神田沙也加の結婚パーティーに母・松田聖子は出席するのか?不仲説の真相は…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
お祝いムードから一転…
 

神田沙也加の結婚が話題

 
26日(水)に発表した、歌手で女優の神田沙也加(30)と、モデル出身の俳優、村田充(39)の結婚発表が、大きな話題になっている。
 


出典:ライブドアニュースツイッターより

その余波は週末まで続き、本日30日に千秋楽を迎えた自身の主演ミュージカル『キューティ・ブロンド』に報道陣が殺到し、ファンへのサインや写真撮影のサービスを、急遽取り止めたという。
 
土日の情報番組も、エンタメコーナーは彼らの話題でもちきり。ネットニュースやツイッターにも、コメントが殺到している。
 

キューティ・ブロンド(特別編) [DVD]
 

父・神田正輝も祝福コメント

 
29日、大阪で仕事を終えた父親で俳優の神田正輝(66)が、娘の結婚についてインタビューに答えた。
 
結婚することについては、数カ月前に報告されていたそうで、お相手の村田氏とも食事したことがあり、彼の印象については「背が高くて静かな方」と話している。
 
以前、「30歳を過ぎたら結婚しなさい」とと言っていたことを明かし、ちょうど30歳で結婚したことについては、本人なりに(自分のアドバイスについて)考えていたんでしょうね」としんみり(?)語っている。
 

神田正輝in太陽にほえろ!
 
自身の結婚生活については「自分は色々ありすぎた」と自虐を交えて振り返り、「先に進むためには仲良くケンカしたほうがいい」と、意味深な(?)アドバイスをしている。神田正輝と母親で歌手の松田聖子(55)は、神田沙也加が10歳の時に離婚した。
 
その元妻・松田聖子については、「一緒に暮らしてないので、娘から結婚の報告を受けたのかどうかは分からない。母親だからしているのでは?」と話しているが、視聴者からは、こんなコメントが…
 

インスタの写真が全てを物語っている

 


出典:神田沙也加インスタグラムより

結婚発表の際に投稿した、この3ショットが話題になっているが…
 

「インスタの写真がすべてを物語っている」
「母より父に付いてるみたいだね」
「父方の姓の意味が分かった」
「聖子ちゃんとはうまくいってないんだ」
出典:スポニチアネックスニュースより

 
この写真が、世間にこういった印象を与えてしまっている…
 
たしかに、投稿した写真が父親との3ショットだけというのは不自然だし、芸名を「SAYAKA」から「神田沙也加」に変えたことについて、そういう意味があるのかな?と思われるのも、分からないでもない。
 
また、マスコミのインタビューの際に、松田聖子の名前は一切出さず、レポーターに母親のことを問われると、無言でその場を立ち去るという意味深なリアクションをしている。やはり、母娘の「確執」はあるのだろうか…
 
その真相が明らかになりそうなのが…(?)
 

5月13日に開かれる結婚パーティー

 


スポニチアネックスの取材によると、2週間後の5月13日(土)に、都内で結婚パーティーを開催するという。詳しい場所などは明らかになっていないが、近日中にはホテルの詳細なども発表されるだろう。
 
その結婚パーティーに、親しい芸能人や親族、父親の神田正輝はもちろん、気になるのは、母親の松田聖子が出席するのかどうか、ということだ。
 

 
ちなみに、1985年に挙げた神田正輝と松田聖子の結婚式場は「ホテルニューオータニ」(東京・千代田区)で、テレビ中継もされるほど大々的に行われ、平均視聴率は34%を超えた。招待客はおよそ500人、総費用は推定2億円と言われている。
 
神田正輝は、自分がヤリ過ぎただけに(?)、娘のパーティーについては「無理のない範囲でささやかに、飛び抜けて豪華にすることもない」とアドバイスしているが、視聴者が気になるのは、式場の場所や規模ではなく…
 

松田聖子は出席するのか?

 
ということだろう…
 
30日(日)現在、本人は何もコメントを発表しておらず、所属レコード会社は「連絡がつかなかった」と説明している。
 
松田聖子のスケジュールをチェックしてみると、5月13日に予定しているイベントなどはないようで、ライブも、ツアーがスタートするのは6月から。
 
CMの撮影やレコーディングなど、公になっていない仕事が入っているかもしれないが、愛娘の結婚式(パーティー)ともなれば、スケジュールをずらしてでも出席するだろう。ライブがあるならともかく、これで「欠席」となれば、さらに波紋が広がるのではないだろうか…
 


そもそも、今回の結婚発表以前から、この2人の不仲説は絶えず
 

「ネグレクトママ」なんて報道まで…

 

スポンサーリンク


 
歌手活動や男を「娘より優先してきた」と報じられ、それが「ネグレクト」とまで報じられている始末。
 


その他にも、育児はほぼ聖子の母(神田沙也加の祖母)がしていた、母親の仕事のせいで学校を転々とした、父親が次々に変わったことが確執につながった、など、ゴシップ報道ばかりの母娘。不仲説は、今に始まったことではない…
 

 
これまでは、そんな母親についていくしかなかったが(?)、2014年に声優を務めた『アナと雪の女王』でブレイクしてから、完全に独立し、親子の溝はさらに深まったという…
 
しかし、これらの報道は真実味に欠けるものばかり。なぜなら、本人たちがそう証言したわけではないからだ…
 

昔からゴシップまみれの松田聖子

 

 
松田聖子といえば、数々の名曲・名盤を発表してきた、日本を代表する女性シンガーだが、その一方で、「ゴシップ」でも第一線から退くことなく、今なお現役(?)
 
結婚、離婚、母娘の確執以外にも、外国人の彼氏「ジェフ」が話題になったり、度々報じられる「整形疑惑」、旦那の身内に総スカンを食らい、冠婚葬祭に参加できないなど、様々な報道がされてきた。
 
中には真実もあるかもしれないが、本人が言うとおり「勝手に書かれている」こともたくさんあるのではないかと思われる。
 

「We Love SEIKO」-35thAnniversary
 
週刊誌のネタになることも「松田聖子」のステータスだから(?)、本人も今更…という感じだろうが、娘を巻き込んでとなると、黙ってはいられないかもしれない。何より、本人たちにとっては…
 

大きなお世話だ

 
と、声を大にして言いたいだろう(?)
 
そういう仕事をしている以上、仕方ないといえば仕方ないが、自身のおめでたい報道で、母親との確執がどうの…なんて、気分が悪いに決まっている。
 
不仲説だけではなく…
 

 
神田沙也加の舞台を両親揃って見に来ていたという報道もされていたり、NHKの「紅白歌合戦」や松田聖子のライブなどでは、仲良さそうにデュエットしている姿も披露している。多少のわだかまりはあるのかもしれないが、世間やマスコミが言うほどの確執ではないのではないだろうか(?)
 
そして、たとえ両者が不仲であっても
 

娘が幸せならそれでいいのでは…

 
と、広い心で娘の結婚を祝福しているに違いない(?)
 

SEIKO JAZZ
 
松田聖子は3月に自身初のジャズ・アルバム『SEIKO JAZZ』を、6月にはニュー・アルバム『Daisy』を立て続けにリリースする。
 
「母親が仕事ばかり優先して恨んでいる」なんて報道がされているが、同じ業界で働く身として、その大変さは実感しているだろう。それが理由で母娘の確執が深まったとは思えない…
 
不仲が事実なら、理由はまた別にあるのではないだろうか(?)
 


出典:LINE NEWSツイッターより

ちなみに、神田沙也加のブレイク作である『アナ雪』の続編が、2019年に公開されると発表されたばかり。次作も彼女が声優を務めるかは分からないが、その頃には第一子を出産しているかもしれないので、オファーを断る可能性も…
 
子供を産めば、母の偉大さがさらに実感できるだろう。
 

スポンサーリンク


 
ヤバイ大人の休息地

あわせて読みたい