【西成区惨事】ベトナム人男性と15歳少女が心中…「これ、殺人事件では?」

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 

15歳の少女が21歳の男性と心中か

 
28日(火)、大阪市のマンションの一室で起きた事件。
 


15歳の少女と21歳のベトナム人男性が、自宅マンションで血を流して倒れているのを少女の母親が発見し、病院に搬送されたが2人は死亡。警察は、2人が「無理心中」した可能性があるとみて、調べを進めているという。
 
警察の調べによると、少女の胸には包丁が2本刺さっていて、男性はベルトで首を吊っていたとのこと。また、少女の母親の話で、この2人が交際していたことも明らかになっている。
 
一体、この2人に何があったのか…
 

救命センター カルテの向こう側
 

交際トラブルか?

 
母親の話によると、亡くなった2人と少女の両親は、1年ほど前からこのマンションに一緒に住んでいて、2人は2日前にけんかをしていたと報じられている。
 

出典:https://www.pakutaso.com

 
その「けんか」は口論だったのか、暴力もあったのか、そもそも原因は何だったのか…
 
詳細は明らかになっていないが、この2日前の「けんか」が、2人が亡くなったことと何かしらの関係があると思われる。そうなると、交際トラブルの末「じゃあ、一緒に死のう」というのは、不自然…
 
事件を知った視聴者からは
 

これ「心中」じゃないだろ

 
という指摘がされている…
 

「殺人した犯人の男の自殺じゃないか」
「記事内容からすると心中じゃないだろ」
「少女は殺されたんだろう」
「心中って言わないよ、殺人!!」
出典:朝日新聞デジタルニュースより

 
事件の概要が明らかになっていないので、何とも言えないところだが、報道されている内容からすると、コメントにもあったように、けんかの末、男性が少女を殺害し、その後自分も自殺した…と、考えられなくもない。
 
ただ、「大阪府警は心中の可能性があるとみて調べている」と報じられているので、無理心中だと思われる何かしらの情報や証拠があるのかもしれない。
 
しかし、「心中」だとすれば、包丁を2本も刺す必要があるのだろうか。そもそも、この少女に死ぬ意志があったのか…
 
謎は深まるばかりだ…
 

曾根崎心中
 

両親にも問題があるだろう

 

スポンサーリンク


 
少女の親にも、こういった批判が寄せられている。
 

「15歳で男と同居、まずここが間違い」
「娘と男を同居させる親のほうが気になる」
「15歳で実家で同棲?どういう環境?」
「いくら親が同意しても15歳ですからね」
出典:朝日新聞デジタルニュースより

 
報道によると、現場のマンションに、亡くなった15歳の少女と21歳のベトナム人男性、そして両親の4人で暮らしていたという。マンションの間取りはどうだったのか、どういう生活スタイルだったのか…など詳しくは報じられていないが、「そもそも、彼氏と思われる男性を、一緒に住ませていたこと自体が問題」という意見も頷ける…
 
彼女の両親と亡くなったベトナム人男性は、かなり親しい関係だったのだろうか。そうだとしても、未成年の自分の娘と、成人した男性の交際を認め、さらに一緒に住ませているというのは、一般家庭ではまずあり得ない…
 
しかし
 

「西成区」ならあり得る…

 
事件が起きた現場は、大阪市西成区天下茶屋2丁目のマンション一室。西成区といえば、多くの「ヤバイ」事件や犯罪が起きていることでも有名な(?)あの地区…
 

 
この報道がされると、「西成区ならあり得る」などのコメントが殺到。亡くなった少女の両親も、何かしらの問題を抱えた人だったのでは?という意見も寄せられている…
 


もちろん、同地区に住んでいるすべての人が「おかしな人ばかり」というわけではないだろうが、問題を起こしている大人がたくさんいることは事実。
 
「地域ならではの」とひとくくりにはできないものの、この事件の犠牲者が未成年だっただけに、両親の育て方に疑問が寄せられるのも無理はないだろう…
 

脱・貧困のまちづくり 「西成特区構想」の挑戦
 

真相は闇の中…

 

 
2人は本当に「心中」したのか、それとも、男性が「殺害後に自殺した」のか。少女の両親による情報提供や、警察の調べで、今後明らかになるかもしれないが
 
このまま、真相が闇の中に葬られる可能性も高い…
 
なぜ、こんな事件が起きたのか?興味本位でも、こういった惨事を二度と繰り返さないためにも、知りたいと思う人は多いだろうが、当事者たちが亡くなってしまった今、「死人に口なし」このまま真実が明らかになることはないかもしれない…
 

スポンサーリンク


 
ヤバイ大人の休息地
 

あわせて読みたい