「20代に見えたから」未成年者の顔を誤って公開… 公開捜査されたのは中2女子だった

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
「女」は未成年者だった…
 

不正に84万引き出した女が出頭

 


東京都北区のコンビニエンスストアで、今年2月にAMTから不正に現金84万円を不正に引き出し、捜査の対象になっていた女が逮捕された。報道によると、逮捕された女が70代の女性からキャッシュカード2枚を騙し取り、犯行に及んだとのこと。
 
警察は、昨日12日(水)の午前に、コンビニの防犯カメラに写っていた犯人の画像をツイッターやウェブサイトに掲載し、公開捜査を開始。同日夜に、あっさりと犯人の女が出頭し、事件は解決に向かうのかと思われた。いや、向かってはいるのだが…
 
この出頭した女が
 

犯行当時、12才だった

 
というから、驚きだ…
 
警察が提供した情報には、「20代ぐらい」、「茶色のロングヘア」という特徴が書かれていて、カメラに写っていた顔画像も公開していた。しかし、出頭した犯人は未成年で、警察の憶測で未成年者の顔画像を公開してしまったということになる。
 
が…
 

 
まさか、この人物が「12才」だとは、誰も思わないだろう…
 
20代ではないにしても、さすがに12才とは思えない。茶髪のロングヘアにつけまつげ、おそらく色付きリップやファンデーションも塗っているだろう。黒の大人っぽいアウターを羽織り、白のパンツ、黒いハンドバッグを持っている。どう見ても、高校生以上だ。
 
警察が「20代ぐらい」と勘違いしてしまうのも、無理はないだろう…
 
とはいえ、未成年者の顔画像を公開してしまったことは、前代未聞の大失態。警察の対応に、視聴者からは非難が殺到しているかと思われたが
 

むしろ名前も公表すればよい

 
顔画像だけでなく、「名前も公表すればよい」という厳しい意見や、今後「未成年かもしれないから」と、公開を躊躇することのほうが心配だという意見も寄せられている。
 

「悪質なやつは公開して結構」
「悪いことをしたんだからいいと思う」
「立派な犯罪、厳しく処罰しないと」
「少年法は必要ない」
出典:NNNニュースより

 
警察の失態より、犯罪を犯した少女に対しての批判が殺到…
 


これまで報道された未成年者による事件についても、「実名報道を認めるべき」などの意見が寄せられていた。中には「興味本位」や「そうした方が面白いから」という幼稚な理由もあったが、そうすることで、未成年者の犯罪が軽減できるのでは?というのが、主な理由。
 
この事件については、犯人の少女が当時12才だったため、刑事責任には問えない。それについても「どうなのか」と疑問に感じる人が多いようで、海外のように年齢に関係なく、悪質な犯罪は誰でも同じように罰するべきだ、という意見が多い。
 

犯人も少年法を悪用した?

 

スポンサーリンク


 
今回の事件、逮捕された少女が単独で犯行に及んだというわけではなく、どこかの詐欺グループに悪用されたのでは?という予想がされている。
 

 
「12才なら逮捕されても刑事責任には問えない」という、少年法を悪用したグループの犯行か…?
 
そうだとすれば、彼女の知人なのか、まったく接点のない人たちなのか、中には「親もグルでは?」というコメントもみられたが、彼女が母親に相談し、署に出頭してきたということから、親が犯行に関わっているということは考え難い。
 
逮捕前の報道にによると、被害に遭った70代女性に「不正に使われたようなので、カードを交換します」という電話があり、交換しに訪れたのが、この少女だったとみられている。大人っぽい恰好やケバいメイクをしていたのも、12才に見られないようにするためだろう。電話したのは別の人物で、彼女1人の犯行ではない可能性が高い。
 
もし、悪い大人たちに利用されたのであればm気の毒ではあるが、12才ともなれば、やって良いことと犯罪になることの分別はつくだろう。「脅された」などの理由がなければ、たしかに年齢は関係ない…
 

友罪 (集英社文庫)
 

少女の未来は絶望的か…

 
彼女が出頭したのは、友人がネットに公開された画像を発見し、連絡したことがキッカケだったそう。つまり、多くの友人・知人が、このニュースを目にした可能性が高い…
 

 
ツイッターやまとめサイトでは、公開された顔画像を張り付けて、「84万円で人生を棒に振った女」などと散々に叩かれている。気の毒だが、やってしまったことを思うと仕方ない…
 
刑事責任に問えないので逮捕はされないが、画像や記事が拡散され、一生ネット上に残ってしまうことは、逮捕されること以上の罰と言える。かつては何ごともなかったかのように流れた事件も、ネット社会になった今、犯罪を犯すとこういう結果を招くことになる。
 
もし、グループによる犯行だとすれば、関わった人物全てを公開するべきだろう。未成年者の彼女一人が犠牲になり、悪い大人たちがしれっと社会復帰することは許されない。
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい