小林麻央がブログ更新で市川海老蔵に批判…「夫妻のブログをYahooに掲載しないで!」

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
世の中、病んでる人だらけか…(?)
 

小林麻央が5日ぶりにブログを更新

 


出典:ハフィントンポスト日本版ツイッターより

乳がん闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央が5日ぶりに更新したブログが、話題になっている。
 
19日(水)、「一緒に泣くこと」というタイトルで投稿したブログには、体調が悪くなり、歩くこともやっとになってしまったということが書かれている。「夜、母に背中をさすってもらって一緒に泣きました」とも綴られていて、読んでいるだけで胸を締め付けられる…
 
ブログの読者からは、「麻央さん負けないで」、「きっと神様は応えてくださいます」、「奇跡が起こりますように」など、応援メッセージが続々と寄せられた。体調が優れない中、ブログしてくれてありがとうと感謝を伝えるファンも。
 
しかし…
 

成田屋の食卓

 

相変わらずヤフコメが荒れている

 
荒れているというよりは、荒らしている人がいる…
 

「そんな体調でブログ書く必要ある?」
「ブログ収入の為に人を騙して金儲け」
「話が変わってオオカミ少年の話みたい」
「好きなblogの使い方ではありません」
出典:J-CASTニュースより

 
このブログを読んで、「よくそのコメントができたな…」というような、酷い書き込みがされていて、これに対して「人としてどうなの?」とコメント返しする人と、バトルを(?)繰り広げている。
 
考え方や受け取り方は、人それぞれ。ブログを読んで「何も響かない」人もいるだろうし、「綺麗ごとのように聞こえる」と感じる人もいる。感じ方までは強制できないが、それをわざわざ、誰でも見ることができる記事に書き込む必要はないだろう。
 
世の中、病んでる人だらけ…
 

予算が見える・効果が上がる ネット広告徹底活用ガイド

 
また、「どうせ、広告収入のためだろう」と批判する人もいるが…
 

仕事があることが支えになる

 
病気の人が一番辛いのは、自分が「何もできなくなってしまう」こと。
 
仕事をするのが難しくなっても、周囲のサポートを受けながら、自分なりのやりがいを見つけることで、回復につながることもあるという。自分のできる範囲でブログを更新し、「仕事」として広告収入を得ることは、批判されることではない。
 
参照サイト
■『知っていますか?がんのこと 茨城県教育委員会
 

 
また、同じように癌と闘う人への励みにもなるだろうし、当然、ファンはブログの更新を待っているはず。本人も、興味のない人に向けて書いているつもりもないだろうし、広告収入はアクセス数によって決まるので、気に入らない人は見なければいいだけの話だ。
 
ただ、「広告収入」については、小林麻央に対してではなく…
 

海老蔵さんブログやめてください

&nbsp

スポンサーリンク


 ;
夫の市川海老蔵に対しても、多くの批判が寄せられている…
 


出典:RBB TODAYツイッターより

というのも、妻の深刻なブログに対し、その後更新しているブログの内容が「軽すぎる」と、違和感や不信感を抱いているからだそう。たしかに、妻を心配する内容が書かれた「”一緒に泣くこと”」というブログの後には、いつも通りの楽しそうな日常が綴られているが
 
これも、不快に感じるなら見なければいいこと…
 
また、「妻が大変らしい」、「ブログの更新がなくて心配」など、ブログでちくいち報告することに対しても、「そんな事、直接電話で聞けばいいのでは?」などの疑問が寄せられていたり、以前「報道を控えて欲しい」とマスコミに訴えていたわりには、「むしろ報道してくださいという感じを受ける」とコメントしている人もいる。
 


しまいには、「病気の妻を金儲けに使っている」、「もう他に女がいるのでは?」などの誹謗中傷も。彼らは、よほど日常に不満を抱えているのだろうか…(?)
 
こういった批判が殺到しているのも、トップニュースに掲載されているからで…
 

もうYahooに掲載しないで!

 
と、訴える彼らのファンもいる…
 
ブログが更新された19日には、サンスポ、女性自身、デイリー、スポニチ、東スポ、シネマトゥデイ…など、10社近くの大手メディアがブログの記事を取り上げ、それがYahoo!の芸能欄のトップ記事に掲載されていた。
 
これに対し、「さすがにやりすぎでしょ」、「トップに掲載するのやめて欲しい」、「一般に広く晒す内容ではない」などの批判が殺到。
 


これは、以前から問題視されていたことだが、彼女の病状が悪化したことを受け、ますます「過度に取り上げないでほしい」と切に願う人が増えている。
 
ブログの内容について書かれた記事を載せるだけならまだしも、これだけ多くの人に見られるサイトだけに、「匿名で好き放題書いてください」というコメント欄を、このまま放置していいものだろうか。本人たちは気にしていないかもしれないが、これを見た彼らのファンが、ショックを受けたり不快な思いをしていることは事実。
 

 
書き込み主に、モラルを持つよう訴えても無意味なようなので、運営側が書き込む際のルールや規制を設けるなど、防止策を考えた方がいいのではないだろうか…
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい