【税金返せ】積立金でホスト通い…150万着服した(元)女性巡査に批判殺到「名前と顔は公開しないの?」

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
税金の無駄遣いにもほどがある…(?)
 

女性巡査がホスト遊びに150万着服

 


28日(金)、154万円を着服したとして、神奈川県警の女性巡査が停職3か月の懲戒処分を受け、同日付で依願退職した。
 
女性警察官は、横浜市「南警察署」生活安全課に勤務する24歳で、名前や顔などは明らかになっていない。
 
154万円を着服した理由は、「ホストクラブに行くため」だと話していて、この金は、生活安全課に所属する15人の給料から、旅行などのために毎月給料から引き落とされていたものだったそう。この積立金は、彼女が管理を担当していたという。
 
この報道に対し…
 

お金の不正防止マニュアル
 

税金をホスト代に使ったってこと?

 
と、怒りの声が殺到…
 

「ということは、ホスト代を税金で?」
「返せば、停職3か月で済むの?」
「何で名前や顔を公開しないのか?」
「逮捕しないんだ?税金返して…」
出典:JNNニュースより

 
この女性巡査は、停職を受けた28日に自ら退職をしている。また、着服した金は全額返済されていて、立件は見送られている。
 
逮捕されたわけではないし、警察官として勤務し続けるわけではないので、個人情報などは公開すべきではないが、“我々の税金”でホスト遊びしていたと思うと、「身内に甘過ぎだろう」と、批判が殺到するのも無理はない。
 
また、彼女は依願退職したわけだが、ということは「退職金」が出るのでは?という疑問が浮上。着服した金でホスト遊びをし、さらに税金で支払われる退職金まで貰うなんて「許せない!」と、国民はご立腹だ…
 
しかしこの女性、退職金を貰ったとしても、それではまかなえないほどの「大借金」を抱えているといるという…
 

元貸金レディが教える借金返済マニュアル: もう借金は怖くない!
 

消費者金融などから500万円借金

 

 
報道によると、(元)女性巡査は2015年の秋ごろから現在までのおよそ1年半の間に、60回ほど新宿のホストクラブに通ったとのこと。通っていくうちに貯金が底をつき、消費者金融などにおよそ500万円を借金してしまったらしい。
 

平成29年版 警察官実務六法
 
神奈川県警」によると、大卒者の初任給は23万7000円(程度)。女性の年齢は24歳なので、もらっていた給料は大体このくらいだったということになる。よほど贅沢しなければ、月に6~7万円程度は自由に使えると思われるが、500万円の借金と給料から単純計算すると、月に20万円ほど使える金をオーバーして、ホスト遊びしていたということになる。
 
着服した金は返済しているというが、この返済した金も「借りた」ものだとすれば、借金返済は続くことになる。退職金は貰うつもりなのか、貰うとしたらどの位の額になるのか…などは明らかになっていないが、もし、数百万の返済が残っているとすれば、退職金だけではまかなえないだろう。
 
彼女はこれで「無職」になってしまったわけだが、多額の借金を抱えているとすれば、どう返済していくつもりだろうか。「ホスト通いで大借金」といえば…
 

坂口杏里の二の舞に…

 

スポンサーリンク


 
記憶に新しい、「ホスト恐喝」で逮捕された、タレントの坂口杏里
 


彼女も、ホスト遊びの代償で大借金を抱え、「落ちるところまで落ちた」一人。元女性巡査も坂口杏里も、通っていたホストクラブは「新宿」だったと報じられている。
 
歌舞伎町のホストクラブは、借金が膨らんでも膨らんでも止められないほど、そんなに楽しいのだろうか…(?)
 

 
ホストクラブでの平均支出額は、店や遊び方によりけりで、具体的な金額は算出できないが、坂口杏里の場合、一晩で平均30~50万ほど使っていたこともあったと報じられている。また、初めて来店する、いわゆる「初回」の場合は1万円以下で楽しめるところがほとんどのようだが、2回目以降になると、ホストをの指名料などで支払いが高額になるパターンが多い。
 
ホストたちも、安く遊べる「初回」で客をどれだけ楽しませ、店に通ってもらえるようにするか、必死だ…
 
彼らがよほど楽しませてくれたのか、まんまとホストクラブに「ハマって」しまった、元女性巡査。彼女が今後どうなるのか「知ったこっちゃない」と思う人がほとんど…かもしれないが、坂口杏里と同じような迷走を繰り返し、しまいには「事件」を起こさないことを祈るのみ…
 

歌舞伎町トップホストが教える シャンパンタワー交渉術
 

使えるお金で遊びましょう

 
元女性巡査は、調べに対し「初めは友だちと一緒に通っていたが、楽しくなって1人で行くようになった」と話している。警察官という立場であった彼女が、不祥事を働いても、大借金を抱えても通いたいホストクラブ…
 

 
なぜ、女たちはホストクラブにハマるのか…?
 
「顔が好みで彼氏にしたいお目当てがいるから」という理由もあるだろうが、実は「人に話を聞いてもらうこと」は、性行為よりも快感度数が高いという。顔がイマイチでも、目を見て真剣に自分の話を聞いてくれる、話術の長けたホストがNo,1になるのは、そういう理由からなのかもしれない。
 

歌舞伎町No.1ホストが教える 選ばれる技術
 
彼女も、普段「聞き役」ばかりしていてストレスが溜まり、ここで発散していたのだろうか…
 
とはいえ、「じゃあ仕方ない」では済まないわけで、深く反省し、返すものは返して、今後は人に迷惑を掛けることのないよう「使えるお金で」自分に見合った遊び方をして欲しい。
 

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい