「俺DQN!」車ボンネット走行男が話題…顔が映ったツイッター動画拡散中、名前もバレて終了か

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
全国民の「笑いもの」に…
 

車のボンネットに乗り走行した動画が話題

 


今月16日(火)、車のボンネットの上に乗り、そのまま走行した動画が「悪い意味」で話題になっている。
 
撮影された場所は神奈川県横浜市の国道で、推定20代前半くらいの男性が、車内にいる男性に挑発(?)され、車のボンネットに乗り、そのまま600メートルにわたり公道を走る様子が撮影されている。
 
撮影時間は1分30秒程度で、どこかの駐車場と思われる場所から国道を走行し、自宅の駐車場ような場所で男性が降り、動画は終了。
 
この動画、報道ではモザイク処理がされているが、ネット上には…
 

顔の映った動画が拡散中

 
そもそも、自分たちが投稿したワケだから、顔の映った動画が拡散するのは本望だろう…
 

 
しかし…
 

「かまってちゃんマジキモい」
「頭の足りないかわいそうな子」
「見るからに頭悪そう」
「今頃ビビりまくって自首する準備」
出典:NNNニュースより

 
本人たちの思惑通りとはいえない(?)、「悲報扱い」とされている…
 
ボンネットに乗った男性が「かいと!まじで~」と叫んでいることから、動画を撮影している男性の名前が「かいと」であることが分かる。おそらく、逮捕されるのも時間の問題だと思うので、実名が報道される日も近いのではないだろうか…
 
報道番組などで、モザイク処理や「ピー」音を入れる必要があるのか?という疑問も浮上…
 
また、この動画が投稿されたツイッターには、車のドアに捕まりながら車道を走る動画も投稿されていたが、騒動になったことを受けてか(?)アカウントは非公開、もしくは停止している模様。
 
意外と気が弱い…(?)
 

所詮は横浜のヤンキーだろ

 

スポンサーリンク


 
報道によると、動画は「横浜市旭区の国道16号」で撮影されたとみられている。
 

 
この辺りに詳しい方の投稿によると「旭区川井本町」とのこと。
 
また、車の車種は「18クラウン アスリート」ではないかとネット上で話題になっている。ゼロクラといえば、ヤン車としても有名(?)。金髪のメッシュにマスクと「いかにも」な容姿からも、「所詮は横浜のヤンキーだろ」というつぶやきも投稿されていた…
 

 
「俺DQNだよ~!」と叫んでいるので、自分でも認めているということだろう(?)
 

【DQN】ヤンキー(不良)もしくは、軽率そうな者や実際にそうである者、粗暴そうな風貌をしている者や実際に粗暴な者、また、非常識で知識や知能が乏しい者を指すときに用いられる
出典:Wikipediaより

 
容姿のことだけでなく、彼らにはこんな批判もされている。
 

痛い目を見ないとわからないタイプ

 

 
動画冒頭で、「マジで危ない!!」と叫んでいるが
 

「痛い目を見ないとわからないタイプ」
「一度マジで大怪我したらいい…」
「別に死んでもどうって事は無い」
「そのまま、事故ればよかったのに」
出典:NNNニュースより

 
これに対して「落ちればいいのに」などのコメントが寄せられている…
 
専門家によると、時速は40キロ程度で、ボンネットに腰をかけ手を置いているだけで、何かに掴まっているわけではない。いつ振り落とされてもおかしくない状況に、「さすがにこれはヤバいだろう」と思わなかったのだろうか。
 
その勇気と度胸にはまったく頭が下がるが(?)、もちろん褒められたものではない…
 
また、「命の危険性」だけでなく、こういう動画を投稿すると…
 

逮捕され「前科あり」に

 


昨年末に大きな話題を呼んだ「おでんツンツン男」や「チェーンソー男」など、バカッターたちによる逮捕劇を知らないのか、知った上でこの動画を撮影したのかは分からないが、どちらにしても無謀すぎる。
 
逮捕された彼らが、その後どういう生活を送っているのかは明らかになっていないが、「前科あり」になったことは確か。しかも、「おでんをツンツン」したり、「チェーンソー振り回したり」して、逮捕されたという何ともマヌケな理由で…
 
彼らも「ボンネット走行男」とでもネーミングされ(?)しばらくは世間の笑いものになることは間違いないだろう。
 
現在、警察は「道路交通法違反」の疑いがあるとみて、防犯カメラの解析や、関わった人物の特定を進めている。「若さ故」が、人生を崩壊させることになるかもしれない…
 

交通事故事件・道路交通法違反 強制捜査関係書類作成の手引き
 
「おでんツンツン男」同様に、違う意味で「笑いはとれた」といえる、彼らのバカッター動画。この騒動も「武勇伝」にして、ロクでもない人生を送るのは結構だが…
 

他人には迷惑掛けないで…

 

 
誰にも被害が及ばなかったのが不幸中の幸い(?)だが、仮に事故を起こして他人が巻き込まれいたとすれば、たまったものではない。「自分が飛ばされて事故死」しても、その処理をする人がいたり、現場検証をする警察がいたり、そのせいで渋滞ができたり…と、迷惑を被る人が必ずいる。
 
「バカな息子をもちましたね」と、親や兄弟が後ろ指さされながら生活しなければいけないのも、気の毒だ…
 

 
また、彼らがはじめに投稿した元の動画は削除したかもしれないが、ツイッターやYouTUbeで拡散しているようなので、自分の不祥事が一生データとして残るということも、覚悟しておかなければいけない…
 
動画の最後には、「お母さん見てたぞ」とつぶやいているが、その母を泣かせることになるとは、思いもしなかっただろう。彼らが叫んでいた「まじヤバイ!」が、本気でヤバイ展開を迎えそうだ…
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい