【てるみくらぶ破産】により新婚旅行者や企業内定者にも被害が…

 
 
こんにちわ
【危機タイムズ】です。
 

スポンサーリンク


 
被害者続出…
 

旅行会社「てるみくらぶ」が破産申請

 

 
格安海外旅行業者の、「(株)てるみくらぶ」が、東京地裁に破産を申請。
 
これを受けて、「てるみくらぶ」で予約していた旅行者たちが、飛行機に乗れない、ホテルに泊まれないなどの被害を被っているという。インタビュー映像には、「どうしたらいいのか…」と落胆した様子で答える人もいたり、ホテルのロビーで激怒している旅行者もいた。
 
現在、旅行中の人たちはもちろん
 

明日から予約してるんだけど…

 
という、予約者たちの悲鳴も続々と届いている…
 

「私も被害者になっちゃった…」
「電話も繋がらないんだけど…」
「てるみくらぶ被害者が職場に居て…」
出典:ツイッターより

 
春休みシーズンだけに、「格安」を求めて予約していた大学生もたくさんいたかと思われる。ツイッターなどのSNSに投稿されたものはほんの一部で、他にも被害に遭っている人はたくさんいるはずだ…
 

 
「私の大事な、春休みのバカンスが…」
 

新婚旅行で予約していたのに!

 
学生の春休みや家族旅行だけでなく、新婚旅行で予約していた人、もしくはその家族、会社の同僚などからの被害報告も投稿されている。
 
新婚旅行ともなれば、「格安プラン」というワケにはいかない。ツイッターには、100万以上の被害を被ったとのつぶやきも…
 
新婚旅行のために、頑張って貯蓄をしてきたことを思うと、気の毒でならない。こんな直前…というか当日ではなく、もう少し前に対応してくれれば、2人の思い出も台無しにすることはなかったかもしれないのに…
 

 
「2人の大事な思い出、どうしてくれるの!?」
 
ツイッターには「明日から予約している者です」と、情報交換を求める人たちがたくさんいるようなので、何か有力な情報を提供できる方がいれば、被害者の方たちに救いの手を…
 
また、旅行者以外にも
 

内定を頂いているのですが…

 

スポンサーリンク


 
という、昨年中に「てるみくらぶ」に内定をもらった新社会人からの訴えもある。
 


こちらのサイトには、4月からてるみくらぶに入社予定だった新入社員のインタビュー記事が掲載してある。
 
このインタビュー記事によると、内定者から「入社直前研修も無くなる」、「入社式もあるかどうかわからない」などの回答がされているので、おそらく、別の仕事を今から探すことになるだろう。
 
よりによって、3月最終週に…
 
2017年度の新入社員だけでなく、2018年度の入社が決まっていた3年生も、また就職活動をし直さなければならない。「4年生になったら遊ぶぞ~」と意気込んでいた学生たちにとっては、地獄だ…
 

マイナビ2018オフィシャル就活BOOK
 

従業員からの訴えも…

 
リクナビの情報によると、てるみくらぶの従業員は145人ほどいたそうだが、退職率はどうだったのか、社内環境や労働条件などはどうだったのだろうか?
 
企業の評判などが掲載されている「キャリコネ」には、こんな書き込みが…
 

ただひたすらに電話対応・通常業務に追われる日々で、作業を疲弊しながらこなしていくだけで毎日体力が削られていくだけ…
出典:キャリコネより

 
その他にも、「やはり残業は多いですね」、「土日に出勤することもありました」などの投稿もあり、決して「楽な業務」ではなかったことが伺える。旅行会社は、どこも同じなのかもしれないが…
 


今後、利用者からではなく、(元)従業員からのリークで「ブラック企業」のネタがあがるかもしれない…
 

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪
 

電話対応が悪い?

 
「てるみくらぶ」を利用したことのある人からの投稿を見ると、「スタッフから電話が来ない」というクレームを入れている人が多く、中には「直前になって行き先変更の連絡があった」という報告もあった。
 

 
これについても、「てるみくらぶ」に限ってのことではなく、どの旅行会社にもありそうなことではあるが…
 

「担当者がいつも電話中なんだが」
「カツカツでやっている感じはあった」
「連絡なくて旅行辞めたことがある」
出典:ツイッターより

 
こうして騒動が大きくなっていくことで、従業員の対応や、これまでに起きていた別のトラブル、社内で何があったのか…などが明らかになっていくかもしれない。
 
そして、この問題は…
 

「てるみくらぶ」だけでは終わらなそう

 
「てるみくらぶ」の負債は151億円の見込みで、約3万6千件の旅行申込者に影響が出るそうだが、3万人強全ての人が、納得する形で問題が解決することはないだろう。
 


出典:朝日新聞ツイッターより

「たまたま、この時期に予約してしまったことが運の尽き」と、泣き寝入りするしかないのか…
 
しかし、「格安」を売りにしている旅行業者は、「てるみくらぶ」だけではない。もしかすると、数ヶ月後には全く同じケースで「破産申請」をする企業が出てくるかもしれない…
 
とはいえ、旅行はできるだけ「安く」行きたいと思うのが、利用者の願い。「経営が危なそうだから、この旅行業者はやめておこう」と予見することもできない…
 
企業がこういう事態を想定できるのであれば、せめて数週間前に客に説明や対応をするなどするべきだろう。当日、現地に行って「チケット発券できません」、「ホテルに泊まれません」なんて言われたら、たまったものではない…
 

 
「てるみくらぶ」は、現地や空港で楽しみにしていた旅行者を困惑させたことや、これから行く人の予定や楽しみを台無しにしたことが、何よりの罪…
 
あのピンクのバスも、もう見ることはない…
 

スポンサーリンク


 
ヤバイ大人の休息地
 

あわせて読みたい