大開脚」している姿が全世界に配信…なんて、たまったものではない。
 

人生を棒に振る スマホ・ネットトラブル
 
たまたま、女性従業員がトイレをチェックしたから良かったものの、男性従業員しか居らず、チェックの時間も遅れていたら、大事件に発展していた可能性も…
 

改正条例の適用は初めて

 
今回、被害者がいなくても検挙できたのは、今年4月に府が「実際に盗撮していなくてもカメラを設置する行為を禁止」として同条例を改正していたからだという。改正後、適用されたのが「用便見たかった男」だった…
 

 
盗撮については、今年2月に女性宅に侵入し、脱衣所にカメラを設置したとして、東京都狛江市の男が逮捕されたことが大きな話題となった。これについては「不法侵入」という二重の罪を犯している…
 
実際、盗撮で逮捕されると、懲役又は罰金、それから名誉毀損やプライバシー権などの問題から、損害賠償を請求されることもあるという。現行犯逮捕が多いようだが、後日逮捕されることもある。
 
盗撮は重罪だ…
 

性犯罪の心理
 
また、逮捕された後には、こんな結末が待っている…
 

用便見たさに人生転落…

 
男は「会社員」と報じられているので、勤務先に告げられたとすれば当然クビ、もしくは「辞めざるを得ない」状況にはなるだろう。同じ会社の女性(いるとすれば)からも、「私のことも撮っていたのかしら…」と、冷ややかな目で見られることは間違いない…
 
「用便見たさに逮捕された男」と言われ続けて生きていくことは辛い。どうか、「欲求を抑えられなかった」という一時の感情で、人生を棒に振らないでほしい…
 
とはいえ、特殊な性癖は簡単に治すことはできない。
 

 
公園の公衆トイレや駅のトイレ、スポーツジムの更衣室や銭湯などでも、たびたび「隠しカメラがあるらしい」という噂が浮上していて、明らかに隠し撮りをしたような動画も投稿されたりしている。
 
特殊な性癖を治せないなら、厳罰化するしかないのだろうか…
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい