GWのインスタは【リア充祭り】批判を浴びない投稿の仕方は?夏休みに向けて対策を…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
いよいよ、明日でGWも終わる…
 

最大9連休のGWも終盤へ

 
2017年のゴールデンウィークも、残すところあと2日。今年は「最大9連休」ということで、海外・国内旅行や帰省を計画する人も多く、各地行楽地も賑わいをみせている。
 

 
ツイッターでは、連日「ゴールデンウィーク」にまつわる投稿がトレンド上位にランクイン。大流行中のインスタグラムも、「#ゴールデンウィーク」や「#連休」というハッシュタグをつけ、様々な投稿がされている。
 
しかし、これらの投稿に対し「待った」をかける(?)投稿も…
 

リア充やめい

 
「最大9連休」とはいえ、誰もが9日間休めるわけではない。仕事の都合で、5月1日、2日は休めず出社した人もいるだろうし、その他の日に出勤しなければいけない仕事もある。サービス業の方たちは、出勤しなければいけないどころか、普段より忙しいというオマケ(?)付き…
 
そんな人たちが、仕事の合間に、仕事の後に、ツイッターやインスタグラムなどのSNSを開いたところ…
 

 
「彼とハワイ満喫してま~す♡」なんて投稿を目にしたら、どうだろうか…
 
実際に、飲食店で働く方からは、「勤務意欲がなくなるからリア充やめてくれ」、「飲食店勤務にとっては連休なんてただの生き地獄」などのつぶやきが投稿されている。仕事中の方は、ご立腹(?)のようだ…
 
仕事で忙しい方だけではなく、こんな人たちからも批判が…
 

「引きこもり派」によるクレーム

 
Pouchの調査によると、今年の連休は「外出はしない」と答えた引きこもり派が17%もいるそう。17%「も」なのか「しか」なのか、解釈は人それぞれだが…
 


「混雑が苦手」、「疲れたくない」はまだしも、「金欠」という理由で出かけられない人にとって、リア充の投稿は酷…
 
「私は金がなくて家でテレビ観てるのに、お前はハワイか!」、「彼氏と沖縄旅行だぁ?こっちは婚活サイトをネットサーフィンだよ!」」と、特に女性からの「ねたみ」がいくつも投稿されている…
 
リア充の投稿についての批判は、連休中にかぎってのことではないが、ゴールデンウィークは特にリア充をアピールできる絶好のチャンス。しかし、誰しも批判は浴びたくない…
 

つながり進化論―ネット世代はなぜリア充を求めるのか
 
では、フォロワーや友人の批判を回避するには、どういった投稿をすればいいのか?
 

ちょっとした工夫で印象が変わる

 


たとえば、結婚1年目のDAIGOと北川景子が『まどマギ(魔法少女まどか☆マギカ)』を鑑賞して号泣…という投稿が話題になっているが、「連休は自宅派」も、この投稿はアウト(?)
 
庶民派をアピールしても、美男美女が「家でラブラブ」なんて、「これからハワイです」以上の攻撃力がある。「可愛すぎる」、「微笑ましくて仕方ない」とコメントしている人たちの本音は…「かなりキツイ」。
 
一方、ハワイなどのリゾート地からの投稿でも…
 


「(これは湘南だが)海が大変なことになっている!」、「へんな虫に襲われた!」、「水着からハミ出た腹の肉ヤバイ」など、笑える投稿は合格(?)
 
「どこから投稿している」ではなく、誰といるのか、どういうシチュエーションなのかで、視聴者の印象は大きく変わる。どうしても「今、ここに来てます!」ということをアピールしたいなら、笑える、イタイ要素などを取り入れ、見た方が上から目線になれるような投稿をすれば、さほど批判を浴びずに済む(?)
 


あとは、自分のキャラクターをちゃんと見極めること。まったく同じような投稿をしても、大絶賛される人もいれば、クレーム殺到の人もいる。自分がどちらに該当するのかを、過去の投稿や周りの反応などから、研究してみてはいかがだろうか。
 
それでも「リア充」アピールが気になって仕方ないという方は…
 

全て「嘘」だと思えばいい

 

スポンサーリンク


 
以前、こんな人が世間を賑わせた…
 


彼女は、生活の全てをインスタグラムの投稿にかける、インスタに支配されてしまった女性の1人。
 
しかし、投稿された写真は「ほとんどが1人で撮ったもの」で、おしゃれなカフェで誰かとランチしてる風の写真が実は1人だったり、旅行している風の写真も実際には行ってなかったりという、衝撃の事実が告げられた…
 
視聴者からは、「偽装すぎて怖い」、「心が寂しい人ですね」などの批判が殺到。しかし、「実は私もだけどね」と心の中でつぶやいている人が、少なからずいるのではないだろうか…
 

リア充が実践しているモテる思考の作り方
 
こういうことをしているのは、(おそらく)彼女だけではない(はず)。「ウザいな」と思っている人の投稿も、「どうせ偽装でしょ」と思えば、少しは寛容になれるはず…
 
そもそも…
 

過度に反応し過ぎだろう

 
「彼とハワイ♡」はともかく、「ラーメン食べてる」、「イケアに来てる」、「公園で日向ぼっこ中」にまで「リア充うざ」と言っている自分…
 

 
なんだか、惨めに思えてこないだろうか…(?)
 
自分だけでなく、周りからも憐憫の眼差しを送られている可能性もあるので、これ以上評価を下げないためにも、あまり「リア充うざい」は、口や文字にして出さない方がいいのかもしれない…
 
そして、批判される側も
 

食卓にネコ (インスタグラマー・ブック)
 

気にしないで投稿すればいい

 
テレビやネットでも「その投稿って意味あんの?」と、声を大にして訴えているタレントがいるが、それを言えばほとんどの投稿は無意味。意味のある投稿を探す方が難しい。そもそも、「意味のある投稿」の基準も、よく分からない…
 
また、何を投稿しても、誰かしらは「どうでもいい」、「そういうのいらない」と言いだす。言われなくても、思われている。それでもうっとおしい人はフォローを外せばいいわけで、「友達だから外せない」なんて言っている相手は、おそらく友達ではない…
 

 
SNSの投稿なんて、本人が楽しければそれでいいのではないだろうか。人生、結局は楽しんだ人の勝ちだ…(?)
 
ちなみに、若者の意見をまとめると、インスタグラムは「リア充祭り」だが、ツイッターはやさぐれた人たちのつぶやきで溢れている、とのこと。どちらも使っている人がほとんどかと思われるが、「アンチリア充」の方は、インスタよりもツイッターでSNSライフを楽しんでみてはいかがだろうか。
 

スポンサーリンク


 
ヤバイ大人の休息地

あわせて読みたい